• OFF
  • ON
シークレットモード

この一言で「YES」を引き出す格上の日本語
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

この一言で「YES」を引き出す格上の日本語

通常価格 ¥1123(税込)
ぷららポイント 11PT
作者 山口謠司
出版社 幻冬舎
電子版発売日 2018/04/18
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

この一言で「YES」を引き出す格上の日本語の商品説明:

■より信じているのは?…信用or信頼
■依頼を聞いてもらえるのは?…どうぞorどうか
■できるビジネスマンは?…敏腕or辣腕

言葉の微妙な違いを使い分ければ、
あなたの評価が劇的に上がる!

一生役立つ「語感力」の磨き方とは?

はじめに

■第1章 いまさら聞けない!使い分けに迷う言葉
侃々諤々と喧々囂々…口が多いほどやかましくなる
伯父と叔父…親より年上か年下かを覚えておけば間違わない……ほか

■第2章 たった一文字で大きな違いが出る言葉
時間と時刻…古代人は「何かをしている間の長さ」で時を捉えていた
能率と効率…重視されるのは到達度か結果か……ほか

■第3章 “ここ一番”で使いたい!ビジネスで差がつく格上の言葉
伏して、曲げて、是非…気持ちよく「YES」を引き出す決め手のフレーズ
了解と諒解…この一文字で、相手への敬意がぐっと伝わる……ほか

■第4章 申し訳ない気持ち、伝えづらい気持ちを表現する言葉
謝罪と陳謝…「謝」に本来、「わびる」意味はなかった
釈明と弁解…言い訳がましくならない頭の下げ方……ほか

■第5章 目と耳で味わう言葉
家とうち…待っている人がいるところに帰るのは?
ニホンとニッポン…日本政府でさえ決定していない超難問…ほか

■第6章 ここまで理解できたら完璧!教養がにじみ出る言葉
億劫と大儀…面倒なのは「時間」か「物事」か
往生と他界…無頓着に「大往生でしたね」と言ってはいけない…ほか

語感を磨くための練習

レーベル名 幻冬舎単行本
掲載誌名
紙の本発売日 2018/04/18
ページ数:  
ISBN番号 9784344032903
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
この一言で「YES」を引き出す格上の日本語へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ