自然地理学からの提言 開発と防災 : 江戸から東京の災害と土地の成り立ち
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

自然地理学からの提言 開発と防災 : 江戸から東京の災害と土地の成り立ち

通常価格 ¥1296(税込)
通常ポイント 12PT
作者 松田磐余
出版社 イマジン出版
電子版発売日 2013/08/30
ジャンル 書籍 > 政治

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

自然地理学からの提言 開発と防災 : 江戸から東京の災害と土地の成り立ちの商品説明:

日本を襲う災害は、地震をはじめ、火山、高潮、豪雨、豪雪など世界に類を見ないほど多い。災害のたびに様々な対策が講じられ防災投資額も増大傾向にある。
だが、筆者は「災害はなくならないばかりか被害額が増大する傾向にある」と指摘。その理由を安全性が向上した都市への人口集中と災害対策による自然改変という社会の変化に見る。
本書は、筆者の専門分野である自然地理学の視点から都市の開発と防災を考えるのに必要な地形・地質、自然改変と災害の関係を読みやすく解説。
東日本大震災で、防災計画の見直しを迫られる各自治体にとって、より良い地域計画を立案し、減災を実現するための示唆に富んだ一冊。

SNS:
レーベル名 COPA BOOKS/自治体議会政策学会叢書
掲載誌名
紙の本発売日 2011/12/21
ページ数: P147
ISBN番号 9784872995893
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
自然地理学からの提言 開発と防災 : 江戸から東京の災害と土地の成り立ちへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


全作品20%OFFクーポン BL10%OFFクーポン