• OFF
  • ON
シークレットモード

e-NOVELS 一覧

120/全170

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 休日探偵ムナカタ氏 休日探偵ムナカタ氏 小説・文芸 > ミステリー
    110(税込)

    作品内容

    学生時代は勉強に、社会人になってからは仕事に追われ、ひたすら忙しい日々を送ってきたムナカタ氏。会社の事情が変わり、突然、閑職に追いやられてしまった彼は、暇を持て余し公園で時間を潰すことに。公園の...
  2. 叙述トリック試論とか 叙述トリック試論とか 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    ミステリー作家我孫子武丸が、デビュー以来書いてきた解説や書評を選んで集めたもの。自ら娯楽小説を書いている者ならではの視点で、国内外さまざまな小説を評論する。取り上げている作品は、井上夢人『あくむ...
  3. 病んだ水 病んだ水 小説・文芸 > ミステリー
    220(税込)

    作品内容

    「早いもので、あの事件からもう4ヵ月の時間が流れました。…礼子さんが誘拐されたときのことを、私は今でもはっきりと憶えています…」。産業廃棄物処分場建設に携わる会社・サンセンの社長令嬢が誘拐された...
  4. 瀬名秀明解説全集+α 瀬名秀明解説全集+α 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    文庫本の巻末に付される「文庫解説」。これは日本独特の文化と言えるのではないだろうか。この解説を読んでから買うかどうか決める、この解説のために文庫を買い直すという人もいるぐらいだ。本作は、作家・瀬...
  5. 飯野文彦劇場 覆面試写会への招待状 飯野文彦劇場 覆面試写会への招待状 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    110(税込)

    作品内容

    覆面試写会にようこそ。まず、警告しておこう。この作品は怖いだけではない。危険である。あらゆる不快な出来事、恐ろしい体験を、あなたはこれから経験することとなる。もしそれがいやなら、いますぐ席を立た...
  6. あり得たかもしれない未来、今ぼくがいる場所 あり得たかもしれない未来、今ぼくがいる場所 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    110(税込)

    作品内容

    二年も付き合っていた彼女にふられた僕は、気分を紛らわせるために、駅前の広場に立ち寄りベンチに座った。すると、同じベンチの反対側から若い女性のすすり泣く声が聞こえてきた…。誰もが一度は思ったことの...
  7. おまとめ価格セット 冷蔵庫シリーズありったけ全部入り おまとめ価格セット 冷蔵庫シリーズありったけ全部入り 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    550(税込)

    作品内容

    作家、久美沙織が知性と心を持った「AI冷蔵庫」をテーマに、感動や笑い、ロマンやエロスと様々な要素をぶっこんで綴った「冷蔵庫シリーズ」を、ドドーンとひとつにまとめてみました! けなげな雑種の冷蔵庫...
  8. そして誰もいなくなった……のか? そして誰もいなくなった……のか? 小説・文芸 > ミステリー
    220(税込)

    作品内容

    H岳のスキー場で立ち入り禁止区域に入り込み、雪崩に遭遇したスキー客9名。ゲレンデに戻ろうとして道に迷い、見つけた山荘で雪が止むのを待っていた。そんな、孤立無援の彼らを殺人鬼が襲う。最初は山荘の管...
  9. 飯野文彦劇場 妖女 飯野文彦劇場 妖女 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    110(税込)

    作品内容

    「彼女、おれがいただく」「待てよ」「なんだよ、だんまりを決め込んでいたくせに」「彼女、潮くさくなかったか」――気がつくと、潮の香りが漂っている。そんな気がした…。ディスプレイの中から微笑みかける...
  10. 飯野文彦劇場 ポール・デルヴォーの絵 飯野文彦劇場 ポール・デルヴォーの絵 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    220(税込)

    作品内容

    静かな夜だった。彼は一人、石畳に覆われた歩道を歩いていた。いつから歩いていたのか、自分がどこにいるのか、どうしてここにいるのか、わからなかった――。都会の片隅で、孤独に生きる内気な若き画家。愛す...
  11. 飯野文彦劇場 奈落の遊園地 飯野文彦劇場 奈落の遊園地 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    110(税込)

    作品内容

    実の甥に性的虐待をした挙句、怪我を負わせ逃げてきた男。酒に溺れてホームレス状態となった彼がたどり着いた先は…。【作者の言葉】ひたすら下品で汚らわしくて、目茶苦茶な話です。決してどこからも出版して...
  12. 陽はまた昇る 黄昏ホテル 陽はまた昇る 黄昏ホテル 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    幼いころに視力を失った「わたし」に、<風>が、ホテルというものの存在を教えてくれた。「ホテルは、太陽みたいなもの? 星みたいなもの?」。そう訊ねるわたしに<風>は、様々なイメージを与えてくれる。...
  13. 罪 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    110(税込)

    作品内容

    二年前から続く『ある事件』によって、東京は完全に人の住めない場所となった。東京都民は難民と化し、他県へと避難した。働いていた警視庁がなくなったため、刑事・谷口たちは間借りした某県警の一室で、警視...
  14. きみ訪れる夜 きみ訪れる夜 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    220(税込)

    作品内容

    ある夜、帰宅途中に見つけた古書店で、小説家のわたしは一冊の雑誌を買った。戦後の一時期に出回った粗悪な紙の雑誌の中の一篇に目が留まる。そこに描かれた時代において、ライターは使い捨て文化の象徴で、盛...
  15. 世界線の上で一服 世界線の上で一服 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    550(税込)

    作品内容

    僕は29歳の売れない作家。没になった原稿を川に投げ捨てようとしたところを女子高生・エリスに止められた。生意気だが、不思議な魅力を持つ彼女に誘われ、神保町のある古本屋を訪ねると、店主の妻の老婦人が...
  16. 飯野文彦劇場 栄子狂乱 飯野文彦劇場 栄子狂乱 小説・文芸 > 文芸小説
    330(税込)

    作品内容

    内気で影の薄い、小柄で童顔の女はしかし、凄艶な色気で男の嗜虐心を刺激しながら、いつのまにか主導権を握って思うがままに自らを責めさせる、天性のマゾヒストだった。SM雑誌の編集者すら我を忘れるほどの...
  17. 飯野文彦劇場 亜熱帯より愛を込めて 飯野文彦劇場 亜熱帯より愛を込めて 小説・文芸 > SF・ファンタジー
    220(税込)

    作品内容

    東南アジアの場末のホテルで出会った無口で陰気な女は、私の初めての相手になった。だが、その体験は“初めて”という枠を越えて、あまりに強烈で神秘的だった。――お、女の人って、こんななの!? 旅先での...
  18. いつか見た子 いつか見た子 小説・文芸 > ミステリー
    110(税込)

    作品内容

    小学校3年になる息子が苛められている…。妻からそれを聞いた秀幸の脳裏に、30年ほど前の苦い記憶が蘇った。小学校に入り立ての彼を、登下校の途中にある公園でいつも待ち伏せしていた“あいつ”。「おい、...
  19. セイムタイム・ネクストイヤー 黄昏ホテル セイムタイム・ネクストイヤー 黄昏ホテル 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    主人公は、夫と、亡くなった娘の誕生日祝いをした思い出のホテルを訪れた。最愛の娘を亡くし、生きる希望を失った彼女は、最後の場所を求めていた。しかし…絶望の淵で彼女が見たものは、紛れもなく死んだはず...
  20. あの紫は あの紫は 小説・文芸 > ミステリー
    110(税込)

    作品内容

    金沢行きの飛行機の中で、うたた寝をしていた主人公は、何度も繰り返しみている夢をみていた。ふと目覚め、三人掛けのシートの空席となった真ん中を挟んだ通路側に和装の女がいるのに気付いた。少女のような無...