昭和元禄落語心中(2)
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞

昭和元禄落語心中(2)

通常価格 ¥0(税込)
通常ポイント 0PT
作者 雲田はるこ
出版社 講談社
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル コミック > 青年マンガ

商品の評価

5.0

(2)

2件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

昭和元禄落語心中(2)の商品説明:

惚れ抜く八雲(やくも)師匠の芸だが、オイラにゃできねぇ……そう気づき始めたこの与太郎(よたろう)。小夏(こなつ)の父ちゃん・亡き助六(すけろく)のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破門と言われた与太郎と、与太郎をかばう小夏の二人に、師匠が語る約束の噺(はなし)たぁ……!?与太郎放浪篇から八雲と助六篇へ。「長ぇ夜になりそうだ――」

SNS:
レーベル名
掲載誌名 ITAN
紙の本発売日 2012/01/06
ページ数:  
ISBN番号 9784063805543

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全10巻

みんなのレビュー

レビュー数: 2件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
約束
りんりんさん
投稿日: 2014/09/08

師匠と与太郎がかわす、みっつの約束。 八雲・助六両師匠の修行時代のお話しへと進みます。 入門時のふたりがとにかくかわいい!

  1. 参考になった0人
過去編へ
たらこおにぎりさん
投稿日: 2014/09/10

八雲&助六の子供時代〜青年時代の話に入っていきます。 若い八雲さんも色っぽいですねー。 対照的に元気な助六さんもいいです。 戦前、戦中、戦後の雰囲気も出ています...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ