ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード

2015.1.20発行

勝手に読書

vol,20

勝手に読書伝説

神さまの言うとおり弐

Special Interview 1

金城宗幸

平穏だった学校生活が突如変貌し、命を賭けたゲームに否応なしに巻き込まれていく高校生たち――。彼らを襲った不条理な悲劇の結末は!? 手に汗握るストーリーは、いったいどのように生まれてくるのか。原作者である金城宗幸先生にお聞きしました!

Profile

かねしろ・むねゆき/漫画投稿をきっかけに、2011年、『神さまの言うとおり』で原作者デビュー。現在『週刊少年マガジン』にて連載中の『神さまの言うとおり弐』の原作を担当。

最初の1話しか考えて無かった

神さまの言うとおり弐

▲金城先生の頭の中に浮かんだという1シーン。結果的にただひとり生き残ることになった高畑瞬が『神さまの言うとおり弐』第壱部の主人公。

神さまの言うとおり弐電子版はこちら

――『神さまの言うとおり』を着想したきっかけを教えてください。
金城 クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』という映画を観て「物語って何でもアリじゃん」と思ったからです。
――まず頭の中に浮かんだのは、どのようなイメージでしたか?
金城 大量の死体が教室に転がって、主人公だけ生き残って絶望してるシーンです。
――生死を賭けたデスゲームのようなものに、もともと関心があったのでしょうか?
金城 はい。好きなジャンルです。フィクションだからこそ、人がいっぱい死ぬのがいいのです。
――はじめの段階では、どのあたりまでお話の展開を決めていましたか?
金城 最初の1話しか考えてませんでした。基本、行き当たりばったりです。
――どのように原作が出来上がっていくのでしょうか。毎回の工程を教えてください。
金城 ①編集者さんと打ち合わせをする→②ネームを描く→③完成。です。
――担当編集者さんや作画担当の藤村緋二先生とは、打ち合わせを密にされるほうですか?
金城 打ち合わせの時間は長いですが、ほとんど雑談です。実質、マンガの打ち合わせは1時間ぐらいであと2時間ぐらいはしょうもない話をしています。
――『神さまの言うとおり』の連載開始後、設定・展開などで当初の想定から大きく変わった部分がありましたら教えてください。
金城 最初の1話しか考えて無かったので、2話目以降はある意味全部想定外です。あえて挙げるなら、デスゲームのしりとりでしょうか。だるま→まねきねこ→こけし、と作って、次のゲームを何にしようかなぁと考えていたら「あ、コレしりとりになってる!」と気づいてストーリーに使いました。あれはラッキーでした。
――2013年より『神さまの言うとおり弐』の連載がスタートしましたが、『弐』をはじめるにあたって、特に気をつけたのはどんなところでしょうか。
金城 (いい意味で)好き勝手に作ること。それを続けていくことです。
――掲載誌の違い(刊行ペースなど)を意識されましたか?
金城 内容的にはあまり考えてませんでしたが、週刊のペースでは原稿落としちゃうんじゃないかなとビビってました。
神さまの言うとおり弐

▲〈だるまさんがころんだ〉を生き残ったものだけが参加させられる〈まねきねこ〉との攻防。ねずみの着ぐるみが歪な可笑しさを醸し出す。

神さまの言うとおり弐電子版はこちら

――『神さまの言うとおり』『弐』では、様々なデスゲームが登場します。もともとゲームのストックをいくつか用意されていたのでしょうか。
金城 何ひとつ用意してませんでした。今も同じです。誰かアイデア下さい。
――これまで登場したゲームのなかで、ルール作りや作中での起用、展開など苦労した印象が強いのはなんですか?
金城 招き猫のゲームです。作ってる当時に「何じゃこのゲーム」と思って半笑いで作ったのを覚えています。いま改めて読み返してみて「何じゃこのゲーム」と思いました。
――『神さまの言うとおり』『弐』のなかで、動かしやすい(勝手に動いてくれる)キャラクターは誰ですか?
金城 丑三清志郎、天谷武の二人です。コイツらは「何でもアリ」なので物語をめちゃくちゃにしてくれます。
――また、動かしにくい(なかなか動いてくれない)キャラクターは誰ですか?
金城 すぐ死ぬモブキャラです。死に方を工夫するのが毎回大変です。
――これまでに登場したキャラクターのなかで、特に印象深いキャラクターを教えてください。
金城 原海(はらかい)です。とりあえず主要キャラにしたはいいものの扱いにくくて「もぉダメだコイツ……」と思って死なせたら、最高のパフォーマンスを見せてくれました。
――これまでの連載で、原作を作る際にもっとも苦労したエピソードはなんですか?
金城 丑三の過去の話です。完全に独立したエピソードで、細部まで打ち合わせしたのを覚えています。
――読者から反響が大きかったエピソードはなんですか?
金城 一話目だと思います。だるまの話。思いついてよかったです。
――この作品の原作を担当していて楽しいのはどんなところですか?
金城 当たり前かもしれませんが、自分の描いたネームを藤村緋二先生が素晴らしい原稿にしてくれることです。
――また、難しいと感じるのはどんなところでしょうか。
金城 次のゲームを考えることです。もぉ無いです。誰かアイデアください。
――この作品だからこそ、描くときに気をつけている点、大切にしている点がありましたら教えてください。
金城 個人的にはこの作品はどこかでギャグ漫画だと思うようにしてます。
――物語の結末はもう決まっていますか?
金城 決まっています。言われれば一応いつでも終われます。
――今後の見どころを少しだけ教えてください!
金城 第一部と第二部のキャラクターが本格的にあいまみえるハズです。描くのが楽しみです。
――藤村緋二先生へエール、メッセージなど何か一言お願いします。
金城 これからもいい原稿をよろしくお願いします。

ページトップへ

一番やりたい場面を頭に描いてそれに向かって作る

神さまの言うとおり弐 コミックス情報

  • 神さまの言うとおり弐(1)を読む
  • 神さまの言うとおり弐(2)を読む
  • 神さまの言うとおり弐(3)を読む
  • 神さまの言うとおり弐(4)を読む
  • 神さまの言うとおり弐(5)を読む

神さまの言うとおり弐電子版はこちらから

勝手に読書伝説 バックナンバーはこちら

©金城宗幸・藤村緋二/講談社

ページの先頭へ