米光一成ブックレビュー2 本の雑誌2006年編
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

米光一成ブックレビュー2 本の雑誌2006年編

通常価格 ¥324(税込)
通常ポイント 3PT
作者 米光一成
出版社 山城パブリッシング
電子版発売日 2013/06/28
ジャンル 書籍 > サブカルチャー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

米光一成ブックレビュー2 本の雑誌2006年編の商品説明:

『本の雑誌』(本の雑誌社)「新刊めったくたガイド」2006年連載をまとめたもの。小説以外のさまざまな本を紹介。『本屋さんの仕事』、枡野浩一『あるきかたがただしくない』、和田伸一郎『メディアと倫理』、木原善彦『UFOとポストモダン』、柴田元幸『翻訳教室』、小熊英二『日本という国』、飯島洋一『グラウンド・ゼロと現代建築』、佐藤正午『小説の読み書き』、甲斐徹郎『自分のためのエコロジー』、ブルボン小林『ぐっとくる題名』、吉田太一『遺品整理屋は見た!』、芦原妃名子『砂時計』等。

(まえがきより)

2005年、2006年の二年間、『本の雑誌』(本の雑誌社)の「新刊めったくたガイド」に書いた原稿を集めて電書化したのが「米光一成ブックレビュー1」「米光一成ブックレビュー2」だ。
この電子書籍は「米光一成ブックレビュー2」だから、2006年、つまり二年目の原稿をまとめたものだ。
正直なところ、すでに古くなっているので、まとめてもあまり意味がないんじゃないかと思ったが、そうでもない。
小さな本屋に行っても、新刊ではないのでもう置いてない本も多いだろう。だけど電子書籍ということでアマゾンへリンクがはれる。はってある。だから、ほとんどすべての本をアマゾン経由で手に入れることができる。うーむ、なんて便利な時代になったんだ。
この連載中は、日々、読書を続け、すごい数の本を読んでいた。その中からセレクトした本だ。おもしろくない本はいっさい紹介していない。
ぜひ、気になった本があれば読んでみてほしい。

SNS:
レーベル名 山城パブリッシング
掲載誌名
紙の本発売日 2013/04/25
ページ数: P56
ISBN番号 9784907294038

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全2巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
米光一成ブックレビュー2 本の雑誌2006年編へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ