叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」

通常価格 ¥1080(税込)
通常ポイント 10PT
作者 枝野幸男
出版社 東洋経済新報社
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 政治

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • 試し読みにはひかりTVブックアプリが必要です。アプリダウンロードはこちら

叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」の商品説明:

あの3・11で官房長官として連日連夜記者会見に立ち続け、「枝野寝ろ!」のハッシュタグがつき、世界中からツイートを浴びた枝野幸男。無責任な夢想家ではなく、現実を前に進めることができるリアリストであることを目指す彼は、その率直な発言が誤解を呼び、批判にさらされることも多い。だが、政治家・枝野は「叩かれても」言い続けることをやめない。
 「成長」や「改革」は幻想にすぎないと断言し、この時代に拍手喝采を浴びる政治なんて嘘だ、と喝破する。直球政治家の発言と、その真意はどこにあるのか。原発問題をどうするつもりなのか、経済の立て直しをどう考えているのか。発言の一部ではなく、その背景から政策パッケージの詳細までをノンストップで直球書き下ろし。脱近代化の時代の政治家は、ここまで書く!

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2012/10/11
ページ数: P232
ISBN番号 9784492212028
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


ひかりTVブック5周年記念第3弾 ひかりTVブック5周年記念第1弾