• OFF
  • ON
シークレットモード

創元推理文庫 一覧

120/全655

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. ラヴクラフト全集 ラヴクラフト全集 小説・文芸 > ミステリー
    486 ~ 650(税込)

    作品内容

    20世紀アメリカが生んだ鬼才、幻想と怪奇の作家、ラヴクラフト。彼の想像力の産物であり彼自ら病的なまでに憑かれていたクトゥルフ神話が怪しく息づく代表作「インスマウスの影」と「闇に囁くもの」。デラポ...
  2. ひげのある男たち 郷原部長刑事シリーズ1 ひげのある男たち 郷原部長刑事シリーズ1 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    古ぼけたアパートの一室で発見された、若く美しい女性の変死体。ひげが自慢の郷原部長刑事は捜査に乗り出すが、事件にはつねにひげのある男の影がつきまとう。犯行当日、アパートの周辺で目撃された不審なひげ...
  3. 長い長い眠り 郷原部長刑事シリーズ2 長い長い眠り 郷原部長刑事シリーズ2 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    明治神宮外苑近くの林で発見された男の死体。黒縁のメガネをかけ、鼻下に細いひげをたくわえた男の人相は、一見重役ふう。白いワイシャツにきちんとネクタイを締めてはいたが、なぜか下半身はパンツ一枚であっ...
  4. 仲のいい死体 郷原部長刑事シリーズ3 仲のいい死体 郷原部長刑事シリーズ3 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    山間の町のブドウ畑から突然噴き出た温泉。即席の野天風呂に連日数百人の人がやってくる一方で、温泉ホテル建設の話まで持ち上がり、町はちょっとした温泉ブームに沸いていた。そんな折、寺の境内で男女の変死...
  5. 陰獣 芋虫 陰獣 芋虫 小説・文芸 > ミステリー
    324(税込)

    作品内容

    大乱歩の歩みは、そのまま日本探偵小説の歩みであった。大正12年、〈新青年〉にデビュー作「二銭銅貨」を発表して以来、その紡ぎ出す幻想の糸は絶えず読者を捕らえてきた。そして彼の変身願望、地底願望は、...
  6. 屋根裏の散歩者 人間椅子 パノラマ島奇談 屋根裏の散歩者 人間椅子 パノラマ島奇談 小説・文芸 > ミステリー
    324(税込)

    作品内容

    大乱歩の歩みは、そのまま日本探偵小説の歩みであった。大正12年、〈新青年〉にデビュー作「二銭銅貨」を発表して以来、その紡ぎ出す幻想の糸は絶えず読者を捕らえてきた。そして彼の変身願望、地底願望は、...
  7. 化人幻戯 化人幻戯 小説・文芸 > ミステリー
    324(税込)

    作品内容

    大乱歩の歩みは、そのまま日本探偵小説の歩みであった。大正12年、〈新青年〉にデビュー作「二銭銅貨」を発表して以来、その紡ぎ出す幻想の糸は絶えず読者を捕らえてきた。そして彼の変身願望、地底願望は、...
  8. 青空の卵 ひきこもり探偵シリーズ1 青空の卵 ひきこもり探偵シリーズ1 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    僕、外資系の保険会社に勤める坂木司には一風変わった友人がいる。それは自称「ひきこもり」のコンピュータープログラマー、鳥井真一。複雑な生い立ちのせいで心を閉ざしがちな彼を、外出させようと僕は日夜頑...
  9. 仔羊の巣 ひきこもり探偵シリーズ2 仔羊の巣 ひきこもり探偵シリーズ2 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    季節はめぐり、僕、坂木司と鳥井真一の間にもゆっくりと変化の兆しは訪れていた。ひそやかだが確実な羽ばたきの予感、それが僕を不安にさせる。鳥井がひどい風邪をこじらせたある日、僕は同僚の吉成哲夫から、...
  10. 動物園の鳥 ひきこもり探偵シリーズ3 動物園の鳥 ひきこもり探偵シリーズ3 小説・文芸 > ミステリー
    486(税込)

    作品内容

    春が近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。僕、坂木司のお得意先であり年上の友人でもある木村栄三郎さんと、高田安次朗さんだ。高田さんがボランティアとして働く動物園で、野良猫の虐待事...
  11. 日本殺人事件 日本殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    594(税込)

    作品内容

    その国に辿り着いたわたしを出迎えてくれたのは、カンノン様のありがたい巨大な微笑だった――。人生を一からやり直すため、長年憧れ続けた日本へ赴いた私立探偵トウキョー・サム。そこは、伝統と現代が奇妙に...
  12. 三人目の幽霊 落語シリーズ1 三人目の幽霊 落語シリーズ1 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    落語専門誌「季刊落語」の編集部は総員二名。入社早々配属された間宮緑は,その場で辞表を書こうかと世をはかなみかけたが,何とか気を取り直した。唯一の上司兼相棒は,この道三十年のベテラン牧大路。二と二...
  13. 七度狐 落語シリーズ2 七度狐 落語シリーズ2 小説・文芸 > ミステリー
    648(税込)

    作品内容

    落語と無縁だった間宮緑も職場に定着し、牧大路編集長の透徹した洞察力に舌を巻きつつ落語編集道を驀進中。夏のある日、緑は春華亭古秋一門会の取材を命じられ、静岡の杵槌村を訪れる。この会は、引退を表明し...
  14. 福家警部補の挨拶 福家警部補シリーズ1 福家警部補の挨拶 福家警部補シリーズ1 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    冒頭で犯人の視点から犯行の経緯を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。本への愛ゆえに殺人も辞さない私設図書館長の献身「最後の一冊...
  15. 天使が開けた密室 美波の事件簿1 天使が開けた密室 美波の事件簿1 小説・文芸 > ミステリー
    648(税込)

    作品内容

    行方不明になった父親を捜すための資金稼ぎに、高校一年生のわたし・倉西美波は日々アルバイトに励んでいる。ある日、バイト先で桐の箱に入ったお皿を割ってしまって、いきなり六十万円の借金を負うことに。そ...
  16. 遠きに目ありて 遠きに目ありて 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    成城署の捜査主任真名部警部は、とある縁である少年と知り合うことになった。岩井信一、年齢からいうと高校受験期ぐらいの少年である。彼は重度の脳性マヒだった。だが、親しくなるにつれて、この少年の予想外...
  17. 死の内幕 死の内幕 小説・文芸 > ミステリー
    432(税込)

    作品内容

    柏木啓子を中心にした内縁関係を続ける女性たちのグループは、メンバーの小田ます子から、長く付き合っていた愛人を過って殺してしまった、と告白される。彼らは架空の犯人をでっち上げたのだが、たまたまそっ...
  18. 大誘拐 大誘拐 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    【日本推理作家協会賞受賞】刑務所の雑居房で知り合った戸並健次、秋葉正義、三宅平太の3人は、出所するや営利誘拐の下調べにかかる。狙うは紀州随一の大富豪、柳川家の当主とし子刀自。身代金も桁違い、破格...
  19. 鈍い球音 鈍い球音 小説・文芸 > ミステリー
    540(税込)

    作品内容

    万年最下位のプロ球団・東京ヒーローズをリーグ優勝に導いた桂監督が、ベレー帽とマスク、そしてトレードマークの虎ひげを残して、東京タワーの展望台から消えた。折しも日本シリーズ開幕直前。東日新聞社の若...
  20. 陽気な容疑者たち 陽気な容疑者たち 小説・文芸 > ミステリー
    432(税込)

    作品内容

    伯父の経理事務所に勤める私は、顧客の鉄工所経営者が会社解散を決意し、組合側と対立する真っ只中に飛び込んでしまった。その上、経営者がトーチカのような堅牢強固な蔵の中で急死するという事件に遭遇する・...