• OFF
  • ON
シークレットモード

2013.11.30発行

勝手に読書

vol,7

勝手に読書伝説

ましろのおと

Special Interview

羅川真里茂

長らく少女マンガ界で活躍してきた羅川真里茂先生が、デビュー20年で初めて少年マンガ誌に進出。伝統芸能・津軽三味線と共に生きる少年の青春物語『ましろのおと』について、創作秘話をお聞きしました!

Profile

らがわ・まりも/青森県出身/1990年に「タイムリミット」(白泉社『花とゆめ』)でデビュー。翌年連載を開始した『赤ちゃんと僕』で一躍人気作家の仲間入りを果たすと、『ニューヨーク・ニューヨーク』『しゃにむにGO』(以上、白泉社)など、少女マンガ誌で次々話題作を発表。2010年より『月刊少年マガジン』(講談社)で連載を始めた『ましろのおと』で、第36回講談社漫画賞・少年部門、第16回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞。現在は同作のほか、『別冊花とゆめ』(白泉社)で『いつでもお天気気分』を不定期連載中。

03.描いていてピンときたシーン

ましろのおと

母・梅子の策略で津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に出場した雪は、大会終盤でようやく自分の“音”を奏でるが…。

ましろのおと電子版はこちら

作者も先のことがわかっていないほうがいいかもしれないですね

――先ほど読者の様子を見ながら少しずつ少年マンガテイストに修正していっているとおっしゃいましたが、絵柄ではなく、お話を進めるうえで意図的に少年マンガに寄せることもありますか?
羅川 実はそれが中盤あたりから悩んでいることなんです。担当さんにも、「少年マンガっぽくないよね」っていったりするんですが、それを考え出したら私が話を考えられずに煮詰まってしまったので、今は「そのへんはもう気にしなくていい」といわれています。
――ご自身が少年マンガっぽくないと思われるのは、キャラクターの内面描写にさくページの割合でしょうか。
羅川 そうです。自分としては、少女マンガ時代に比べたら相当モノローグを減らして、ほかの人との交わり、会話とかでエピソードを進めているつもりなんですけど…。難しいですね。
――『ましろのおと』では資料を調べるだけでなく、取材にもたくさん行かれているようですが、そうした中での発見などから生まれたエピソードはありますか?
羅川 エピソードそのものというと思い当たりませんが、修行編は学園編に比べて唄づけの難しさなど少し専門的なことが出てきているので、修行編に入ってからは自分が気付いた点をところどころ採用していると思います。
――修行編に入ってまた一気にキャラクターが増えましたが、雪はさておき(笑)、動かすという意味で描きやすいキャラは誰でしょう。
羅川 描きやすいのは雷先輩ですね。雷ちゃんみたいに自分からズバズバいう子はすごく描きやすいです。それから勝手に動いていってくれたのは総一です。
――総一は謎のマイルールを持つユニークなキャラクターですね。
羅川 総一は雪と同年代のライバルを作りたいなと思ったところからできたキャラクターなんですけど、最初に出したときはポジションと顔立ちは決まっていましたが、性格自体は決まっていなくて。松吾郎杯編で初めてしゃべらせたら、勝手に変なキャラクターになっていました(笑)。
――狙ったわけではなく。
羅川 自然にですね。場面転換をしたいところだったので、この人がどう話したら次のシーンにうまくいけるかなと考えていたら、なんだかおかしなキャラクターに。でも、作者としてはありがたいキャラクターです。大会会場をふらふら歩いていたら偶然雪を見つけるという場面でも、きっちりした性格の子だと歩いていたことに意味を持たせなければなりませんが、総一みたいに奇妙な人はその必要もないので(笑)。
――1巻で総一の名前と顔だけが出てきたときは、もっとクールな感じのキャラクターなのかなと思ったので、彼の性格が見えてきたときはすごく意外でした(笑)。
羅川 総一は置かれている状況がけっこうディープな子なので、性格まで暗かったら重い作品になっちゃうと思って明るめにしたところはあります。
――その総一とも無関係ではありませんが、松吾郎杯では雪の出生の秘密も明かされました。
羅川 あれは後づけです(笑)。出生というか、血縁関係がどうというのは決めていたんですけど、実の父親が雪に執着する理由を考えなきゃいけないときが来たなと思いまして。いくら松吾郎さんの音が好きだったといっても、それだけで雪を自分の手元にほしいというのもおかしいなと思ったので、もうひとつ理由をつけました。
ましろのおと

大会に出場し、勝負への執着心と聴衆を求める奏者の欲を知った雪は、民謡居酒屋「竹の華」での修行を決意。

ましろのおと電子版はこちら

――では、これまで描かれた中で特に印象に残っているシーンを教えてください。
羅川 自分で描いていて「これいいかも」とピンときたシーンが何箇所かありまして。最初に思ったのは2巻なんですが、神木清流が鐘のような音を鳴らしてライブが始まったシーンは、「いいかも」と思いました。
――頭の中のイメージをそのまま紙の上に描けたという手応えがあったわけですね。
羅川 そうですね。次が2巻の終わりで、松吾郎さんのテープを聴いているとき、心象シーンにザンザンザンっていう文字を書いたんですが、あれはスタッフとの息も合ってうまくいったワンシーンだったなと。松吾郎さんのすごさを感じてもらえるんじゃないかと思いました。
――演奏シーン以外ではコミカルな展開が多いのも作品の魅力だと思いますが、梅子と竹千代さんが遭遇したときは、なんて迫力!と思いました。ああいう場面は描き手としても楽しいものですか?
羅川 いや~そうでもないですね(笑)。梅子は楽しいんですけど、竹千代さんは絵描きとしてあまり楽しくない。これはルックスの問題です(笑)。
――なるほど(笑)。それでは『ましろのおと』を描くうえで大切にしていることを聞かせてください。
羅川 それは“間”ですね。セリフもそうなんですが、どちらかというと演奏しているときの間を意識しています。
――擬音を載せるコマと無音にするコマと、シーンの中で強弱をつけるということでしょうか。
羅川 はい、そうです。
――そのこだわりこそ、この作品が「マンガから音が聴こえる」といわれる所以なのでしょうね。
羅川 どうでしょう。そうだといいんですけど…。
――津軽三味線で食べていく決意をした雪が修行を開始した新章について、今後の注目ポイントを交えて、読者へメッセージをお願いします。
羅川 今は唄づけという私自身がまだよくわからないところにきていまして。自分の迷いが読者に伝わってしまうかもしれないという不安もあるのですが、このあと雪が出場する大会に向けての下準備なので、大会も難しいと思いますが、うまく描ければいいなと私自身ちょっと楽しみにしています。修行で悩んでいるところもある雪ですが、来年はもう少し前進していると思いますので、もう少々お待ちください。
――兄貴分である大河鉄雄との関係も楽しみにしています。
羅川 果たしてあの人は何をしてくれるんでしょうね。そのあたりもいろいろ考えます(笑)。
――本日はありがとうございました。

ページトップへ

02.羅川流“音”の描き方

ましろのおと コミックス情報

  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む

その他ましろのおと電子版はこちらから

勝手に読書伝説 バックナンバーはこちら

©羅川真里茂/講談社

ページの先頭へ