この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズ
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズ

通常価格 ¥730(税込)
通常ポイント 7PT
作者 川田龍平
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2013/08/16
ジャンル 書籍 > 政治

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズの商品説明:

日本中が団結し、国家を動かした薬害エイズ裁判からもうすぐ20年。当時、初めて実名を公表し、原告として闘った川田氏は、社会を変えるには政治しかない、と国政の場に立った。しかし東日本大震災のなかで彼がみたのは、あのときから何も変わらないこの国の姿だった。放射能の被害から子どもを救うため、超党派で成立させた「子ども・被災者支援法」に、なぜ国は予算をつけないのか。そこには利益のため、いのちが簡単に切り捨てられるカラクリがある。時代は変わるのではなく、変える――。日本の未来を担う「子ども」を守り抜くために、私たちができることとは?プロローグ いちばん守りたいものは何ですか?第1章 薬害、公害、原発事故。すべては同じ根っこから第2章 立法の場に挑む第3章 いのちを守れ!第4章 いのちを守る法律はこうしてつくられた第5章 政治家の動かし方エピローグ 未来を生きるすべての子どもたちへ

SNS:
レーベル名 PHP新書
掲載誌名
紙の本発売日 2013/06/14
ページ数: P176
ISBN番号 9784569813219
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
この国はなぜ被害者を守らないのか 子ども被災と薬害エイズへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ