• OFF
  • ON
シークレットモード

鳥籠の寵姫−虜の皇子は恋をしない(イラスト簡略版)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

鳥籠の寵姫−虜の皇子は恋をしない(イラスト簡略版)

通常価格 ¥324(税込)
ぷららポイント 3PT
作者 葵木あんね / 椎名咲月
出版社 小学館
電子版発売日 2014/08/15
ジャンル ラノベ(ライトノベル) > ラノベ(ライトノベル)

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

鳥籠の寵姫−虜の皇子は恋をしない(イラスト簡略版)の商品説明:

皇帝の寵姫になるはずが皇帝の弟と夜伽!?

レヴィーリーンはアズーカル帝国の奴隷娘。皇帝の寵姫の女官を務めながら、「いつか見初められてのし上がってやる!」と野望に燃えているガッツあふれる少女。だが皇帝が寵姫の部屋を訪れた際に目立ちすぎてしまい、寵姫にクビにされる。
代わりに派遣されたのは「鳥籠」と呼ばれる宮殿の幽閉所。そこは皇位につかなかった皇子たちが幽閉される場所で、彼らは妻子を持てず宮廷で重要な仕事をすることもできず宮殿の外へ出ることもできない。現在は皇帝の異母弟シャルハードがひとりでそこに住んでいた。
そんな将来のない者の慰みものにされるなんて…!と嫌がるレヴィーリーンだったが、シャルハードは美青年ながら変わり者のオタクで、研究と発明に没頭して慰めに用意された美人たちに見向きもしない。
シャルハードは砂を水に変える実験を繰り返していた。今の水源の水量が数十年のうちに半減すると言われているのだ。シャルハードと皇帝は仲が良く、皇帝は弟の研究を支援していた。
シャルハードはレヴィーリーンを皇太后の女官にするよう皇帝に頼んでおいた、と言うが…!?

※この作品はフィーチャーフォンサイズの小さいイラストが収録されています。

レーベル名 ルルル文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2014/07/30
ページ数: P256
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
鳥籠の寵姫−虜の皇子は恋をしない(イラスト簡略版)へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ