• OFF
  • ON
シークレットモード

集英社ebookオリジナル 一覧

120/全31

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  • 1 2
  • pager to end
  1. 深沢七郎『楢山節考』を読む(文芸漫談コレクション) 深沢七郎『楢山節考』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「自分でない人と話し合いたい、対話したい、コミュニケートしたいという、人間としての根源的な欲求を、ここまで美しく描いた作品はあまりないと僕は思うんです(奥泉)」「ここはもう、がまんせずに泣きまし...
  2. ゲーテ『若きウェルテルの悩み』を読む(文芸漫談コレクション) ゲーテ『若きウェルテルの悩み』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「ウェルテルは自分の才能を文学に使っておけばよかった。その文学性を映画化するなら、「ザ・ストーカー」というタイトルしかない。彼が荒れると世界が荒れる。殺人事件が起き、村は洪水(いとう)」。今回は...
  3. 横光利一『蠅』を読む(文芸漫談コレクション) 横光利一『蠅』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「横光が、いや横光さんが(笑)、ここまで現代性を持っているとは、考えていなかった…」(いとう)。今回は「小説の神様」こと横光利一の『蠅』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタ...
  4. 安部公房『砂の女』を読む(文芸漫談コレクション) 安部公房『砂の女』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    安部公房のいいところは、ワンテーマ、ワンアイディアを律儀なまでにしゃぶり尽くすこと。キーワードは「がくがく」と「律儀」。今回は、安部公房の『砂の女』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおく...
  5. 三島由紀夫『仮面の告白』を読む(文芸漫談コレクション) 三島由紀夫『仮面の告白』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「少年を描かせたら、三島由紀夫はほんとうにすばらしい(いとう)」「少年を書くときはまったくやる気が違うよね(奥泉)」。今回は、三島由紀夫『仮面の告白』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でお...
  6. ナボコフ『ロリータ』を読む(文芸漫談コレクション) ナボコフ『ロリータ』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「複雑なモラル・ハラスメントとセクシャル・ハラスメントが交差している、まさに現代、現在の小説(いとう)。」「下劣なものと崇高なもの、醜いものと美しいもの――その振り幅のなかで世界を構築している(...
  7. 中上健次『枯木灘』を読む(文芸漫談コレクション) 中上健次『枯木灘』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「あの大きな人の、大きな背中を、見たかった」「まさしく、奇蹟のような一回性の小説」。今回は、中上健次の『枯木灘』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。...
  8. 倉橋由美子『スミヤキストQの冒険』を読む(文芸漫談コレクション) 倉橋由美子『スミヤキストQの冒険』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    成長もなし。教訓もなし。変化もなし。空虚小説。チャレンジングな作品ですよ。つまり、これは倉橋由美子の冒険だと思います。(いとう)。今回は、倉橋由美子『スミヤキストQの冒険』を読む。芥川賞作家と希...
  9. トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』を読む(文芸漫談コレクション) トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    美。そして、陶酔、陶酔、陶酔。とにかく美しかない。美と理性、そこに忍び込んでくる魔的なものというテーマのトーマス・マン『ヴェネツィアに死す』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談...
  10. 夏目漱石『吾輩は猫である』を読む(文芸漫談コレクション) 夏目漱石『吾輩は猫である』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『吾輩は猫である』を読む。本電子書籍は、文芸...
  11. 尾崎翠『第七官界彷徨』を読む(文芸漫談コレクション) 尾崎翠『第七官界彷徨』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「作家としての来歴もよくわからないし、実質的な作家活動の期間も短い。ただその間にセンスあふれる作品を残し、後年まで影響を与えつづけている」(奥泉)。今回は、初期モダニズム小説の傑作、尾崎翠の『第...
  12. 武者小路実篤『真理先生』を読む(文芸漫談コレクション) 武者小路実篤『真理先生』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    武者小路実篤は寅さん? 「(音楽でいうと)複雑なコード進行なし。シャープとかフラットとかも一切なし。でも、そのおかげで不思議なパンクさは出ている。」そんな小説、武者小路実篤の『真理先生』を読む。...
  13. 国木田独歩『武蔵野』を読む(文芸漫談コレクション) 国木田独歩『武蔵野』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「一冊を通して、日本語の変遷ドキュメントになっているという指摘は、間違いありません。…それが『武蔵野』の最大の魅力と言っていいかもしれません。」(奥泉)。今回は、本全体に日本語の歴史が横溢してい...
  14. 二葉亭四迷『浮雲』を読む(文芸漫談コレクション) 二葉亭四迷『浮雲』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    オリジネーターとしての二葉亭四迷の熱さ、日本近代文学の祖。今回は二葉亭四迷『浮雲』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。本電子書籍は、文芸誌「すばる」...
  15. 太宰治『晩年』を読む(文芸漫談コレクション) 太宰治『晩年』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「俺は選民だと言ってのけるパンクさと、その不安を吐露する弱気の混在。でも、僕なら気恥ずかしくてちょっと無理。」(いとう)。今回は「コンセプトマシンD」こと太宰治の『晩年』を読む。芥川賞作家と希代...
  16. 葛西善蔵『子をつれて』を読む(文芸漫談コレクション) 葛西善蔵『子をつれて』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「今回は、小説にとってリアリティとはなにかという問題を避けて通れそうにはありません。」葛西善蔵『子をつれて』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。本電...
  17. 志賀直哉『暗夜行路』を読む(文芸漫談コレクション) 志賀直哉『暗夜行路』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    『暗夜行路』は元祖「中二病小説」? 元祖「セカイ系小説」? 時任謙作はアメーバ? 今回は小説の神様こと志賀直哉が書いたリアリズム小説の一つの典型『暗夜行路』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て...
  18. 泉鏡花『高野聖』を読む(文芸漫談コレクション) 泉鏡花『高野聖』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「二〇世紀のゼロ年代は日本の近代文学史のひとつのエポックです。」(奥泉)。今回は20世紀を目前に発表された、泉鏡花の『高野聖』を読む。 芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の...
  19. 芥川龍之介『藪の中』を読む(文芸漫談コレクション) 芥川龍之介『藪の中』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    「文芸漫談にようこそおいでくださいました。今回は芥川龍之介『藪の中』を読むという、大変な回となっております。」(奥泉)。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。...
  20. 小島信夫『アメリカン・スクール』を読む(文芸漫談コレクション) 小島信夫『アメリカン・スクール』を読む(文芸漫談コレクション) 小説・文芸 > 文芸小説
    110(税込)

    作品内容

    今日は小説技法の初歩をしっかりおさらいしましょう。そして、作りものめかないためにどうすればいいのか。『アメリカン・スクール』の三人称多元はどういうものなのか。今回は、小島信夫『アメリカン・スクー...
  • 1 2
  • pager to end