ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード

2013.11.30発行

勝手に読書

vol,7

勝手に読書伝説

ましろのおと

Special Interview

羅川真里茂

長らく少女マンガ界で活躍してきた羅川真里茂先生が、デビュー20年で初めて少年マンガ誌に進出。伝統芸能・津軽三味線と共に生きる少年の青春物語『ましろのおと』について、創作秘話をお聞きしました!

Profile

らがわ・まりも/青森県出身/1990年に「タイムリミット」(白泉社『花とゆめ』)でデビュー。翌年連載を開始した『赤ちゃんと僕』で一躍人気作家の仲間入りを果たすと、『ニューヨーク・ニューヨーク』『しゃにむにGO』(以上、白泉社)など、少女マンガ誌で次々話題作を発表。2010年より『月刊少年マガジン』(講談社)で連載を始めた『ましろのおと』で、第36回講談社漫画賞・少年部門、第16回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞。現在は同作のほか、『別冊花とゆめ』(白泉社)で『いつでもお天気気分』を不定期連載中。

01.始まりは「津軽三味線かっこいいな」

ましろのおと

津軽三味線を教えてくれた祖父の死で大好きだった“音”を失った雪は、故郷の青森を飛び出した。

ましろのおと電子版はこちら

雪は歴代でもっとも描きにくい主人公です

――デビュー以来少女マンガ誌でご活躍されてきた羅川先生にとって、『ましろのおと』は初の少年マンガ作品になります。
羅川 そうですね。もともと私の中では少女マンガや少年マンガというくくりはなくて、自分が次に何を描きたいかを考えているのですが、年齢を重ねたことで、『花とゆめ』の読者層と自分の作品とが合わなくなってきたなという思いがありまして。ちょうど次のステップを探していたときに、『月刊少年マガジン』さんから声をかけていただきました。
――雑誌を移ることには最初から前向きだったのですね。
羅川 はい、タイミングがよかったんです。ただ、雑誌を移るにしても相性が合うところで描きたいなと思っていたので、編集者さんと何度か会ってお話をして、「いきなり連載するのは無理だから、まずは1話だけお試しで読切を描かせてください」とお願いしました。それで、読切を描いたときの感触がよかったので、次は少年マンガの連載にチャンレジしてみようと。
――津軽三味線はドキュメンタリー番組をきっかけに興味を持ち、吹雪く雪(ゆき)のイメージとあわせて、ご自身の中でずっとあたためていたモチーフだとか。
羅川 描こうと思っていたというより、描きたいなとぼんやりイメージしていただけなんです。まず知識がありませんでしたし、ドキュメンタリー番組を見たときも、「かっこいいな」という上っ面の部分しか見ていなかったので。
――かっこいいというのは、演奏している姿が?
羅川 それと音も。だから『月マガ』さんに声をかけていただいて、何を描こうかといくつか案を出していく中で、「津軽三味線を描きたいな」といったときも、どんな話にするかは具体的に決まっていませんでした。「津軽三味線、いいんじゃない?」と編集者さんにいわれ、初めてそこからマンガを描くために津軽三味線について勉強したり、習ってみたりしたんです。
――習ってみていかがでしたか。
羅川 もう、全然できませんでした(笑)。弾いている人たちは本当にすごいです!
ましろのおと

東京の高校で津軽三味線愛好会に入った雪は、仲間と触れ合い、大人の教えを受け、一歩ずつ成長していく。

ましろのおと電子版はこちら

――(笑)。お試しで描かれたという読切はとても読み応えがあって、さすが羅川先生だと感じたのですが、作品そのものの自己評価としては、自分らしさが出せなかったと思われたそうですね。
羅川 上っ面のかっこよさを見て描きたいと思ったものの、頭の中にあったのは「雪が降る中、主人公が飛び出していく」という絵だけだったので、そこから話を広げていくことがなかなかうまくできなかったんです。それで最初は少年マンガっぽくもしたいなとかいろいろ考えていたんですけど、時間もないから絵柄もネーム運びもうまくシフトチェンジできなくて。すべてが中途半端なまま描いてしまったなと思いました。
――シフトチェンジできなかった部分は、連載化にあたって練り直すなり修正するなりされたのですか?
羅川 むしろ逆ですね。私だけでなくアシスタントさんたちも一緒に、背景から何から少年マンガ的に変えなければならなかったので、これはもう突然変わるのは無理だから、ちょっとずつ変えていこうという話をしました。いきなり変えたら、これまで私のマンガを読んでくれていた人たちが好きだといってくれているところも失いかねないよね、と。それで結局、自分たちで判断しないで、手探りになるけれども、読者が「ここが嫌だ」っていうのが見えてきたらそこを修正していこうということに。なので、3巻くらいまではかなり少女マンガのテイストも残っています。
――「三味線を持って吹雪の中を飛び出す少年」の絵から生まれたという『ましろのおと』ですが、主人公の雪(せつ)は三味線奏者として自分の音を見失っているうえに、高校生としても浮世離れした少年です。そういう迷走ぎみな主人公を描くのは難しい面も多いのではと想像するのですが、実際はいかがですか?
羅川 歴代の中でもこんなに描きにくい主人公はいないなっていう感じです(笑)。
――それは考えていることが掴みづらいから?
羅川 掴みづらいどころか、そもそも自らの意志らしいものがないんですよ。ここにいるのはもう嫌だっていうだけで家を飛び出してしまったので、目標らしいものがない子なんです。そのうえ、私が「津軽三味線かっこいいな」っていうところから入ってしまったもので、音楽の世界でゴールと呼べるものは何かをわかっていなかったんですね。スポーツなら大会優勝とか何かしらあるんですけど、音楽のゴールって?と。練習したらうまくなるっていうことも絵で表現するには難しい部分がありますし…。主人公の考えがわからなくて、音楽をマンガで表現するのも難しい。本当に大変なものを始めてしまったなと思いました。

ページトップへ

02.羅川流“音”の描き方

ましろのおと コミックス情報

  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む
  • ましろのおとを読む

その他ましろのおと電子版はこちらから

勝手に読書伝説 バックナンバーはこちら

©羅川真里茂/講談社

ページの先頭へ