三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

三浦綾子 電子全集 私にとって書くということ

通常価格 ¥540(税込)
通常ポイント 5PT
作者 三浦綾子
出版社 小学館
電子版発売日 2013/06/28
ジャンル 書籍 > エッセイ

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

三浦綾子 電子全集 私にとって書くということの商品説明:

作家としてものを書く姿勢、自作に寄せる思いなどを綴ったエッセイ集。

「私は精一杯力をこめて書いた。その災難に死んで行った人のことを思い、後に残された人の辛さを思い、時には声を詰まらせながら口述した。筆記する三浦も涙をぬぐいながら筆記した。」(「小説『泥流地帯』を回顧して」)。自作を書き終わっての感想などを綴った「作品と私」、小説のタネ、登場人物の名前など執筆時の裏話などを綴った「私にとって書くということ」、文学者論などを集めたエッセイ集。

「三浦綾子電子全集」付録として、夫・光世氏のエッセイ「戦後六十年と企画展」を収録!

SNS:
レーベル名 三浦綾子 電子全集
掲載誌名
紙の本発売日 2002/09/25
ページ数: P143
ISBN番号 9784818404687
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
三浦綾子 電子全集 私にとって書くということへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ