精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得

通常価格 ¥529(税込)
通常ポイント 5PT
作者 樺沢紫苑
出版社 バレーフィールド
電子版発売日 2013/08/16
ジャンル 書籍 > ビジネス・経済

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得の商品説明:

どんな人にも必ず、「いくつもの適性」があります。
この適性を見つけられた人は、特定の分野で活躍できるようになります。
あなたの中にも、確実に「未知の適性」が眠っています。

「自分には秀でた能力はない」、「ほどほどの人生でいい」、「やりたいことができるのは限られた人間だ」といった言葉で、人は自分自身にリミッターをかけています。
このリミッターを外した時にはじめて、自分でも気づかなかった潜在能力が引き出されます。

まずは、一つでもいいので適性を見つけ、それを育ててみませんか?

適性が見つかるということは、「自分が本当にしたいことができる」ということです。
もし、その適性が大きく花開けば、人生は劇的に変わっていきます。

これを叶えるための具体的な方法論をまとめたのが本書です。

潜在能力を引き出すということは、もう一つの人生の扉を開くということです。

一人でも多くの方がご自身の適性を見つけ、その能力を高めていかれることを心から祈っています。

【主な目次】

■1章 すべての人が潜在能力を持っている

・自分と向き合う時間をつくることが「潜在能力」を引き出すはじめの一歩
・年齢を理由に「自分には可能性がない」と諦める必要はない
・ビジネスの分野で潜在能力を伸ばしたいなら「刃を研ぐこと」を怠るな
・才能なんてこの世に存在しない 潜在能力を引き出すとは「適性を見つける」こと
・「楽しい」と感じる延長線上にあなたの「本当の適性」がある
・「数値化すること」で成長を感じやすくなり、ものごとを続けやすくなる

■第2章 潜在能力を引き出すには、「自由に使える時間」が必要

・「日本人は優秀な民族である」はホワイトカラーにはあてはまらない
・断る勇気を持った人だけが、やりたいことができる人生をおくれる
・仕事を断ったからといって仕事がなくなるわけではない
・効率化の基本は、どの時間帯にどの仕事を配分するか
・午前中のなかでも出社直後の時間帯がもっとも大切
・意識的にサボることで仕事の効率は高まる

■第3章  潜在能力を引き出した自分を広く社会に認知させる

・社会にあなたの存在を知ってもらってはじめて潜在能力が引き出せたといえる
・みんなの興味を引くネタは目の前に転がっている
・興味のアンテナを意識的に立てれば、必要な情報がどんどん集まるようになる

SNS:
レーベル名 バレーフィールド
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ