• OFF
  • ON
シークレットモード
販売状況

解除

掲載雑誌
レーベル

解除

出版社で絞り込む

解除

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

もっと見る

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

幻冬舎新書 電子書籍一覧

全446点

  1. しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール 香山リカ / 幻冬舎
    648
    0
    (0)
    0件
    資本主義の曲がり角を経験し人々は平凡で穏やかに暮らせる「ふつうの幸せ」こそ最大の幸福だと気がついた。自慢しない。お金、恋愛、子どもにしがみつかない――新しい幸福のルールを精神科医が提案。
  2. 裁判官の爆笑お言葉集 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション 裁判官の爆笑お言葉集 長嶺超輝 / 幻冬舎
    648
    0
    (0)
    0件
    「死刑はやむを得ないが、私としては、君には出来るだけ 長く生きてもらいたい」(死刑判決言い渡しの後で)。 裁判官は無味乾燥な判決文を読み上げるだけ、 と思っていたら大間違い。ダジャレあり、ツッコ...
  3. レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 本田直之 / 幻冬舎
    648
    4
    (1)
    1件
    1日24時間は誰にも平等なのに、こんな不平等が生まれるのは、時間の使い方が決定的に違うからだっ! 最小限の努力で最大の成果を上げる「時間投資」のノウハウを身につけて、あなたもキャリア&収入アップ...
  4. 47都道府県これマジ!?条例集 小説・文芸 > 文芸小説 47都道府県これマジ!?条例集 長嶺超輝 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    議会で決められ、違反すると罰則を科されることもある「条例」を始めとする地方独自のルールには、ゆるキャラならぬ「ゆるルール」や、大真面目だけれど外からみるとちょっと変な「ずれルール」など、楽しいル...
  5. マンガの教養 読んでおきたい常識・必修の名作100 小説・文芸 > 文芸小説 マンガの教養 読んでおきたい常識・必修の名作100 中条省平 / 幻冬舎
    756
    4
    (1)
    1件
    マンガなど読んでいてはバカになる――そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽 きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を...
  6. 乗るのが怖い 私のパニック障害克服法 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション 乗るのが怖い 私のパニック障害克服法 長嶋一茂 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    読売巨人軍の現役選手だった三十歳の夏、神宮の花火大会を見物中、突然、パニック発作に見舞われた。飛行機、新幹線に乗れなくなり、ひどい眩暈に襲われ、 わけもなく涙が出て止まらない。完全にうつ状態にな...
  7. 本当は嘘つきな統計数字 小説・文芸 > 文芸小説 本当は嘘つきな統計数字 門倉貴史 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    年間セックス回数が世界最下位なのは日本――英国コンドームメーカーによる調査で驚きの結果が出た。男も女も世界中が気になるセックス問題。だが日本人は回 数を実際より少なく申告しがちだし、ラテンの国は...
  8. 慢性うつ病は必ず治る 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション 慢性うつ病は必ず治る 緒方俊雄 / 幻冬舎
    756
    4
    (2)
    1件
    症状が3年以上長引く、または再発を3回以上繰り返す「慢性うつ病」。服薬と休養で半年もあれば治ると言われるうつ病だが、実は1割強は慢性化し、いった ん慢性化した患者は、投薬治療中心の現在の日本の精...
  9. 1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 デフレ社会究極のサバイバル学 小説・文芸 > 文芸小説 1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 デフレ社会究極のサバイバル学 坂口孝則 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    これは資本主義経済の最終局面なのか。デフレによる価格下落は止まらず、無料・格安と銘打つ赤字商売も盛んだ。「1円家電」を売る家電量販店は、家電メー カーから値下げ分の補助金をもらい、「1円航空券」...
  10. 外様大名40家 「負け組」の処世術 小説・文芸 > 文芸小説 外様大名40家 「負け組」の処世術 榎本秋 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    関ヶ原の戦いに前後して、徳川支配下に入った戦国大名は、その後「外様」大名として生き抜く道を選択した。彼らはたびたび取り潰しや国替えの危機にさらさ れたが、たとえば前田家は将軍家との婚姻政策に奔走...
  11. 加害者家族 小説・文芸 > 文芸小説 加害者家族 鈴木伸元 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    平成20年の犯罪件数は253万3351件。被害者家族はマスコミ取材による二次被害で心の傷が癒える間もないが、実は加害者家族も凄惨な生活を強いられる。身内の犯罪を機に失職や転居を余儀なくされるだけ...
  12. 首こりは万病のもと  うつ・頭痛・慢性疲労・胃腸不良の原因は首疲労だった! 小説・文芸 > 文芸小説 首こりは万病のもと  うつ・頭痛・慢性疲労・胃腸不良の原因は首疲労だった! 松井孝嘉 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    大きめのスイカとほぼ同じ重さと言われる「頭」を支える首は、筋肉疲労を起こしやすい部位。だが、筋肉疲労が重なると、今まで治療法のなかった(1)頭痛、(2)めまい、(3)自律神経失調症、(4)うつ状...
  13. お金が貯まる5つの習慣 節約・投資・教育・計算そして感謝 小説・文芸 > 文芸小説 お金が貯まる5つの習慣 節約・投資・教育・計算そして感謝 平林亮子 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    お金の使い方に正解はない。ただ、お金が貯まる人には共通の生活習慣がある。彼らは、節約を徹底し、一攫千金を狙わず、収入と支出の流れを正確に把握し、他人への感謝を忘れない。思えばこれらは難しいことで...
  14. 子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法 小説・文芸 > 文芸小説 子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法 林成之 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する有様。だが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育である。0~3歳は脳の細胞が増え続ける時期で、未熟な脳に負担をかける...
  15. 現存12天守閣 小説・文芸 > 文芸小説 現存12天守閣 山下景子 / 幻冬舎
    864
    0
    (0)
    0件
    日本の城に初めて天守が出現したのは織田信長が天下統一を目指していた頃。関ヶ原の戦い後には築城ラッシュを迎え、防御拠点として、また権力の象徴として、記録に残るだけでも優に百を超える天守が日本全国に...
  16. 女たちの戦国 江と同時代を生きた11人 小説・文芸 > 文芸小説 女たちの戦国 江と同時代を生きた11人 鈴木由紀子 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    合戦に明け暮れる戦国の世を、女たちは時代に翻弄されながらも、男以上に知略をつくし、たくましく、したたかに生きた。父母の敵である秀吉の世嗣を産んだ茶々、姉と心ならずも敵味方にわかれてしまう江、茶々...
  17. 親子のための仏教入門 我慢が楽しくなる技術 小説・文芸 > 文芸小説 親子のための仏教入門 我慢が楽しくなる技術 森政弘 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    今、子供に我慢させることは何より難しい。大人でさえ苦手なのだから当然だ。だが、意外な近道がある。それは仏教だ。仏教は「無我」を説く。無我とは、「苦痛が消え、自然に我慢できる状態」をいう。無我にな...
  18. 生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格 生命はなぜ生まれたのか 地球生物の起源の謎に迫る 高井研 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    オゾン層もなく、宇宙から有害光線が直接地表に降り注ぐ、40億年前の原始地球。過酷な環境のなか、深海には、地殻を突き破ったマントルと海水が化学反応を起こし、400度の熱水が噴き出すエネルギーの坩堝...
  19. 快楽なくして何が人生 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション 快楽なくして何が人生 団鬼六 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    真面目くさって一生懸命働いたって、この世は夢のようなものだ、遊べ、遊べ―快楽の追求こそ人間の本性にかなった生き方なのだから。だが、自分がこれまでに得た快楽は、はたして本物だったのか? 男にとって...
  20. 世の中の意見が〈私〉と違うとき読む本 自分らしく考える 小説・文芸 > 文芸小説 世の中の意見が〈私〉と違うとき読む本 自分らしく考える 香山リカ / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    事件が起こるたびに、メディアで飛び交う様々な意見。専門家は、コメンテーターは、政治家は、世論調査は、こう言うけれど、本当にそうなのか? 情報の洪水を嫌でも浴びせられる現代社会で、自分の意見を持ち...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ