音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで

通常価格 ¥1188(税込)
通常ポイント 11PT
作者 日本音響学会
出版社 講談社
電子版発売日 2013/04/26
ジャンル 書籍 > ホビー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡までの商品説明:

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

音はふしぎな性質意外な使い道がある。邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いたり、体の中をみたりすることもできる。さらに、外国語上達法や、音色の心理学、絶対音感や赤ちゃんが聞いている音の話など、音に関連する心理や生理までも追究し、徹底解説。(ブルーバックス・1996年12月刊)

SNS:
レーベル名 ブルーバックス
掲載誌名
紙の本発売日 1996/12/20
ページ数: P334
ISBN番号 9784062571500
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡までへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品 20%OFFキャンペーン BL作品限定! クーポン利用で10%OFFキャンペーン