• OFF
  • ON
シークレットモード
販売状況

解除

掲載雑誌

解除

レーベル

解除

出版社で絞り込む

解除

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

もっと見る

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

集英社文庫 電子書籍一覧

全2,062点

  1. 毒 POISON 小説・文芸 > 文芸小説 毒 POISON 赤川次郎 / 集英社
    432
    0
    (0)
    0件
    わずか一滴で致死量に達し、しかも検出不可能という完全犯罪を約束する毒の小ビン。愛人をうとましく思う週刊誌記者から刑事、女性タレント、首相暗殺を企てる過激派へと“毒”は人々の手を転々とする。人々の...
  2. 砂のお城の王女たち 小説・文芸 > 文芸小説 砂のお城の王女たち 赤川次郎 / 集英社
    486
    0
    (0)
    0件
    海外赴任から五年ぶりに戻った青年。久々に入った自分の部屋は、買った覚えのないインテリアで飾られ、きれいに掃除がされていた。不思議に思う彼の前に現れたのは、小学生の女の子二人。彼女たちは「あなた誰...
  3. 神隠し三人娘 怪異名所巡り 小説・文芸 > ミステリー 神隠し三人娘 怪異名所巡り 赤川次郎 / 集英社
    545
    0
    (0)
    0件
    大手観光バス会社をリストラされ、超弱小「すずめバス」にガイドとして再就職した町田藍。初仕事はなんと“本物の幽霊を観に行く”怪奇ツアー。実は藍は霊感体質。ガイドを担当したツアーで目的地の寺に見事に...
  4. その女の名は魔女 怪異名所巡り2 小説・文芸 > ミステリー その女の名は魔女 怪異名所巡り2 赤川次郎 / 集英社
    432
    0
    (0)
    0件
    生まれながらの霊感体質で幽霊を呼び寄せる、類まれなバスガイド、町田藍。彼女が添乗する〈すずめバス〉の〈怪奇ツアー〉は、今日も大人気! 幽霊が出る旧家の土蔵、本物の亡霊が現れる『ハムレット』の舞台...
  5. うわさ帖 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション うわさ帖 半村良 / 集英社
    594
    0
    (0)
    0件
    “見てみぬふり”“社長の兄貴”“マンションの蚊”……何かワケありのこの見出しだけで、どんなことが書いてあるのか読みたくなる辛口の面白エッセイ集。酢いも甘いもかみわけた著者の周辺と日常を、ちょっと...
  6. かもめ 小説・文芸 > 文芸小説 かもめ アントン・チェーホフ / 沼野充義 / 集英社
    432
    0
    (0)
    0件
    19世紀末ロシアを舞台に描かれる作家志望の男と女優を夢見る女の恋。35歳のチェーホフが“恋だらけの物語”として構想した戯曲は、様々な演出家や時代によって形を変え、100年以上の時を経てなお、世界...
  7. 吸血鬼と栄光の椅子(吸血鬼はお年ごろシリーズ) 小説・文芸 > ミステリー 吸血鬼と栄光の椅子(吸血鬼はお年ごろシリーズ) 赤川次郎 / 集英社
    486
    0
    (0)
    0件
    ウィーンの古い礼拝堂で、カタコンベ(地下墓地)が発見された。偶然通りかかったのはクロロックとその娘のエリカ。家族旅行で日本から来ていたのだ。翌日、現地で知り合ったルネにカタコンベへの同行を頼まれ...
  8. 四百三十円の神様 小説・文芸 > 文芸小説 四百三十円の神様 加藤元 / 集英社
    637
    0
    (0)
    0件
    “助けて。一生のお願いだから”夜明けの牛丼屋。バイトの岩田が眠気と戦っていると、派手な女が転がり込んできた。懇願する彼女に一体なにが!?(「四百三十円の神様」) 動物病院に立派な刺青を入れた老人...
  9. キスまでの距離 おいしいコーヒーのいれ方 I 小説・文芸 > 文芸小説 キスまでの距離 おいしいコーヒーのいれ方 I 村山由佳 / 集英社
    324
    4.5
    (2)
    1件
    高校3年になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋...
  10. 僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方 II 小説・文芸 > 文芸小説 僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方 II 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    5歳年上のいとこのかれんとその弟の丈と同居して1年。大学生になった勝利の毎日は不安と焦りでいっぱい。恋人でもあるかれんとの仲が、なかなか進展しないからだ。ファースト・キスはかわしたけれど、彼女は...
  11. 彼女の朝 おいしいコーヒーのいれ方 III 小説・文芸 > 文芸小説 彼女の朝 おいしいコーヒーのいれ方 III 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    お互いの心が見えなくなって不安になったりもしたけれど、そんな気分をすべて洗い流したくてやってきた海辺の町・鴨川。思いきり海ではしゃいだその帰り、電車が不通になるというアクシデントが発生!「今夜は...
  12. 雪の降る音 おいしいコーヒーのいれ方 IV 小説・文芸 > 文芸小説 雪の降る音 おいしいコーヒーのいれ方 IV 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    親父が再婚するぅ? 突然のビッグニュースに、福岡に単身赴任している父を訪ねた勝利。父と息子、男同士で過ごす夜、5歳年上のいとこ・かれんへの思いをはじめて打ち明ける。まだまだ秘密にしなければならな...
  13. 緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 V 小説・文芸 > 文芸小説 緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 V 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    5歳年上のいとこ、かれんと恋におちた大学生・勝利。そうとは知らず、勝利に思いをよせる星野りつ子。追いつめられた勝利は、ついに星野に「秘密の恋」をうち明ける。単身赴任していた勝利の父親も帰京し再婚...
  14. 遠い背中 おいしいコーヒーのいれ方 VI 小説・文芸 > 文芸小説 遠い背中 おいしいコーヒーのいれ方 VI 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    大人気の「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズ第6弾。花村の叔母夫婦がついにロンドンから戻ってくる。勝利はかれんとふたりだけになれる場所を確保するために、周囲を説得して、ひとり暮らしを決意する。男...
  15. 坂の途中 おいしいコーヒーのいれ方 VII 小説・文芸 > 文芸小説 坂の途中 おいしいコーヒーのいれ方 VII 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    恋をすると、人は強くなれるんだろうか。それとも、弱くなってしまうものなんだろうか。一人で部屋を借りさえすれば、いつだって好きなときに彼女と二人きりになれるとばかり思っていた。なのに、思うようには...
  16. 優しい秘密 おいしいコーヒーのいれ方 VIII 小説・文芸 > 文芸小説 優しい秘密 おいしいコーヒーのいれ方 VIII 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    「かれんと付き合ってるって本当?」花村のおばさんから聞かれ、とっさに否定してしまった勝利。誰も傷つけたくなくて、ふたりの関係を守りたくて、ずっと秘密にしてきた。それが間違いだったのか。勝利へ思い...
  17. 聞きたい言葉 おいしいコーヒーのいれ方 IX 小説・文芸 > 文芸小説 聞きたい言葉 おいしいコーヒーのいれ方 IX 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    介護福祉士をめざすかれんは、鴨川へ移住することをついに決意する。遠く離れてふたりの関係はどうなるのだろう。かれんを応援したいけれど、行って欲しくもない勝利の心は複雑だ。彼女だって同じはず。それは...
  18. 夢のあとさき おいしいコーヒーのいれ方 X 小説・文芸 > 文芸小説 夢のあとさき おいしいコーヒーのいれ方 X 村山由佳 / 集英社
    432
    0
    (0)
    0件
    大人気の「おいしいコーヒーのいれ方シリーズ」第一シーズンの完結編。遠距離恋愛を始めた、かれんと勝利のふたり。最初はうまくいっていたが、やがてかれんと連絡が全く取れなくなってしまう。気持ちまで離れ...
  19. 蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I 小説・文芸 > 文芸小説 蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I 村山由佳 / 集英社
    378
    0
    (0)
    0件
    何の保証もないとわかっていても、彼女から強い約束を引き出したい。僕だけだ、と。一生、僕以外は愛さない、と。遠距離恋愛で、思うように会えない勝利とかれん。久々に週末を一緒に過ごすが、ちょっとした誤...
  20. 明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II 小説・文芸 > 文芸小説 明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II 村山由佳 / 集英社
    324
    0
    (0)
    0件
    いつのまに、彼女はここまで凛ときれいになったんだろう。久々にふたりで過ごす休日、<大人の女>になったかれんに、愛しさが募る反面、焦りや不安を感じる勝利。ひとり東京に戻り、一緒にいられない理不尽さ...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ