• OFF
  • ON
シークレットモード

小学館新書 一覧

120/全206

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 話す力(小学館新書) 話す力(小学館新書) ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    550(税込)

    作品内容

    著名人の豊富な事例に学ぶ、心伝わる話し方。<br><br>話し方のプロ、草野仁が話し方の全てを公開します! あいさつから始まって、初対面の人との接し方や、苦手な人と話すコツ、謝り方、雑談力、スピ...
  2. <新版>ユダヤ5000年の教え(小学館新書) <新版>ユダヤ5000年の教え(小学館新書) ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    836(税込)

    作品内容

    “成功者”の知恵を盗め!<BR><BR>250万語、70巻1万2000ページに及ぶユダヤ教の聖典『タルムード』。『旧約聖書』の解釈についてラビ(僧侶)たちがブレーンストーミングをした記録をまとめ...
  3. 新史論/書き替えられた古代史(小学館新書) 新史論/書き替えられた古代史(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    550 ~ 858(税込)

    作品内容

    日本書紀は何を隠したか?新史論スタート! 日本人とは、天皇とはなにか?それを知るには古代に遡らなくてはならない。しかし、日本の古代史はなかなか解明されない。「それは、日本書紀がヤマト建国の詳細...
  4. 元号って何だ? ~今日から話せる247回の改元舞台裏~(小学館新書) 元号って何だ? ~今日から話せる247回の改元舞台裏~(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    880(税込)

    作品内容

    いちばん楽しめる元号本。<br><br>元号に関する素朴な疑問に答える入門書。<br>そしていまいちばん楽しめる元号本。<br><br>平成→昭和→大正→明治まではさかのぼれるけれど、<br>明...
  5. さいはての中国(小学館新書) さいはての中国(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    902(税込)

    作品内容

    行ってはいけない!!<br><br>アジアのシリコンバレー・深センをさまようネトゲ廃人、広州に出現したアフリカ人村、内モンゴルの超弩級ゴーストタウン、謎のゆるキャラ勢揃いの共産党テーマパークなど...
  6. 韓国を蝕む儒教の怨念 ~反日は永久に終わらない~(小学館新書) 韓国を蝕む儒教の怨念 ~反日は永久に終わらない~(小学館新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    李朝時代からの歴史が解れば韓国が見える。<br><br> 元徴用工に対する日本企業への賠償判決や従軍慰安婦問題合意の一方的破棄、自衛隊機へのレーダー照射……。なぜ、韓国は次々と日本を目の敵にする...
  7. 「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書) 「北斗星」乗車456回の記録(小学館新書) ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    792(税込)

    作品内容

    廃止までに乗れる人も、乗れない人も必読。<br><br>最後のブルートレインである『北斗星』が、2015年3月で定期運行を終えるとの報道が大きく伝えられ、鉄道ファンはもとより、北斗星やブルートレ...
  8. 我が人生の応援歌 ~日本人の情緒を育んだ名曲たち~(小学館新書) 我が人生の応援歌 ~日本人の情緒を育んだ名曲たち~(小学館新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    990(税込)

    作品内容

    思い出深い昭和歌謡にまつわるエッセイ集。<br><br> 大ベストセラー『国家の品格』の著者・藤原正彦氏による、エッセイ集です。<br> 藤原氏自らが明治から昭和期の歌謡曲、詩歌を厳選。詩、メロ...
  9. ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    858(税込)

    作品内容

    「いじめ」を脳科学する。<br><br>「子どものいじめ撲滅」に向けて、大人たちが尽力している一方で、大人社会でも「パワハラ」「セクハラ」などの事件が後を絶ちません。しかし、「脳科学的に見て、い...
  10. 深海生物 捕った、育てた、判った! “世界唯一の深海水族館”館長が初めて明かす(小学館101ビジュアル新書) 深海生物 捕った、育てた、判った! “世界唯一の深海水族館”館長が初めて明かす(小学館101ビジュアル新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    1,430(税込)

    作品内容

    誰にも書けない「深海生物観察記」。<br><br>著者の石垣幸二さんは、世界にも類のない深海水族館『沼津港深海水族館』の館長であり、一方で、世界中の水族館や研究施設からの依頼で希少な海洋生物を納...
  11. 忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書) 忍びの滋賀~いつも京都の日陰で~(小学館新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    滋賀県愛あふるるエッセイ。<br><br>通過してても気づかない!?<br>NHK朝ドラ『スカーレット』の舞台は、日本一スルーされる県だった!<br><br>・実は琵琶湖が何県にあるのか知らない...
  12. 娘のトリセツ(小学館新書) 娘のトリセツ(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    902(税込)

    作品内容

    妻、夫に続く「家族のトリセツ」第3弾!<br><br>ベストセラー『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』に続く<br>「家族のトリセツ」シリーズ待望の第3弾は<br>父親のための『娘のトリセツ』。<b...
  13. 働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書) 働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書) ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    902(税込)

    作品内容

    「社会の前提」は、すべて変わった。<br><br>「コロナ」によって、社会の前提がすべて変わった。<br>2020年、我々の「働き方」は大変革を迫られた。<br>リモートワークによって使える人的...
  14. 魚はすごい(小学館新書) 魚はすごい(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    990(税込)

    作品内容

    生存能力に長けた魚たちの驚きの世界!<br><br>約400年生きる、「脊椎動物界のご長寿さん」ニシオンデンザメや、奄美大島沖の海底でミステリーサークルをつくりメスにアピールするアマミホシゾラフ...
  15. 上級国民/下級国民(小学館新書) 上級国民/下級国民(小学館新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    902(税込)

    作品内容

    やっぱり本当だった。<br><br> いったん「下級国民」に落ちてしまえば、「下級国民」として老い、死んでいくしかない。幸福な人生を手に入れられるのは「上級国民」だけだ──。これが現代日本社会を...
  16. 知らないと損する給与明細(小学館新書) 知らないと損する給与明細(小学館新書) ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    858(税込)

    作品内容

    税務署員もやっている手取り増額術を公開!<BR><BR> ビジネスパーソンなら、毎月必ずもらっている給与明細。しかし、実際には、総支給額と振込金額だけ確認してあとはポイッ、としている人の方が多い...
  17. 麻布という不治の病 ~めんどくさい超進学校~(小学館新書) 麻布という不治の病 ~めんどくさい超進学校~(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    968(税込)

    作品内容

    底抜けに自由なのに東大にバンバン入る内幕。<br><br>東京都港区にある麻布中学校・高等学校は「自由な学校」の代名詞として知られている。制服もなければ校則もない。不文律として「授業中の出前禁止...
  18. 中国人が選んだワースト中国人番付−やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ−(小学館新書) 中国人が選んだワースト中国人番付−やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ−(小学館新書) ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    550(税込)

    作品内容

    「中国人民よ、専制は必ず滅亡する!」 安倍総理の靖国参拝で、「日中関係はこれまでにないほど悪化した」と言われている。しかし、2013年暮れの靖国参拝でも尖閣国有化1周年、満州事変記念日にも反日...
  19. ヒトラーの正体(小学館新書) ヒトラーの正体(小学館新書) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    ヒトラーはいまも生きている!<br><br>アドルフ・ヒトラー。20世紀最恐と言っていい暴君ですが、一方で彼が当時最も民主的な国家といわれた「ワイマール共和国」から生まれた事実を忘れてはいけませ...
  20. 僕たちはもう働かなくていい(小学館新書) 僕たちはもう働かなくていい(小学館新書) ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
    902(税込)

    作品内容

    AI格差時代を勝ち抜きたいなら、働くな!<br><br>AIやロボットに仕事を奪われる……ある意味では、事実だろう。<br>だが、奪われるという発想を持つ必要はない。<br>私たちの方から、AI...