• OFF
  • ON
シークレットモード

Voice S 一覧

120/全85

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 反日歴史認識の「教典」 【Voice S】 反日歴史認識の「教典」 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    1937年12月13日、南京陥落にともなう「南京大虐殺」の虚構を国民に伝えた「GHQ洗脳メディア」の一つに、NHKラジオ番組『眞相箱』がある。この番組の台本の編集は連合国軍最高司令部民間情報教育...
  2. 「日本の翼」の真実 【Voice S】 「日本の翼」の真実 【Voice S】 小説・文芸 > 文芸小説
    200(税込)

    作品内容

    第二次世界大戦まで、日本の航空機技術は世界の最先端に達していた。しかし敗戦とともにその技術は機体とともにGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に根こそぎ奪われ、米国へ持ち去られてしまった。いま、国...
  3. 迷走するアメリカ シリアをめぐる“大国の興亡” 【Voice S】 迷走するアメリカ シリアをめぐる“大国の興亡” 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    シリアをめぐる大国間の駆け引き。末に待つのは「超大国・アメリカの終焉」か? 産経新聞のベテラン記者がいまの国際情勢を読み解く。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2013年11月号掲載記事を電子...
  4. 日本が核武装化する日 【Voice S】 日本が核武装化する日 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    日本とアメリカ、中国の三カ国がアジアで競い合う時代が、いよいよ始まった――新しい時代に突入するにあたって、日本人が示すべき決意とは。国際的なジャーナリストがこれまで「タブー」とされていた議論に切...
  5. シミュレーション・北朝鮮崩壊 【Voice S】 シミュレーション・北朝鮮崩壊 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    腐敗した組織「中共」を廓清させるべく、エリート軍人で構成される人民解放軍のスパイ機関・CGRUが動き出す。北朝鮮全土制圧から崩壊に至るシナリオとは、そして半島に残された邦人の運命は?<br>※本...
  6. 三放世代と「泥の匙」 【Voice S】 三放世代と「泥の匙」 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    韓国における貧富の格差は凄まじい。就業者のじつに61.4%が「いまの職を失うか、または変えなければならないという不安を感じる」という。背景には、日本とは比べものにならないほどの「出自の差」や「学...
  7. 日米安保条約を百年同盟に【Voice S】 日米安保条約を百年同盟に【Voice S】 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    100(税込)

    作品内容

    イスラム圏のテロ、北朝鮮のミサイル、中国との領土問題――脅威にさらされる日本がいまこそ考えるべき「危機管理」とは。国家安全保障の中核を担ってきた重鎮が、安倍政権に送る渾身のエール。※本コンテンツ...
  8. 香港動乱、中国敗れたり 【Voice S】 香港動乱、中国敗れたり 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    中国は本当に海洋覇権を握れるのか?2014年9月の香港民主化デモは、図らずも1989年の天安門事件の悪夢と拙速な習近平外交の失敗を明らかにしてしまった。中国にはアジアの支配など無理だということが...
  9. 製造業復活はGEに学べ 【Voice S】 製造業復活はGEに学べ 【Voice S】 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    100(税込)

    作品内容

    日本の電機産業に求められるのは、「テレビをやめる」というレベルの判断ではなく、ある領域の事業を丸ごと捨てる「革命」だ――。経営のスペシャリストが、日本メーカーが苦境を経て復活に至るまでの道筋を指...
  10. 反日に決別、親日に感謝 「親中・反日」になったドイツ【Voice S】 反日に決別、親日に感謝 「親中・反日」になったドイツ【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    二国間政府サミットを毎年開催しているドイツと中国。日本の知らない間に、「尋常ではない」二国間の蜜月関係が進展していた。欧州の大国が中国側に転んだことは、日本にとって看過できるものなのか――。※本...
  11. 「ヘル・コリア」の恐怖 【Voice S】 「ヘル・コリア」の恐怖 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    いくらウォンの為替レートを下げても輸出は伸びず、反日をやっても経済は潤わず……。真っ当な産業振興策、労働意欲の喚起によって経済を立て直そうとしない韓国は、外交でも中国とアメリカの顔色を窺い、右顧...
  12. 「日本沈没」から「韓国沈没」へ 【Voice S】 「日本沈没」から「韓国沈没」へ 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    いまや中国からもアメリカからも見捨てられはじめ、徐々に世界から「置いてきぼりになる韓国」。景気を支えるはずのサムスン、現代自動車グループにも精細がない。一時期、「日本企業は韓国企業に学べ」と報道...
  13. 中国のダンピングが世界経済を潰す 【Voice S】 中国のダンピングが世界経済を潰す 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    中国が経済成長期に行なった悪事とは何か。構造的ダンピング体制の構築である。超・低コストによるモノづくり、容赦ない輸出攻勢が世界経済をどれほど歪めているか。中国の不法行為を許しておけば、世界の資本...
  14. 爆発する韓国経済 【Voice S】 爆発する韓国経済 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    韓国の絶対権力者である朴槿惠大統領は、崔順実なるシャーマンに多大な影響を受けていた。無軌道な経済政策も占いの結果だったと考えれば納得がいくが、そう考えなければ理解できないほど韓国経済は無茶苦茶だ...
  15. 領土問題「動かぬ証拠」 【Voice S】 領土問題「動かぬ証拠」 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    200(税込)

    作品内容

    日本をはじめフィリピン、ベトナムなどアジア各国の領海を平然と侵し、領土拡大を狙う中国。その主張がいかに論理性を欠き、歴史を無視しているかは誰もが知るところだ。しかし従来の日本は、正面切って中国の...
  16. 真珠湾とヤルタ 戦犯たちの獄中紙「すがも新聞」を読む 【Voice S】 真珠湾とヤルタ 戦犯たちの獄中紙「すがも新聞」を読む 【Voice S】 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    100(税込)

    作品内容

    存在を忘れ去られた幻の新聞「すがも新聞」。そこには、巣鴨プリズンの収容者たちが残した、貴重な肉声が記録されていた。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2014年1月号掲載記事を電子化したものです...
  17. 日銀の金融緩和で中国崩壊が近づいた 【Voice S】 日銀の金融緩和で中国崩壊が近づいた 【Voice S】 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    100(税込)

    作品内容

    中国大陸ではどんな王朝も300年で滅んでいる。2000年間、一度も歴史が途絶えたことのない日本がわざわざ不幸に巻き込まれる必要はない――気鋭の研究者が語る、望ましい対中外交の姿とは。※本コンテン...
  18. 反日に決別、親日に感謝 学校では教えないアジア独立の真実【Voice S】 反日に決別、親日に感謝 学校では教えないアジア独立の真実【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    台湾、インド、フィリピン、インドネシア……宗主国の支配からアジア諸国を解放した日本軍。その偉業はいまでも讃えられ、日本そして日本人への感謝の声はいまも色あせることはない。※本コンテンツは月刊誌『...
  19. 弱腰オバマ政権が北朝鮮に屈する日 【Voice S】 弱腰オバマ政権が北朝鮮に屈する日 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    アメリカは数十年にわたって、朝鮮半島政策について失敗を重ねてきた。核開発問題に関しても、どうしてアメリカを頼ることができようか――。豊富な取材量を誇るアメリカ・ウォッチャーが、最新の国際情勢を読...
  20. 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 「中国の軍事的脅威」が崩壊する日 【Voice S】 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    100(税込)

    作品内容

    尖閣諸島有事が発生した場合、アメリカはどのように出るのか。米中が正面衝突する可能性はあるのか――長年、アメリカの軍事情勢を取材し続けてきたジャーナリストが、今後の東アジア情勢を占う。 ※本コンテ...