• OFF
  • ON
シークレットモード

集英社文庫 一覧

120/全1735

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 楊令伝 楊令伝 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 555(税込)

    作品内容

    梁山泊陥落から三年。「替天行道」の旗を胸に秘めた同志たちは全土に散って、再起の秋を待っていた。史進、呼延灼、張清は叛徒として局地戦を続け、李俊は太湖の周りに船団を組織して威をはっていた。燕青率い...
  2. 水滸伝 水滸伝 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    471(税込)

    作品内容

    十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた――。世直しへの強い志を胸に、漢(おとこ)たちは圧倒的な官軍に挑んでい...
  3. 岳飛伝 岳飛伝 小説・文芸 > 文芸小説
    616(税込)

    作品内容

    負けたのだ。「替天行道」と「盡忠報国」というふたつの志の激突だった。半年前の梁山泊戦。瀕死の状態の楊令に右腕を切り飛ばされた岳飛は、その敗戦から立ち直れずにいた。頭領を失った梁山泊は洪水のために...
  4. 百舌シリーズ 百舌シリーズ 小説・文芸 > ミステリー
    495 ~ 880(税込)

    作品内容

    【第61回毎日芸術賞受賞作】能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻...
  5. 明智小五郎事件簿 明智小五郎事件簿 小説・文芸 > 文芸小説
    495 ~ 836(税込)

    作品内容

    日本を代表する名探偵の一人、明智小五郎がはじめて登場した「D坂の殺人事件」。退廃的な空気が漂う大正9年9月初旬、〈私〉はD坂にある白梅軒という喫茶点で明智小五郎と知り合った。偶然、向かいの古本屋...
  6. 小説フランス革命 小説フランス革命 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    440 ~ 671(税込)

    作品内容

    1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を招集する。貴族でありな...
  7. 会津士魂 会津士魂 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    440 ~ 555(税込)

    作品内容

    幕末、京都を中心に尊皇攘夷の嵐が吹きあれる中、会津藩主松平容保は、京都守護職を拝命し、京都の秩序回復と禁裏の守護に当たるべく藩士を率いて上洛した。天皇に忠を、幕府に孝を尽くした会津藩主従が、なぜ...
  8. 書楼弔堂 分冊版 書楼弔堂 分冊版 小説・文芸 > 文芸小説
    176(税込)

    作品内容

    明治二十年代中頃、東京の外れに佇む三階建ての灯台のような異様な本屋「書楼弔堂」。無数の書物が揃うその店で、時代の移り変りの中で迷える人々と彼らが探し求める本を店の主人が引き合わせていく。変わりゆ...
  9. 富島健夫 自選青春小説 富島健夫 自選青春小説 ラノベ(ライトノベル) > ラノベ(ライトノベル)
    385 ~ 550(税込)

    作品内容

    十八歳の高校生純子は、夏休みのある日、秘密の目的を胸に上京した。新進作家永井の家の玄関に立ち、祈るような気持ちでベルを押す。作品を通して永井にひかれた純子は永井と一夜を過ごすことにより、大人の女...
  10. 萬葉集釋注(集英社文庫版) 萬葉集釋注(集英社文庫版) 小説・文芸 > 文芸小説
    825 ~ 1,155(税込)

    作品内容

    戦後の万葉研究の第一人者による、初めての個人全注釈の文庫版。隣接諸学との多様な交流の成果も踏まえた、現代万葉学の集大成。一群の詩の背景、状況をいきいきと語る歌群ごとの釈注。新鮮な感動を呼び起こす...
  11. 続 会津士魂 続 会津士魂 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    440 ~ 555(税込)

    作品内容

    会津鶴ヶ城、落つ――。藩主松平容保が京都守護職を拝命して六年。幕府への忠誠を誓い正義を貫いた戊辰戦争は無惨にも敗北したが、榎本武揚率いる旧幕軍艦隊に加わった者は、新たな戦いを挑むべく蝦夷地をめざ...
  12. 笑酔亭梅寿謎解噺 笑酔亭梅寿謎解噺 小説・文芸 > 文芸小説
    550 ~ 715(税込)

    作品内容

    上方落語の大看板・笑酔亭梅寿のもとに無理やり弟子入りさせられた、金髪トサカ頭の不良少年・竜二。大酒呑みの師匠にどつかれ、けなされて、逃げ出すことばかりを考えていたが、古典落語の魅力にとりつかれて...
  13. 質屋藤十郎隠御用 質屋藤十郎隠御用 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    555 ~ 693(税込)

    作品内容

    浅草の質屋『万屋』。主人の藤十郎は、庶民の味方でありたいと、幕府のお触れに反しない限り客の望みを叶えてきた。ある日、御高祖頭巾の女が高価な煙草入れを持ってきた。入質証文を書く様子に迷いがあり、身...
  14. ナマコのからえばり ナマコのからえばり 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    495 ~ 528(税込)

    作品内容

    好きなサケの肴はウニ・ホヤ・ナマコ。ある日シーナは自分の名前シイナマコトのなかにナマコがいるのを発見する。いやます親近感。海の底にころがって、何考えてんだかわからないナマコもときには月見て吠える...
  15. これが佐藤愛子だ これが佐藤愛子だ 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    440(税込)

    作品内容

    人それぞれ、年それぞれ、教育それぞれ、今はいろんな経験、価値観が存在している。同感の人も不同意の人も怒りの人も軽蔑の人も、まあひとつ、「歴史を読む」といった気分で読んでいただきましょう――全エッ...
  16. 世界を、こんなふうに見てごらん 世界を、こんなふうに見てごらん 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    440(税込)

    作品内容

    子供の頃、芋虫と話がしたかった著者。おまえどこにいくの、と話しかけた。芋虫は答えず、葉っぱを食べはじめる。言葉の代わりに見ていて気がつくことで、気持ちがわかると思った。昆虫、猫や犬など動物とおし...
  17. 神尾シリーズ 神尾シリーズ 小説・文芸 > ミステリー
    550 ~ 660(税込)

    作品内容

    一等航海士・神尾修二は、友人の戸山が殺されたことを航海中に知る。神尾の婚約者を自称する教子をめぐるトラブルが原因という。婚約をした覚えのない彼にとっては、不可解な事件だった。職を辞し、横浜に上陸...
  18. 天切り松 闇がたり 天切り松 闇がたり 小説・文芸 > 文芸小説
    495 ~ 572(税込)

    作品内容

    夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音(こわね)「闇がたり」で、遥かな昔を物語り始めた――。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の...
  19. 浮世奉行と三悪人 浮世奉行と三悪人 小説・文芸 > 文芸小説
    638 ~ 836(税込)

    作品内容

    武士を捨てて竹光作りを生業とする雀丸。ある日、三人の武士にボッコボコにされている老人を救い出す。庶民の揉めごとを裁く横町奉行だというこの老人は、あろうことか雀丸に跡を継いでくれと言い出した。危険...
  20. 谷川俊太郎詩選集 谷川俊太郎詩選集 小説・文芸 > 文芸小説
    495 ~ 671(税込)

    作品内容

    「……私はひとを呼ぶ/すると世界がふり向く/そして私がいなくなる」(『六十二のソネット』所収「62」より)。時代を超えて愛される谷川俊太郎の詩作のすべてから新たに編んだ21世紀初のアンソロジー。...