• OFF
  • ON
シークレットモード

講談社文芸文庫 一覧

120/全598

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. わが美的洗脳 大岡昇平芸術エッセイ集 わが美的洗脳 大岡昇平芸術エッセイ集 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,562(税込)

    作品内容

    14歳、初めて聴いたベートーヴェン「第五」に一撃を喰らい、26歳、スタンダールの手引きで出合った「フィガロ」に震駭、熱烈なモーツァルティアンに。その音楽の魅力を音符にまで遡って究めんと50歳を過...
  2. 読書と人生 読書と人生 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,254(税込)

    作品内容

    なにを、どう読み、いかに生きるか。真摯な問いかけが深い感動を呼ぶ、永遠の読書論。ファシズムに抗し獄死した近代日本を代表する哲学者による読書案内であり、秀逸な人生論でもある。混迷の時代を生きる現代...
  3. 風と光と二十の私と 風と光と二十の私と 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,672(税込)

    作品内容

    “余は偉大なる落伍者となって歴史のなかによみがえる”雪の国新潟の教室の机に彫って上京し、あえて、孤独な自己鍛練の世界に彷徨する、“精神の巨人”坂口安吾の繊細にして豪放、聖にして俗の、ダイナミック...
  4. 北京飯店旧館にて 北京飯店旧館にて 小説・文芸 > 文芸小説
    1,540(税込)

    作品内容

    「きみは、人類という立場に立てますか?」日本占領下の北京で出会った中国の友は、謎の問いを残し戦地に消えた。またある友は、文化大革命で迫害を受け窮死。41年の歳月を経て、青春の地・北京に還った作家...
  5. 夏の栞―中野重治をおくる― 夏の栞―中野重治をおくる― 小説・文芸 > 文芸小説
    1,254(税込)

    作品内容

    文学的友情で支え合った中野重治との永遠の別れ。熱く深い思いで綴る感動の名作。――1979年8月、作家中野重治が逝去した。中野重治に小説家として見出された佐多稲子は、この入院と臨終に至るまでの事実...
  6. 星と月は天の穴 星と月は天の穴 小説・文芸 > 文芸小説
    979(税込)

    作品内容

    結婚生活に失敗した独り暮しの作家矢添と画廊で知り合った女子大生紀子との奇妙な交渉。矢添の部屋の窓下に展がる小公園、揺れるブランコ。過去から軋み上る苦い思い出……。明晰・繊細な文体と鮮やかな心象風...
  7. 木喰上人 木喰上人 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,881(税込)

    作品内容

    かつてない表情をたたえる木喰仏に一目で魅入られた著者の情熱が、上人が生地に書き残した記録の発見という僥倖を呼び、後半生をかけた五千里にも及ぶ廻国修行で千躰以上の仏躯を刻んだという、江戸後期の知ら...
  8. アヴァンギャルド芸術 アヴァンギャルド芸術 ビジネス・実用等 > その他すべて
    990(税込)

    作品内容

    常に時代を“転形期”として捉え、前近代的なもの、B級の芸術を否定的媒介にして“モダニズム”を超える思考の提出。世界の秀れた前衛の思想をラジカルに踏んだ強力な視座、常にダイナミックな“変革”を志す...
  9. 兵隊宿 兵隊宿 小説・文芸 > 文芸小説
    979(税込)

    作品内容

    乗船直前、自分の家に泊った3人の出征将校の姿に、未知の大人たちの世界を知り微妙に変わる少年の心の襞。川端康成文学賞受賞「兵隊宿」と、「少年の島」「流線的」「緋鯉」「虚無僧」ほか共通の主人公による...
  10. 女の宿 女の宿 小説・文芸 > 文芸小説
    946(税込)

    作品内容

    大阪に住む友人の女流画家とその義妹の家に宿をかりた私。そこに偶然訪れた二人の女客。隣家から響く無遠慮な女の声。さりげない日常の中に、時代の枠に縛られながら慎しく生きる女たちの不幸と哀しみとを刻み...
  11. 酒と戦後派 人物随想集 酒と戦後派 人物随想集 小説・文芸 > 文芸小説
    1,771(税込)

    作品内容

    「近代文学」創刊同人(荒正人、平野謙、佐々木基一、小田切秀雄、山室静、本多秋五)、藤枝静男、野間宏、原民喜、堀辰雄、椎名麟三、梅崎春生、高橋和巳、三島由紀夫、大江健三郎、安岡章太郎、辻邦生、石川...
  12. 朝霧・青電車その他 朝霧・青電車その他 小説・文芸 > 文芸小説
    1,023(税込)

    作品内容

    16歳での懸賞小説当選作(「活版屋の話」)。18歳の懸賞脚本当選作(「出産」)。19歳の時の文壇出世作「黒い御飯」。早熟の才能明らかな最初期から、第2回横光賞「朝霧」や、「花火」「青電車」に到る...
  13. 山躁賦 山躁賦 小説・文芸 > 文芸小説
    1,562(税込)

    作品内容

    確かなものに思われた日常の続きをふと見失った「私」は、病み上がりのけだるい心と体で、比叡高野等の神社仏閣を巡る旅に出る。信仰でも物見遊山でもない中ぶらりんの気分で未だ冬の山に入った「私」を囲み躁...
  14. 自分の羽根 自分の羽根 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,463(税込)

    作品内容

    小学生の娘と羽根つきをした微笑ましいエピソードに続けて、「私の羽根でないものは、打たない」、私の感情に切実にふれることだけを書いていく、と瑞々しい文学への初心を明かす表題作を始め、暮らしと文学を...
  15. しあわせ/かくてありけり しあわせ/かくてありけり 小説・文芸 > 文芸小説
    990(税込)

    作品内容

    母と別れた父親の“果たせぬ夢”であった慶応幼稚舎に入学。しかし母は芸者屋の主人でありみずから左褄もとっていたので、家業や住所は“秘匿”する習性がついていた。幼時・少年時に住んだ土地を訪ねるに始ま...
  16. 未成年・桃 阿部昭短篇選 未成年・桃 阿部昭短篇選 小説・文芸 > 文芸小説
    1,562(税込)

    作品内容

    敗戦で失職した元海軍大佐の父。時代に背を向け不器用に生きた父と家族の「戦後」を、激情を内に秘めた簡潔な表現で描いた「未成年」(「父と子の連作」の一)。幼年期の記憶のヴェールに揺曳する一情景を、繊...
  17. 底ぬけビンボー暮らし 底ぬけビンボー暮らし 小説・文芸 > 文芸小説
    1,771(税込)

    作品内容

    「売れないものかき」の松下センセは書くのも遅い。過去の著作はどんどん品切れ重版未定の絶版扱いになり、病を押して散発的な注文原稿をこなしても生活は綱渡りだ。そんな作家が一番大事にしているのは夕方の...
  18. 写生の物語 写生の物語 小説・文芸 > 文芸小説
    1,672(税込)

    作品内容

    『万葉集』や『おもろさうし』に特徴的でその後は顧みられなくなった語法、子規や啄木など明治期歌人の試み、また塚本邦雄・岡井隆といった現代前衛歌人の新作、そして俵万智『チョコレート革命』に至るまでの...
  19. 偉大なる暗闇――師 岩元禎と弟子たち 偉大なる暗闇――師 岩元禎と弟子たち 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    990(税込)

    作品内容

    夏目漱石が『三四郎』の“偉大なる暗闇”広田先生のモデルとしたとの“伝説”の旧制一高独逸語教授・岩元禎。頑固一徹、情容赦なく落第点をつける徹底した厳格さの古典的理想主義の哲学者。その変り者の生涯と...
  20. 濁った激流にかかる橋 濁った激流にかかる橋 小説・文芸 > 文芸小説
    1,562(税込)

    作品内容

    激流によって分断された町の右岸と左岸。それをつなぐ唯一の異形の橋。かつての小川は氾濫をくり返し、川幅は百倍にもなり、唯一の橋は拡張に拡張を重ね、その全貌を把握できぬほどの複雑怪奇さを示す。そして...