• OFF
  • ON
シークレットモード

二見時代小説文庫 一覧

120/全99

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 剣客大名 柳生俊平 剣客大名 柳生俊平 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    久松松平家の十一男が将軍家剣術指南役・柳生家第六代藩主に!<br>実在の大名の痛快な物語、新シリーズ第1弾!<br><br>伊予小松藩主の一柳頼邦、筑後三池藩主の立花貫長と一万石大名の契りを結ん...
  2. 北町影同心 北町影同心 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    江戸広しといえども、これ程の女はおるまい。<br>北町奉行が唸る「才女」<br><br>旗本の娘音乃は夫も驚く、機知にも優れた剣の達人。<br>知り合いの娘の「相対死」に、凄腕同心の夫とともに、...
  3. 夜逃げ若殿 捕物噺 夜逃げ若殿 捕物噺 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    下総三万五千石稲月藩の若君・千太郎は御三卿・田安家ゆかりの由布姫との祝言までの日々を気ままに楽しむべく、江戸下屋敷から夜逃げした。その夜、浅草奥山で知り合った骨董商・片倉屋の離れに居候することに...
  4. 日本橋物語 日本橋物語 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    『遠い所に行く、当分は戻れない』それが十五両の大金で、帯と反物を買った貧しい身形(みなり)の職人の言葉だった。土一升金一升と言われる日本橋で染色工芸店の蜻蛉屋こと人呼んでとんぼ屋を営むお瑛は、商...
  5. 御庭番の二代目 御庭番の二代目 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    世継ぎの家重を護れ!<br><br>宮地家二代目「加門」に将軍吉宗から直命下る。<br>側室が懐妊したばかりの、家重の病は果たして偶然か。<br>加門の幼馴染み、十八歳の田沼意次は、家重の小姓。...
  6. 公事宿 裏始末 火車廻る 公事宿 裏始末 火車廻る 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    悪人どもを地獄に運ぶ燃えさかる「火車」、動かすのは公事師たち<br><br>秋川藩勘定役の父から家督を継ぐ寸前、その父が無実の罪で切腹を命じられた。さらに己の身にも刺客が迫り、母の命も……。矢野...
  7. 八丁堀 裏十手 八丁堀 裏十手 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    悪党どもに「北町の虎」と恐れられた廻方同心の嵐田左門は還暦を機に息子に家督を譲った。だが息子は同心株を売って謎の出奔。やむなく左門は昨日までの己の屋敷の離れに間借りする羽目に。同心株を買い戻すべ...
  8. 天下御免の信十郎 天下御免の信十郎 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    二代将軍秀忠の世、秀吉の遺児にして肥後・加藤清正の猶子、波芝信十郎と大和忍びの鬼蜘蛛は、江戸に到着早々後水尾天皇に嫁した和子中宮(秀忠の娘)への供物行列を襲う謎の一団に遭遇。林崎神明夢想流の必殺...
  9. 大江戸三男事件帖 大江戸三男事件帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    旗本次男坊の高橋欣吾、火消「は組」の若衆・伝次郎、六尺三寸の大男・担ぎ人足の三太郎の三人は、子供の頃から身分を越えての仲間だ。そんな若者らを北町奉行所最古参の老与力・益岡喜六は温かく見守ってきた...
  10. 大江戸定年組 大江戸定年組 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    三人の男は職を退いた。町方同心の藤村慎三郎、三千五百石の旗本夏木忠継、町人の七福仁左衛門。旧友の三人はまだまだ気力体力ともに充分で、さてこれからどう生きるかと思案。三人の願いは、いい景色の中で暮...
  11. 箱館奉行所始末 異人館の犯罪 箱館奉行所始末 異人館の犯罪 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    元治元年(一八六四)、支倉幸四郎は箱館奉行所調役として五稜郭へ赴任した。だが異国情緒溢れる街は、犯罪の巣でもあった……。<br><br>洋学者武田斐三郎による七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五...
  12. 口入れ屋 人道楽帖 口入れ屋 人道楽帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    「わしはもう江戸を生きるしかね。剣術以外の稼ぎがあるとは思いもしなかった。やってみるべと思う。」──金を掏られて行き倒れた羽州浪人・永井新兵衛を、口入れ屋の庄三郎が救った。口入れ稼業の要諦は、人...
  13. 五城組裏三家秘帖 五城組裏三家秘帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    元禄九年師走の早朝。実高百万石と噂される仙台藩江戸屋敷門前に死体が……。そして斬死体も……。いったいなぜ? 誰が? 藩奉行探索方で影山流抜刀術の名手・望月彦四郎に真相解明の命が下った。手掛かりは...
  14. 陰聞き屋 十兵衛 陰聞き屋 十兵衛 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    自裁に追い込まれた藩主の遺恨を晴らすため、十兵衛はかつての部下三人とともに国元から江戸に出た。いかにも不案内の江戸で生活の金もなかったが、元藩御用達の両替商の後ろ盾を得て、「陰聞き屋」なる悩み相...
  15. 殿さま商売人 殿さま商売人 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    藩の未曾有の危機に、元遊び人藩主がとった起死回生の秘策とは?<br><br>藩主自ら野良着となって五千の藩民の先頭に立ち、常識破りの危機突破策!<br>形振り構わぬ鳥山藩への幕府の魔手を打ち砕け...
  16. かぶき平八郎荒事始 かぶき平八郎荒事始 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    時代小説に新風!<br>元幕臣の豊島平八郎、溝口派一刀流の凄腕で市川團十郎の殺陣師に。<br><br>新御番役勤め二百石の幕臣・豊島平八郎は、大奥大年寄の姉絵島が巻きこまれた「絵島生島事件」によ...
  17. 忘れ草秘剣帖 忘れ草秘剣帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    安政二年(一八五五)五月、開港前夜の横浜村近くの浜に、瀕死の若侍を乗せた小舟が打ち上げられた。回船問屋宮田屋に運ばれたが、頭に銃創、袈裟懸けの一刀は肌着の上の鎖帷子まで切断していた。宮田屋の娘お...
  18. 婿殿は山同心 婿殿は山同心 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    上野のお山に事件の風。<br>姑の嫌味もなんのその、新任の人情同心大奮闘。<br><br>将軍家の菩提所、上野の山を守るのが山同心の仕事。<br>生真面目で人のいい禎次郎の初出仕の日、お山で百姓...
  19. 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    天下の法に横槍入れる徳川ゆかりの大身旗本。<br>評定所の父子鷹が闘う。<br><br>幕府の最高裁判所、評定所。<br>鷹と謳われた父の後を継ぐ若き正義の士、結城新之助。<br>将軍家斉にも恐...
  20. 与力・仏の重蔵 与力・仏の重蔵 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    鬼より怖い凄腕与力がなぜ「仏」と呼ばれる? 男の生き様の極北!<br><br>惨殺死体が続いて見つかる。ホトケの身元を調べると、かつての盗賊一味だという。<br>誰が何のために?<br>犯人を追...