ガガガ文庫 俺が生きる意味3 水迷宮のデモニアック(イラスト完全版)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

あの凄惨な事件は始まりにすぎなかった。

ガガガ文庫 俺が生きる意味3 水迷宮のデモニアック(イラスト完全版)

通常価格 ¥648(税込)
通常ポイント 6PT
作者 赤月カケヤ / しらび
出版社 小学館
電子版発売日 2013/08/30
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 俺が生きる意味3 水迷宮のデモニアック(イラスト完全版)の商品説明:

あの凄惨な事件は始まりにすぎなかった。

――あの惨劇から、もう二週間が過ぎていた。

 見えない壁によって学校に閉じ込められ、化け物たちに襲われるという凄惨な体験。多くの生徒たちが食い殺され、命を落とした。斗和は親友を失い、淡い恋心を抱いていた女の子までもが無惨な死を遂げた。だが、学校で死んだはずの生徒たちは昏睡状態に陥っていたのだ。

それを受け、斗和は『原因不明の昏睡状態になっている患者は、化け物のはびこる世界で死んだ人たちだ』と主張するも、誰も信じることはなかった。
自身の無力さを感じ、活力のない斗和。彼を元気づけようと、幼いころ仲の良かった天音側銀河と妹の一花は斗和を半ば強引に水族館に連れていく。
入場して、しばらくすると館内に絶叫が響き渡る。殺人鬼による殺人事件が起こったのだ。周囲が慌てふためいている、そのとき――ピィンと弦を弾くような耳鳴りがした。この耳鳴りが惨劇の始まりだということがわかるのは斗和だけだった……。

舞台は水族館へ。化け物と猟奇的殺人鬼を前に生き残りを懸けた戦いが再び始まる。衝撃の展開が続くパニックホラー作品の第3巻!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2013/08/25
ページ数: P328
ISBN番号 9784094514308

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全6巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ガガガ文庫 俺が生きる意味3 水迷宮のデモニアック(イラスト完全版)へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ