ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード

岩波文庫 一覧

120/全275

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 柿の種 柿の種 小説・文芸 > 文芸小説
    770(税込)

    作品内容

    日常のなかの不思議を研究した物理学者で、随筆の名手としても知られる寺田寅彦の短文集。大正9年に始まる句誌「渋柿」への連載から病床での口授筆記までを含む176篇。「なるべく心の忙(せわ)しくない、...
  2. 硝子戸の中 硝子戸の中 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    自己を語ることに寡黙であった漱石が「自分以外にあまり関係のない詰らぬ」事を書くとことわって書いた連作エッセー。記憶の底に沈んでいる体験や回想に光をあてることで静謐にして一種不思議な明るさに充ちた...
  3. 魔の山 魔の山 小説・文芸 > 文芸小説
    1,210 ~ 1,320(税込)

    作品内容

    平凡無垢な青年ハンス・カストルプははからずもスイス高原のサナトリウムで療養生活を送ることとなった。日常世界から隔離され、病気と死が支配するこの「魔の山」で、カストルプはそれぞれの時代精神や思想を...
  4. ガリア戦記 ガリア戦記 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    946(税込)

    作品内容

    カエサル(前一〇二頃―前四四)率いるローマ軍のガリア(今のフランス)遠征の記録。現地から彼が送る戦闘の記録はローマ全市を熱狂のるつぼに化したという。七年にわたる激闘を描いたこの書物こそ、文筆家カ...
  5. 道草 道草 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    『道草』は漱石唯一の自伝小説だとする見方はほぼ定説だといってよい。すなわち、『猫』執筆前後の漱石自身の実体験を「直接に、赤裸々に表現」したものだというのである。だが実体験がどういう過程で作品化さ...
  6. 鴎外随筆集 鴎外随筆集 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    幕末、津和野藩の下級武士の子として生まれた森鴎外(1862−1922)は、藩校で漢籍を学び、上京して東大医学部で学んだ。軍医総監に上りつめ、最後は帝室博物館長として没した公的生活と小説家鴎外−封...
  7. ラ・ロシュフコー箴言集 ラ・ロシュフコー箴言集 小説・文芸 > 文芸小説
    1,067(税込)

    作品内容

    「われわれの美徳は、ほとんどの場合、偽装した悪徳に過ぎない」――よく知られたこの一句が示すように、ラ・ロシュフコー(一六一三―八〇)の箴言は、愛・友情・勇気など美名の下にひそむ打算・自己愛という...
  8. 倫敦塔・幻影の盾 他五篇 倫敦塔・幻影の盾 他五篇 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    留学体験に取材した『倫敦塔』、日露戦争にまつわる怪談『趣味の遺伝』、アーサー王時代の物語『幻影の盾』など七つの短篇。同時期の『猫』と全く異質なこれらの作品の世界はユーモアや諷刺の裏側にひそむ漱石...
  9. 西遊記 西遊記 小説・文芸 > 文芸小説
    1,056 ~ 1,100(税込)

    作品内容

    東勝神洲傲来国は花果山にて石の卵から生れたサル、やがて仙術を身につけ故郷で王様になるも飽き足らず、招かれ出向いた天界では札付きの問題児。不老長生の蟠桃を盗み食い、玉帝の宴席を荒らして大暴れ、とう...
  10. イワン・イリッチの死 イワン・イリッチの死 小説・文芸 > 文芸小説
    418(税込)

    作品内容

    一官吏が不治の病にかかって肉体的にも精神的にも恐ろしい苦痛をなめ、死の恐怖と孤独にさいなまれながら諦観に達するまでを描く。題材には何の変哲もないが、トルストイの透徹した観察と生きて鼓動するような...
  11. 河童 他二篇 河童 他二篇 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    「河童」は、ある精神病患者の談話を筆録したという形で書かれたユートピア小説。ここに描かれた奇妙な河童の国は、戯画化された昭和初期の日本社会であり、また、生活に、創作に行きづまっていた作者の不安と...
  12. ランボオ詩集 ランボオ詩集 小説・文芸 > 文芸小説
    770(税込)

    作品内容

    ランボオ(1854―1891)と中原中也(1907―1937)。早熟早世の二人の詩人の個性がぶつかり合って生まれた〈化合物〉とも言うべき訳詩集。中也は自らの詩人としての嗅覚を頼りにランボオの詩を...
  13. アポロドーロス ギリシア神話 アポロドーロス ギリシア神話 小説・文芸 > 文芸小説
    858(税込)

    作品内容

    従来紹介されてきたギリシア神話は、のちのヘレニズム時代の感傷主義の影響を受けた甘美な物語が多い。ここにアポロドーロスが伝える神話伝説は純粋に古いギリシアの著述を典拠とした、いわばギリシア神話の原...
  14. 密林の語り部 密林の語り部 小説・文芸 > 文芸小説
    946(税込)

    作品内容

    都会を捨て、アマゾンの密林の中で未開部族の「語り部」として転生する一人のユダヤ人青年……。インディオの生活や信条、文明が侵すことのできない未開の人々の心の砦を描きながら、「物語る」という行為のも...
  15. プラグマティズム プラグマティズム ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    924(税込)

    作品内容

    プラグマティズムは、もっともアメリカ的なものの考え方であり、今日のアメリカ資本主義社会とその文化を築き上げてきた基調である。本書は、このような考え方を初めて体系づけ、ヨーロッパの伝統的な思考方法...
  16. 五重塔 五重塔 小説・文芸 > 文芸小説
    440(税込)

    作品内容

    技量はありながらも小才の利かぬ性格ゆえに、「のっそり」とあだ名で呼ばれる大工十兵衛。その十兵衛が、義理も人情も捨てて、谷中感応寺の五重塔建立に一身を捧げる。エゴイズムや作為を超えた魔性のものに憑...
  17. 海上の道 海上の道 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    990(税込)

    作品内容

    遠い昔、日本民族の祖先たちはいかなる経路をたどってこの列島に移り住んだか。彼らは稲作技術を携えて遥か南方から「海上の道」を北上し、沖縄の島づたいに渡来したのだ……。ヤシの実の漂着・宝貝の分布・ネ...
  18. 漱石俳句集 漱石俳句集 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    漱石は親友子規の感化で俳句をつくり生涯におよそ二六○○句を残している。明治二十八~三十二年はとりわけ熱心に作句にはげんだ時期で、子規はこの頃の漱石の俳句を評して意匠が斬新で句法もまた自在だといっ...
  19. 人間とは何か 人間とは何か 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    老人と青年の対話の形で書かれたマーク・トウェイン晩年の著作。人生に幻滅している老人は、青年に向かって、人間の自由意志を否定し、人間は完全に環境に支配されながら自己中心の欲望で動く機械にすぎないこ...
  20. 銀の匙 銀の匙 小説・文芸 > 文芸小説
    616(税込)

    作品内容

    なかなか開かなかった茶箪笥の抽匣(ひきだし)からみつけた銀の匙。伯母さんの無限の愛情に包まれて過ごした日々。少年時代の思い出を中勘助(1885−1965)が自伝風に綴ったこの作品には、子ども自身...