「古代史」封印された謎を解く あまりに意外な「あの人物・あの事件」の真相とは?
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

「古代史」封印された謎を解く あまりに意外な「あの人物・あの事件」の真相とは?

通常価格 ¥500(税込)
通常ポイント 5PT
作者 関裕二
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > 学術書

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

「古代史」封印された謎を解く あまりに意外な「あの人物・あの事件」の真相とは?の商品説明:

「古代史についての記述にあいまいな点が多いのは、何者かによって歴史が意図的にゆがめられているからだ」……こうした視点を元に、古代史の真相に迫るのが本書である。キーワードは「蘇我と藤原」「天智と天武」。このキーワードを元に歴史を読み直してみると、驚くほどすべてのつじつまが合うことに気付くだろう。いまだに解決を見ない邪馬台国論争と卑弥呼の謎、そして近年注目を集めている「聖徳太子虚構説」、作り話だと思われている建国神話、大化の改新、壬申の乱、そして平安京遷都まで、すべての糸が一本につながる興奮を、ぜひ味わってほしい。また、「天皇家とは何か?」「神道とは何か?」といった、日本人のルーツにかかわる問題についても鋭い考察を加えている。本書を読めば、教科書に載っている歴史がいかに一面的なものだったかがよくわかる。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2005/08/12
ページ数: P256
ISBN番号 9784569643700
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
「古代史」封印された謎を解く あまりに意外な「あの人物・あの事件」の真相とは?へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ