虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)

通常価格 ¥540(税込)
通常ポイント 5PT
作者 池田清彦 / 奥本大三郎 / 養老孟司
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > エッセイ

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)の商品説明:

過激派元昆虫少年3人の、井戸端子育て論議

解剖学者として、広い見識を持つ知識人として『バカの壁』をはじめとする数々のベストセラーを送り出している養老孟司。生物学者として、構造主義生物学論にとどまらない環境問題や人間の生き方についての著作でも知られる池田清彦。フランス文学者として、ヨーロッパや日本の文化、そして都市環境への高い関心を持ち、『ファーブル昆虫記』の翻訳も手がけた奥本大三郎。その3人が「虫好き」というたったひとつの共通項をもとに、子どもたちの正しい育て方と、人として生きるべき方向について語り合った。

SNS:
レーベル名 小学館101新書
掲載誌名
紙の本発売日 2008/12/06
ページ数: P192
ISBN番号 9784098250141
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
虫捕る子だけが生き残る 「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか(小学館101新書)へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ