沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二

通常価格 ¥648(税込)
通常ポイント 6PT
作者 夢枕獏
出版社 徳間書店
電子版発売日 2012/11/03
ジャンル 書籍 > ファンタジー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二の商品説明:

劉家の妖物が歌った詩は李白の「清平調詞」であり、時代を遡ること約六〇年前、玄宗皇帝の前で楊貴妃の美しさを讃えるために歌われたものである――。それを空海に示唆したのは、白居易という役人であった。一連の怪事は、安禄山の乱における楊貴妃の悲劇の死に端を発する。そう看破した空海は、貴妃の墓所がある馬嵬駅に赴き、その墓を暴くことを決意する。墓前には、白居易――のちの大詩人・白楽天がいた。白は空海に、詩作の悩みを打ち明けるのであった……。

SNS:
レーベル名 徳間文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2010/02/15
ページ数: P544
ISBN番号 9784198931209

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全4巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


クーポン利用で全作品30%OFFクーポン(BLも対象)