• OFF
  • ON
シークレットモード

わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たち
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たち

通常価格 ¥1555(税込)
ぷららポイント 15PT
作者 葉子・ハュス-綿貫
出版社 梨の木舎
電子版発売日 2014/09/19
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たちの商品説明:

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

クラウディーネとナニー、そしてモリーは、第二次大戦中日本軍の占領下にあった「蘭印」(現インドネシア)で、日本人の父と蘭印系オランダ人(インドネシア人とオランダ人の混血)の母から生まれた。父とは戦後すぐ生き別れとなり、そののち母に連れられて見知らぬ祖国・オランダに渡る。彼女たちは、本当の父の愛情はおろか存在すらも知らないまま育った。
本書は、人間としての存在価値を求めて苦悩する彼女たちの、心の旅の記録である。

レーベル名 教科書に書かれなかった戦争
掲載誌名
紙の本発売日 2006/11/15
ページ数: P179
ISBN番号 9784816606113
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たちへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ