文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」

通常価格 ¥648(税込)
通常ポイント 6PT
作者 倉部史記
出版社 主婦の友社
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 教育

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」の商品説明:

かつては、どの(総合)大学にもあった「文学部」の存在が薄れつつある。いっぽう、文学部の内・周辺・隣接には、次々と新学部・新学科が誕生している。「総合人間学」「国際教養情報学」「文化構想学」「コミュニケーション学」「人間学」など、耳慣れない名称の学部・学科がふえている。「文学部」では、学生が集まらないのか? 文学部卒業は就職に不利なのか? 大学はどのように受験生を集めるのか? 学生・父兄は、大学に何を求めているのか? そもそも大学の役割とは? さまざまなアプローチから、「文系」大学の現状と未来を伝える。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2011/03/10
ページ数:  
ISBN番号 9784072758953
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


新規会員限定 半額クーポン 15%OFFクーポン