• OFF
  • ON
シークレットモード
販売状況

解除

掲載雑誌
レーベル

解除

出版社で絞り込む

解除

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

もっと見る

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

講談社選書メチエ 電子書籍一覧

全312点

  1. 経済倫理=あなたは、なに主義? ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT 経済倫理=あなたは、なに主義? 橋本努 / 講談社
    1,566
    0
    (0)
    0件
    市場社会はどのように倫理的な評価/批判をされるべきだろうか。そのような問いに対して、現代のイデオロギー――リベラリズム、ネオリベラリズム、ネオコン、リバタリアニズム、平等主義、共同体主義、マルク...
  2. 階級社会 現代日本の格差を問う ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 階級社会 現代日本の格差を問う 橋本健二 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    一握りの富裕層が富を独占する一方で、職のない若者たちはアンダークラス化し、貧困層は増大し続ける。日本は今や階級格差の超大国であり、階級格差は今もなお拡大し続けている。衝撃的現実を客観的データに基...
  3. 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか 小説・文芸 > 文芸小説 日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか 小谷賢 / 講談社
    1,566
    0
    (0)
    0件
    【第16回 山本七平賞奨励賞受賞】 暗号解読など優れたインフォメーション解読能力を持ちながら、なぜ日本軍は情報戦に敗れたか。「作戦重視、情報軽視」「長期的視野の欠如」「セクショナリズム」。日本軍...
  4. 近代日本のナショナリズム ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 近代日本のナショナリズム 大澤真幸 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    前期のナショナリズムは、なぜ、ウルトラナショナリズムに向かったのか。「靖国問題」とはなにか。戦後社会とナショナリズムの相関とは……。「日本」を根本から考えなおすべき今、ナショナリズム研究に大きな...
  5. 〈育てる経営〉の戦略 ポスト成果主義への道 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT 〈育てる経営〉の戦略 ポスト成果主義への道 高橋伸夫 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    「客観評価」「評価のフィードバック」を掲げ、給料格差と勤労意欲の連動を信じた成果主義はいちばん大切な人材育成機能を破壊した。いま、企業はどのようなシステムを再構築すべきなのか。「やり過ごし」「尻...
  6. 『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか 南直哉 / 講談社
    1,782
    0
    (0)
    0件
    われわれはどのように存在しているのか――人間存在根本の問いに『眼蔵』はいかに答えるか。ヨーロッパ現代思想も凌駕する画期的思想書に気鋭の禅僧が己の実在を賭けて挑む、現代人のための入門書にして決定版...
  7. トマス・アクィナス『神学大全』 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 トマス・アクィナス『神学大全』 稲垣良典 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    神とは何か。創造とは、悪とは、そして人間の幸福とは? キリスト教の根源にトマスは深い洞察で答える。斯界の第一人者が『神学大全(スンマ)』をアクチュアルな挑戦の書として読み直す。(講談社選書メチエ...
  8. 「女装と男装」の文化史 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 「女装と男装」の文化史 佐伯順子 / 講談社
    1,674
    0
    (0)
    0件
    古今東西を問わず、演劇や文学、映画、アニメ、漫画に数限りなく登場してきた「女装する男」と「男装する女」。彼/彼女たちは、なぜ性の境界を超えようとしたのか?“変態”“異常”“倒錯”という言葉で片付...
  9. 〈代表〉と〈統治〉のアメリカ政治 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 〈代表〉と〈統治〉のアメリカ政治 待鳥聡史 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    知っているようでわかりにくい、アメリカ政治の核心をいかに捉えるか。地域代表としてのイデオロギー〈代表の論理〉と政府運営者としての行動原理〈統治の論理〉、矛盾する2つの論理の力学という視角で、本質...
  10. 日本語は論理的である ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 日本語は論理的である 月本洋 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    日本語は特殊でも非論理的でもない! 人工知能研究と脳科学の知見を武器に、形骸化した学校文法からは見えなかった、日本語の論理がもつ普遍性と特徴を、非常に明快に解説。返す刀で、小学校での英語教育の根...
  11. 浜口雄幸と永田鉄山 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 浜口雄幸と永田鉄山 川田稔 / 講談社
    1,674
    0
    (0)
    0件
    第一次世界大戦の未曾有の惨禍は日本指導層に甚大な衝撃をもたらした。もはや進むべき道は国際協調以外にないと対中融和を含む協調路線に賭けた浜口。最終戦争は必至と満蒙・華北領有を含む軍中心の総力戦体制...
  12. 子供の哲学 産まれるものとしての身体 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 子供の哲学 産まれるものとしての身体 檜垣立哉 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    西田幾多郎、レヴィナス、ドゥルーズ……その思考のあらたな可能性これまでの哲学が再三にわたって論じてきた「私」という問題。しかしそこには、大きな見落としがあったのではないか?産まれる、子をはらむ、...
  13. 善悪は実在するか アフォーダンスの倫理学 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 善悪は実在するか アフォーダンスの倫理学 河野哲也 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    環境の中の存在という視点をもって、近代以降の哲学、心理学で主流をなしてきた認識論と存在論に再考を促すほどの大きなインパクトを与えたアフォーダンス理論。その革新性は、価値や意味を主観の中の観念のよ...
  14. ゾロアスター教 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 ゾロアスター教 青木健 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    世界は光と闇の永遠の闘争の舞台である。すべてがわかる決定版! 光と闇の闘争、天国と地獄、最後の審判、メシア思想――「宗教」の源流は古代ペルシアにある。「アーリア性」をキーワードに、現地調査と最新...
  15. 分析哲学入門 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 分析哲学入門 八木沢敬 / 講談社
    1,674
    0
    (0)
    0件
    英語圏の国々では現代哲学の主流であり続ける分析哲学。しかし、日本ではその存在感は薄い。その現状が「限りなく号泣状態に近いくらい悲しい」と嘆く著者による、渾身の入門書。「ある」とはどういうこと? ...
  16. 意味・真理・存在 分析哲学入門・中級編 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 意味・真理・存在 分析哲学入門・中級編 八木沢敬 / 講談社
    1,674
    0
    (0)
    0件
    世界の現代哲学の主潮流をなす分析哲学の、決定版入門シリーズ、登場! フレーゲ、ラッセルからクリプキー、クワインにいたる現代哲学のスターたちの議論をふまえつつ、おもしろく、かつ深く、分析哲学的な思...
  17. 儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間 菊地章太 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    矛盾しながら共存する東アジア的宗教の本質。なぜ3つの異なる宗教が共存できるのか。死生観、自然認識、民間信仰などを題材に、衝突・妥協・調和を繰り返すアジア的宗教のダイナミックな思想構造を分析する。...
  18. 宗教からよむ「アメリカ」 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 宗教からよむ「アメリカ」 森孝一 / 講談社
    1,782
    0
    (0)
    0件
    モノモン教、アーミッシュ、ファンダメンタリズム……。アメリカはさまざまな「信仰」がせめぎ合う社会である。それらを統合するものとは、いったい何か? 悩みつつも、新たな理念を求めて進む、超大国の意外...
  19. 法然対明恵 鎌倉仏教の宗教対決 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 法然対明恵 鎌倉仏教の宗教対決 町田宗鳳 / 講談社
    1,458
    0
    (0)
    0件
    人はいかにすれば救われるか。法然と明恵――鎌倉新旧仏教を代表する両者の思想対決は、私たちを根源的な問いへと誘う。現実か理想か。他力か自力か。そして、生と死の究極の姿とは。最新の宗教学の成果を踏ま...
  20. 穢れと神国の中世 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 穢れと神国の中世 片岡耕平 / 講談社
    1,674
    0
    (0)
    0件
    東北から九州まで共通して見られる、死と出産を「穢」とみなす民俗習慣。その観念の起源をめぐる探究は九~十世紀に制定された『延喜式』に行き当たる。数多くの史料を、当時の息づかいがわかるように参照し、...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ