ガガガ文庫 時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

時間商人VS.時間盗賊

ガガガ文庫 時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4

通常価格 ¥324(税込)
通常ポイント 3PT
作者 カズアキ / 水市恵
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4の商品説明:

時間商人VS.時間盗賊

不老不死を必要とする者の前に、時間商人の助手は白い猫を連れて現れる。自分の寿命か金銭を支払えば、トキタは顧客に特別な10年間を提供する。それは老いず、怪我や病気をせず、絶対に死ぬことのない「期間限定の不老不死」。

時間商人トキタのもとに、カナタの姉ハルカから連絡が入る。
「時間盗賊が動き出した」
有無を言わさず相手の寿命を奪う――それが、時間盗賊。
「……キザミですか。確か、長らく活動していなかったのでは?」
「寿命のストックが尽きたと見える」

時間商人の事務所があるビルの別フロアに、若い男女二人組が引っ越してくる。いかにも軽薄な冬彦と、その保護者のような夏枝。トキタのことを知ったふうなふたりを見て、カナタは疑問を抱く。
「近い将来、夏枝さんを不老不死にするわけですか。もしくは冬彦さん?」
「それは違う」
「んん? おふたりは、どんなお仕事をしてるんですか?」
「彼らの仕事は、追うことだ」

トキタが貯め込んだ寿命を奪うべく、ワナをしかけるキザミ。
カナタにちょっかいを出そうとする冬彦。
関係は交錯し、トキタとカナタに、選択の時が迫る。
死か、愛か。

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2010/10/24
ページ数: P308
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ガガガ文庫 時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ