なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情

通常価格 ¥756(税込)
通常ポイント 7PT
作者 森炎
出版社 幻冬舎
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 法律

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情の商品説明:

EUは廃止、米国でも一五州で廃止された死刑制度を未だ適用するわが国で昨今、死刑基準に変化が生じている。そもそも死刑基準と言えば、一九八三年に最高裁が永山事件で示した「被害者の数」「犯罪の性質」「犯人の年齢」などが指針とされてきたが、近年では少年犯、一人殺害でも死刑になる可能性が高まっている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主立った「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する。

SNS:
レーベル名 幻冬舎新書
掲載誌名
紙の本発売日 2001/05/26
ページ数:  
ISBN番号 9784344982185
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ