求愛・性行動と脳の性分化 ―愛― ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ IV
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

求愛・性行動と脳の性分化 ―愛― ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ IV

通常価格 ¥2268(税込)
通常ポイント 22PT
作者 小澤一史 / 小林牧人 / 棟方有宗
出版社 裳華房
電子版発売日 2016/06/10
ジャンル 書籍 > 理化学

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • 試し読みにはひかりTVブックアプリが必要です。アプリダウンロードはこちら

求愛・性行動と脳の性分化 ―愛― ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ IVの商品説明:

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

有性生殖を行う多くの動物では、効率よく自分の子孫を残すためには、性成熟している個体同士がタイミングよく出会い、受精のための性行動を行う必要がある。性行動の効率をあげるため、個体の行動は内分泌系、神経内分泌系、神経系により絶妙な調節がなされている。
本書では、生殖活動のなかでも性行動に焦点をあて、魚類(キンギョ、サケ・マス)、両生類(イモリ、カエル)、鳥類、哺乳類(齧歯類)、棘皮動物(ナマコ)などの動物たちが、どのような性行動を行い、その性行動が発現するためにどのようなホルモン、神経が関わっているのかを、これまでの研究成果も含めてわかりやすくまとめた。さらに、比較内分泌学の範疇を多少逸脱するが、ヒトの性行動についての章も加えた。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2016/05/01
ページ数: P148
ISBN番号 9784785351175
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
求愛・性行動と脳の性分化 ―愛― ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ IVへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


通常作品20倍&5月新刊50倍!ポイントアップキャンペーン