ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード

講談社+α新書 一覧

120/全441

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 「増やすより減らさない」老後のつくり方 「増やすより減らさない」老後のつくり方 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    770(税込)

    作品内容

    年金生活も視野に入る50、60代の投資のキーワードは「減らさないこと」。とはいえ、減らさないために節約してばかりでは充実した老後も覚束ない。「減らさない」投資、資金運用で「買うチカラ」を維持、拡...
  2. 夫婦という他人 夫婦という他人 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    825(税込)

    作品内容

    「結婚する気がなかった」ベストセラー作家・下重暁子氏が、つれあいとの45年の結婚生活を経てたどりついた真実の「愛」とは──? 2040年には日本人の4割が一人暮らしの時代がやってきます。結婚して...
  3. AIで私の仕事はなくなりますか? AIで私の仕事はなくなりますか? ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    880(税込)

    作品内容

    83歳になった田原総一朗が、人工知能(AI)に挑む。AIは社会をどう変えるのか? AIによって人間はどう変わるのか? 「AIは、言葉が難しくてわからないよ」という田原氏が、ゼロから人工知能の世界...
  4. ガンもボケも逃げ出す「人生のテーマ」の見つけ方 おカネをかけずに100歳まで元気な生活術 ガンもボケも逃げ出す「人生のテーマ」の見つけ方 おカネをかけずに100歳まで元気な生活術 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    825(税込)

    作品内容

    「100歳まで元気」の秘密を研究した、著者の集大成! 人間は心の生き物。一生追いかけるテーマを30〜40歳代で見つければ、自然に体も健康になる! 加えて、ほんのちょっとした食事術と病院術と健康法...
  5. 30%OFF
    「寅さん」が愛した汽車旅 「寅さん」が愛した汽車旅 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    500(税込)

    作品内容

    寅さんの旅にはいつも鉄道があり、寅さんは小さなローカル線を愛し、温かい目で鉄道を見つめていた。私はこれまで寅さんが訪れた全国各地の町をほとんど訪れたが、寅さん亡き現在、無性に寅さんに会いたくなっ...
  6. がん消滅 がん消滅 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    935(税込)

    作品内容

    「がん」はもう怖くない時代に――。超高速で進化するゲノム医療と免疫療法の最前線から、これまで治療できなかったがんを克服する具体的スキームをわかりやすく紹介する。「患者目線のAI医療」の可能性も例...
  7. 自分の好きな物だけ食べれば病気は治る・防げる 自分の好きな物だけ食べれば病気は治る・防げる ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    825(税込)

    作品内容

    著者の集大成ともいえる、医者と関わらない生活術は「偏食のススメ」。人間の体に宿っている本能、すなわち「体の声」を蘇らせ、楽しく食べ、元気に生き、人生を謳歌する方法! 自由に好きなものを食べられる...
  8. 2020年以降の業界地図 東京五輪後でもぐんぐん伸びるニッポン企業 2020年以降の業界地図 東京五輪後でもぐんぐん伸びるニッポン企業 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    880(税込)

    作品内容

    「業界地図」シリーズで、知られざる優良企業を発掘して人気の東洋経済編集委員が、「投資するなら日本の未来に投資しよう」と、優良企業を上場企業中心に厳選。「これから本格化する電気自動車関連」「外国人...
  9. 50歳からは「筋トレ」してはいけない 何歳でも動けるからだをつくる「骨呼吸エクササイズ」 50歳からは「筋トレ」してはいけない 何歳でも動けるからだをつくる「骨呼吸エクササイズ」 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    825(税込)

    作品内容

    いまだに「筋肉神話」から抜けられない医療・リハビリ・健康の世界に警鐘を鳴らし、骨をベースにした独自のエクササイズで、多くの中高年のからだを劇的に改善してきた著者が、日常できる20個のエクササイズ...
  10. 退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    715(税込)

    作品内容

    退職金で失敗して老後資金を大きく減らし、「人生90年」時代にもかかわらず、60~70代で資産が底を突き、「あとは年金だけ」になる人が増えている。「定年まであと×年」「退職金をもらったら逃げ切るだ...
  11. 起業するより会社は買いなさい サラリーマン・中小企業のためのミニM&Aのススメ 起業するより会社は買いなさい サラリーマン・中小企業のためのミニM&Aのススメ ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    880(税込)

    作品内容

    ベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』でも取り上げられたネットでM&Aを仲介するサイト・トランビ。すでに会員数1万件を超え、続々と成約案件が増えている。自営業者やリタイ...
  12. いらない保険 生命保険会社が知られたくない「本当の話」 いらない保険 生命保険会社が知られたくない「本当の話」 ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    880(税込)

    作品内容

    その保険、本当に必要ですか? 保険は契約時の約款に書いていることしかカバーしてくれません。たとえば若い時代に終身保険を契約して、70歳、80歳になった時、内容がすべて「陳腐化」している恐れも。後...
  13. 霊峰富士の力 日本人がFUJISANの虜になる理由 霊峰富士の力 日本人がFUJISANの虜になる理由 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    770(税込)

    作品内容

    2月23日は、富士山の日。「祝・世界遺産」の大々的なイベントが開かれ、さらなる注目を集める。本書は、富士山に登らなくても楽しめる文化遺産的ウンチクと他書では紹介されない怪しいスポット、願いごとを...
  14. 「還暦」に赤いちゃんちゃんこはなぜ? 冠婚葬祭と陰陽五行の謎 「還暦」に赤いちゃんちゃんこはなぜ? 冠婚葬祭と陰陽五行の謎 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    715(税込)

    作品内容

    伝統行事に託された「明日の幸福」。干支や暦、しきたりの「なぜ? 」がよくわかる。若い人も「なぜ」「どうして」と興味を持つ「昔から行われてきた風習」の意味と由来。
  15. 台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」 台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    770(税込)

    作品内容

    退職後の新聞記者が、通って、見て、触れ合った親日台湾の実情。そこには、日本人が忘れてしまった「日本」がいまも息づいています。読むと行きたくなる台湾史探訪記!
  16. 「数式思考」の技術 「知的生産力」を10倍アップさせるフレームワーク 「数式思考」の技術 「知的生産力」を10倍アップさせるフレームワーク ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    770(税込)

    作品内容

    数式や公式は万国共通。日本人でもアメリカ人でも1は1、2は2です。すなわち、だれがやっても、どこでやっても、いつやっても、必ず同じ結果になるというわけです。もし、一流の仕事のコツや秘訣を数式や公...
  17. 誰も知らなかった賢い国カナダ 誰も知らなかった賢い国カナダ ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    825(税込)

    作品内容

    超大国アメリカの陰に隠れて、カナダとアメリカの違いを説明できない人も多いことであろう。たしかに、両国とも主要言語が英語であったり、政治経済的には自由民主主義、資本主義であり、共通点は多い。しかし...
  18. 国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか 国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    935(税込)

    作品内容

    「観光立国論」を提唱して訪日外国人観光客激増のきっかけをつくり、「所得倍増論」で最低賃金引き上げによる日本経済再生をとき、「生産性革命」によって日本企業と日本人の働き方の非合理性を指摘した論客が...
  19. 「脊柱管狭窄症」が怖くなくなる本 20歳若返る姿勢と生活の習慣 「脊柱管狭窄症」が怖くなくなる本 20歳若返る姿勢と生活の習慣 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    715(税込)

    作品内容

    新しい国民病のひとつと言われる「脊柱管狭窄症」。その仕組みと、予防/症状を緩和する動作や生活習慣及び、自分で簡単にできる体操について紹介。痛み、しびれ、脱力感、便秘など、これまで原因がよくわから...
  20. 食べる日本語 食べる日本語 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    715(税込)

    作品内容

    ほんとうに、日本語はそんなにむつかしいのでしょうか。乱れているのでしょうか。そうだとすれば、そのむつかしい日本語を正しく、巧みに使いこなすにはどうすればいいのか。かつては「豊葦原瑞穂国(とよあし...