• OFF
  • ON
シークレットモード

集英社インターナショナル 一覧

120/全182

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 「マイナンバー」が日本を壊す 知のトレッキング叢書(集英社インターナショナル) 「マイナンバー」が日本を壊す 知のトレッキング叢書(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > 文芸小説
    968(税込)

    作品内容

    新たな犯罪の温床、利権まみれ、経済的大損失、プライバシー侵害……。世界の潮流に逆行、崩壊必至の愚策。国民総背番号制という悪夢が現実のものとなった。同様の制度を導入しているアメリカや韓国が、情報流...
  2. 感染症は実在しない(インターナショナル新書) 感染症は実在しない(インターナショナル新書) 小説・文芸 > 文芸小説
    1,078(税込)

    作品内容

    インフルエンザは実在しない! 生活習慣病も、がんも実在しない! 新型コロナウイルスに汚染されたクルーズ船の実態を告発した、感染症学の第一人者が語る「病の存在論」。【著者まえがきより】え? 「感染...
  3. 「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書) 「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書) ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    748 ~ 891(税込)

    作品内容

    映画を観れば「世界の今」が分かる! アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を当代一の評論家が鋭く解剖。なにげないシーンやしぐさに秘められた監督の意図、ちょっとした台詞の中に隠された過...
  4. 「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件 「使命感」が人を動かす 成功するトップの絶対条件 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    1,485(税込)

    作品内容

    会社を成功させ続けることができる企業のトップは何が違うのか。500人以上の企業のトップに密着してきたジャーナリストが分析。夕刊フジに連載の『成功するトップ』を大幅加筆。成功の秘密が満載。新入社員...
  5. プーチン 最後の聖戦 プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,584(税込)

    作品内容

    「神」、再臨。「平和ボケ」日本人の想像を超えたプーチンと世界の熾烈な闘い。そして、国益と生き残りのために命を賭ける壮絶な姿。平和に慣れた日本人と日本の政治家。いまだ戦国時代に生きるロシア人とロシ...
  6. 一億総貧困時代 一億総貧困時代 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,386(税込)

    作品内容

    性的虐待の果て、父親の子どもを産んだ女性。長年の介護生活の果て、両親とともに死のうと川に車で突っ込み、娘だけが生き残った「利根川一家心中事件」。介護離職から路上へ、そして支援者となった男性――。...
  7. 老化と脳科学(インターナショナル新書) 老化と脳科学(インターナショナル新書) 小説・文芸 > 文芸小説
    770(税込)

    作品内容

    認知症、アルツハイマー……、私たちの頭の中でいったい何が起きている!? 超高齢化社会を迎えた今、老化研究はどこまで進んでいるのか? 老化による脳の衰えや病気を遅らせることはできるのか? 海外の一...
  8. 冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場(集英社インターナショナル) 冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,188(税込)

    作品内容

    冲方丁逮捕――。2015年8月、各マスコミがいっせいに報じた人気作家、まさかの「DV逮捕劇」。9日間にわたって東京・渋谷警察署の留置場に閉じ込められたのちに釈放され、その約2カ月後に不起訴処分が...
  9. ヘボの流儀 叩いても楽しいゴルフの極意 ヘボの流儀 叩いても楽しいゴルフの極意 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    891(税込)

    作品内容

    【アマチュアゴルファーだからこそ味わえるゴルフの本当の楽しさ】ゴルフは、さほどうまくない……100を切ったり切らなかったり。それでも楽しい。でも、なかなかスコアが上がらないし、飛距離も伸びない…...
  10. へんちくりん江戸挿絵本(インターナショナル新書) へんちくりん江戸挿絵本(インターナショナル新書) 小説・文芸 > 文芸小説
    847(税込)

    作品内容

    京伝の奇想! 北斎のユーモア! 南畝の異才!――。現代の漫画とみまごうトンデモな発想が江戸時代にあった! 多彩な出版文化が花開いた江戸。本書で取り上げるのは、それらさまざまなジャンルの本を徹底的...
  11. 光の量子コンピューター(インターナショナル新書) 光の量子コンピューター(インターナショナル新書) 小説・文芸 > 文芸小説
    770(税込)

    作品内容

    日本発、世界初となる驚異の量子コンピューターの実現が、秒読み段階に入った。光を使った独自の方式により、量子コンピューター開発のトップを走る著者が、その仕組みと理論を徹底解説。スーパーコンピュータ...
  12. 日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点 日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点 小説・文芸 > 文芸小説
    1,584(税込)

    作品内容

    偽装国家ニッポン!! いつからこの国は「嘘つき」だらけになってしまったのか? その驚くべき真相を最新の心理学が鋭く解き明かす! 心と文化をめぐる常識を次々と覆していくラジカルな日本社会論! ●構...
  13. 科学する心 科学する心 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,782(税込)

    作品内容

    「科学についての自分の考えを少し整理し、抽象と具象の中間を行く思索を試みたいと思っていた」(本文より)大学では物理学部に籍を置いたこともある池澤夏樹。これまでも折に触れ、自らの作品にも科学的題材...
  14. アルキメデスの驚異の発想法 数学と軍事(インターナショナル新書) アルキメデスの驚異の発想法 数学と軍事(インターナショナル新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    847(税込)

    作品内容

    天才的な数理科学者として広く知られているアルキメデス。小学校の算数の教科書では円周率がおよそ3.14であることを初めて発見した人物として紹介され、中学校の理科の教科書では、「浮力に関する法則」の...
  15. 血管がぐんぐん若返る!! 豆乳オリーブオイル(集英社インターナショナル) 血管がぐんぐん若返る!! 豆乳オリーブオイル(集英社インターナショナル) ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    1,386(税込)

    作品内容

    <b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</...
  16. スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル) スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > 文芸小説
    990(税込)

    作品内容

    すべてのアスリート、ビジネスマンに贈る! 伝説のバスケ漫画が教える勝利の方程式。人生に必要なことはすべて「ここ(スラムダンク)」にあった! スポーツも、人生も、ただガンバルだけでは意味がない。ス...
  17. なぜ、その英語では通じないのか?(集英社インターナショナル) なぜ、その英語では通じないのか?(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > 文芸小説
    1,056(税込)

    作品内容

    英語でバージン・ロードは「完成したての道路」! 読書はhobbyとは言えない!! 「リベンジ」は“取り扱い注意”のカタカナ英語だ!!! ミリオンセラー・シリーズ『日本人の英語』のマーク・ピーター...
  18. ONE PIECE勝利学(集英社インターナショナル) ONE PIECE勝利学(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > 文芸小説
    1,287(税込)

    作品内容

    ONE PIECEのリアリティにせまる! ONE PIECEと海賊の真実にせまる! ONE PIECEで人生に勝利する! ギネスブックにも載る世界的人気コミック『ONE PIECE』に関するミス...
  19. 日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル) 日本語を作った男 上田万年とその時代(集英社インターナショナル) 小説・文芸 > 文芸小説
    2,024(税込)

    作品内容

    明治維新を迎え「江戸」が「東京」となった後も、それを「とうきやう」とか「とうけい」と様々に呼ぶ人がいた。明治にはまだ「日本語」はなかったのである。「日本語(標準語)」を作ることこそが国(国家とい...
  20. 「悪」の進化論 ダーウィニズムはいかに悪用されてきたか 「悪」の進化論 ダーウィニズムはいかに悪用されてきたか ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    2,970(税込)

    作品内容

    現代科学を根底から変えた進化論──そこには語られざる「暗黒面」があった。生物学のみならず、現代史をも変えてしまったダーウィニズムの功罪を、神学、西洋哲学史、資本論などの観点から、現代日本を代表す...