楊家将(ようかしょう)(上)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

楊家将(ようかしょう)(上)

通常価格 ¥600(税込)
通常ポイント 6PT
作者 北方謙三
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/03/08
ジャンル 書籍 > 歴史

商品の評価

3.8

(4)

3件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

楊家将(ようかしょう)(上)の商品説明:

中国で「三国志」を超える壮大な歴史ロマンとして人気の「楊家将」。日本では翻訳すら出ていないこの物語が、作家・北方謙三により新たなる命を吹き込まれ、動き始めた。物語の舞台は10世紀末の中国。小国乱立の時代は終わりを告げ、中原に残るは北漢と宋のみ。楊家は北漢の軍閥だったが、宋に帰順。やがて北漢は滅び、宋が中原を制する。その宋の領土を北から虎視眈々と狙うのが、遼という国。強力な騎馬軍団を擁するこの国は、宋の一部であった燕雲十六州を奪い取り、幼い帝を支える蕭太后の命により、南下の機会を窺っていた。奪われた地を取り戻すのは宋王の悲願――。外様であり、北辺の守りを任されている楊家は、遼との血戦で常に最前線に立たされる。楊家の長で「伝説の英雄」として語り継がれる楊業と七人の息子たちの熱き闘い。苛酷な運命のなかで燦然と光を放った男たちを描き、第38回吉川英治文学賞に輝いた北方『楊家将』、待望の電子化。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2006/07/03
ページ数: P384
ISBN番号 9784569666587

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全2巻

よく一緒に購入されている商品
楊家将(ようかしょう)(上)
¥600
6PT

  • ¥463
    4PT

チェックした商品をカートへ入れる

合計価格:¥0,000

みんなのレビュー

レビュー数: 3件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
これぞ北方
hzmさん
投稿日: 2013/03/22

最初は楊家将と言われてもピンと来なかったのですが、水滸伝、楊令伝を読み終わった後に興味があって上下巻購入しました。 このシリーズ(楊家将、血涙、水滸伝、楊令伝、...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった4人
熱く悲しい物語
じんさん
投稿日: 2013/03/30

日本ではなじみのない時代の中国歴史ロマンですが、深く考えずすらすら読んでいけました。 初北方謙三でしたがこの作品で大ファンになりましたね、ひたすら熱い歴史ロマン...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人

イイねっいろいろとためになる本です

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


ポイントbackクーポン 最大3000ポイントGetのチャンス!!