• OFF
  • ON
シークレットモード

筑摩選書 一覧

120/全86

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 生きづらさからの脱却 ──アドラーに学ぶ 生きづらさからの脱却 ──アドラーに学ぶ ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,540(税込)

    作品内容

    人が生きるのに楽であった時代はないかもしれない。それは物質的に満たされたかに見える現代も同様だ。神経症となって現れるわれわれの悩みや不安を解消するには、それらがどんな成り立ちを持っているかを知り...
  2. 帝国軍人の弁明 ──エリート軍人の自伝・回想録を読む 帝国軍人の弁明 ──エリート軍人の自伝・回想録を読む 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,430(税込)

    作品内容

    昭和の戦争を経験した陸軍軍人たちが書き残した書物は数多い。そこには開戦から終戦に至るまでの生々しい経緯、帝国陸軍内の空気、さらには戦後思想への評価など、当事者でしか描きえない貴重な証言の数々が見...
  3. 「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論 「窓」の思想史 ──日本とヨーロッパの建築表象論 ビジネス・実用等 > その他すべて
    1,540(税込)

    作品内容

    建築物に欠かせない「窓」。この身近な建築表象を歴史的にふりかえってみたとき、どのような相貌があらわれてくるのだろうか。日本とヨーロッパの様々な文物を織り交ぜながら、その土地に住まう人々が窓の造形...
  4. 不均衡進化論 不均衡進化論 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,540(税込)

    作品内容

    生物は、遺伝子に偶然生じた突然変異によって進化する。だが、突然変異の多くは有害だ。偶然にまかせていては、進化どころか絶滅してしまうのではないか? この矛盾を解く鍵は、DNAが自己複製の際に見せる...
  5. 「もしもあの時」の社会学 ──歴史にifがあったなら 「もしもあの時」の社会学 ──歴史にifがあったなら ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,540(税込)

    作品内容

    歴史にifはないと言われる。そうだろうか?「もしもあの時、~だったなら」というifの思考は、ある時代を生きた人々の、実現しなかった願望、失敗に終わった計画など、「ありえたかもしれない未来」の把握...
  6. 大乗経典の誕生 ──仏伝の再解釈でよみがえるブッダ 大乗経典の誕生 ──仏伝の再解釈でよみがえるブッダ ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    日本仏教の源流にある大乗仏教。しかし、その経典群は、ブッダ自身が説いたものではない。ブッダ入滅後、数百年後に作られたものなのだ。どうしてそのような文献が、権威を持ち、仏教史の中で大きな影響力を持...
  7. 刺さる言葉 ──「恐山あれこれ日記」抄 刺さる言葉 ──「恐山あれこれ日記」抄 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,540(税込)

    作品内容

    死者を想うとはどういうことか。生きることの苦しみは何に由来するのか。曹洞禅の根本道場・永平寺に二十年、死者供養の聖地・霊場恐山に十年、“生きて在ること”の根源を問い続ける著者のブログ「恐山あれこ...
  8. 紅白歌合戦と日本人 紅白歌合戦と日本人 ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
    1,595(税込)

    作品内容

    今なお、四〇パーセント台の視聴率を誇る、紅白歌合戦。「紅白」の歩みは、私たち日本人の歩みでもあった。美空ひばり、坂本九、山口百恵、都はるみ、SMAP、美輪明宏……。大晦日の夜、時代を彩る歌手が一...
  9. ソ連という実験 ──国家が管理する民主主義は可能か ソ連という実験 ──国家が管理する民主主義は可能か ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,705(税込)

    作品内容

    社会主義国家ソ連は、計画経済を行っていたが、すべてを「国家」が運営しきることはできず、「社会」との協働を模索していた。また、「一党制」でありながら、民意をまったく無視して政治を行うことはできず、...
  10. 中華帝国のジレンマ ──礼的思想と法的秩序 中華帝国のジレンマ ──礼的思想と法的秩序 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,430(税込)

    作品内容

    いまや中国は世界有数の経済大国となったが、中国を相手にする企業・政府は、彼らの無法で無礼な振る舞いにたびたび困惑させられる。しかし、そもそもかの国は、孔子を筆頭とする礼の思想の発祥地であり、古く...
  11. ローティ ──連帯と自己超克の思想 ローティ ──連帯と自己超克の思想 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    プラグマティズムの最重要な思想家として、いま再び注目を集めるリチャード・ローティ。その政治的・社会的言説は、『哲学と自然の鏡』等の論著が提示する近現代哲学批判と通底している。彼の哲学は、絶対的真...
  12. メソポタミアとインダスのあいだ ──知られざる海洋の古代文明 メソポタミアとインダスのあいだ ──知られざる海洋の古代文明 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    大河の恵みを受け、メソポタミアには人類最古の文明が誕生した。そこは農産物こそ豊富だったが、木材、石材、金属などの必要物資はほとんどなく、すべて遠隔地からの輸入に頼っていた。輸送を担ったのはアラビ...
  13. 芭蕉 最後の一句 ──生命の流れに還る 芭蕉 最後の一句 ──生命の流れに還る 小説・文芸 > 文芸小説
    1,595(税込)

    作品内容

    旅に病んで夢は枯野をかけめぐる──松尾芭蕉、最後の句として知られる死の四日前深夜の「病中吟」である。日々旅にして旅を栖とした俳聖の、最期のイメージに相応しい。けれども実はその翌朝、弟子二人を枕頭...
  14. 戦後思想の「巨人」たち ──「未来の他者」はどこにいるか 戦後思想の「巨人」たち ──「未来の他者」はどこにいるか ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    脱政治化が進む日本において、吉本隆明や工藤淳らによって担われた戦後は特殊日本的なものとして急速に色褪せてきている。一方で「巨人」たちの時代の終焉を見届けた柄谷行人以降、戦後の思想空間は変容しつつ...
  15. フランス革命の志士たち ──革命家とは何者か フランス革命の志士たち ──革命家とは何者か ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,540(税込)

    作品内容

    混迷の時代に現れる革命家。彼らの語った壮大な理想とその言葉、その生き様はいまもわれわれを惹きつけてやまない。近代を切り開いたフランス革命にも、多くの革命家が現れては散っていった。彼らは何を夢見、...
  16. 哲学で何をするのか ──文化と私の「現実」から 哲学で何をするのか ──文化と私の「現実」から ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    哲学は断じて浮世離れした学問などではない。これこそ、現実と切結び、それを新たなまなざしでとらえかえすための最高の道具なのだ。ニーチェの思想“パースペクティズム”を軸にして、私たちが一見自明に思っ...
  17. 武道的思考 武道的思考 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,540(税込)

    作品内容

    「いのちがけ」の事態を想定し、高度な殺傷術として洗練されてきた日本の武道。幕末以来、武道はさまざまな歴史的淘汰にさらされ、それに耐え、そのつど「変身」を遂げつつ生き延びてきた。本来の意味は失われ...
  18. 孔子と魯迅 ──中国の偉大な「教育者」 孔子と魯迅 ──中国の偉大な「教育者」 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,815(税込)

    作品内容

    戦乱の世に仁義道徳を主張して学団を組織し、志士仁人の道を説いた中国古代の思想家・孔子と、民国初期の植民地化という危機を背景に、国民性の改革をめざした魯迅。中国史の豊かな素養を背景に、彼らの活動に...
  19. 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか 利他的な遺伝子 ──ヒトにモラルはあるか 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    1,540(税込)

    作品内容

    現代社会は利己主義がはびこっているように見える。しかし人は、しばしば自分の身を危険にさらしても他人を助けようとし、困っている人を助けたいと願う。この利他的な感情はどこから生まれてきたのだろうか。...
  20. 戦略的思考の虚妄 ──なぜ従属国家から抜け出せないのか 戦略的思考の虚妄 ──なぜ従属国家から抜け出せないのか ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,595(税込)

    作品内容

    地政学がブームとなっている。八〇年代には戦略論がもてはやされていた。にもかかわらず、日本人に戦略的思考は身につかず、政府の外交力も向上していない。一体なぜなのか。この問いに応えるべく、ベストセラ...