ガガガ文庫 キミとは致命的なズレがある
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞!!

ガガガ文庫 キミとは致命的なズレがある

通常価格 ¥324(税込)
通常ポイント 3PT
作者 赤月カケヤ / 晩杯あきら
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 キミとは致命的なズレがあるの商品説明:

第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞!!

海里克也(うみさと・かつや)は保健室で目を覚ました。
なぜここにいるのか?
保険医の鏡(かがみ)によると、階段で転んで気を失っていたらしい。
……覚えていない。
 十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。
 それはいいのだが……。

「見えないモノが見えてない?」
そんな鏡の問い掛けにドキリとする。

――自販機の陰に倒れている少女の身体――靴箱や鞄に入れられた不幸の手紙――。
思い当たる節はある。
これは幻覚? それとも、もう一人の自分が……いる?

少女の死の映像と指の感触、克也の過去に怯える担任教師、克也を殺人鬼と呼ぶ赤鬼のような形相の男。
追い詰められた克也は、唯一の心の支えである幼なじみの宮崎ひなた(みやざき・ひなた)のもとへ向かう。そして彼女が、幻覚に見る少女だと気づく……。

真実は目に映る――?

『Kanon』『AIR』『CLANNAD』『リトルバスターズ!』『Angel Beats!』など、ヒット作を生み出し続ける、Key(株式会社ビジュアルアーツ)の麻枝准氏もその筆力を賞賛! 「第5回小学館ライトノベル大賞」にて優秀賞を受賞した問題作、ついに登場!

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2011/05/23
ページ数: P296
ISBN番号 9784094512694
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ガガガ文庫 キミとは致命的なズレがあるへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ