忘れかけていた大切なこと ほほえみひとつで人生は変わる
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

忘れかけていた大切なこと ほほえみひとつで人生は変わる

通常価格 ¥500(税込)
通常ポイント 5PT
作者 渡辺和子
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 哲学

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

忘れかけていた大切なこと ほほえみひとつで人生は変わるの商品説明:

愛する人との別れ、いわれなき中傷、不本意な選択など、人生とは「こんなはずではなかった」の連続なのでしょう。幼き日に遭遇した2・26事件で最愛の父を目の前で失い、母の反対を押し切ってキリスト教に入信、そして修道院へ――「こんなはずではなかった」出来事の一つ一つと向き合い、受けとめるすべを、未熟だった自分がどのように身につけていったのか。本書は、ノートルダム清心学園理事長である著者が、傷つき疲れてもほほえみを忘れずに生きるためのヒントを、日々の思いとともに綴る珠玉のエッセイ集です。日常の困難を乗りこえて、心の凪を取り戻したい。そんなときこそ、ほほえみや感謝、譲り合いなど<当たり前のこと>に目を向けましょう。「与えられた人を豊かにしながら、与える人は何も失わない――それがほほえみなのです」。そんなシスターの“心のもち方”“気づき”に触れ、苦しみも“生きる勇気”に変えることができる、恵みの1冊。

SNS:
レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2008/03/03
ページ数: P216
ISBN番号 9784569668055
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
修道女の鏡
幼獣マメシバさん
投稿日: 2013/08/23

自分は来年から聖書学校へ通う予定です。彼女の通う修道院とは、全く違う物ですが。同じクリスチャンとして、彼女の姿勢を読んでいると自分が恥ずかしくなってきます。宗教...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ