• OFF
  • ON
シークレットモード

二見時代小説文庫 一覧

120/全105

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 公事宿 裏始末 火車廻る 公事宿 裏始末 火車廻る 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    悪人どもを地獄に運ぶ燃えさかる「火車」、動かすのは公事師たち<br><br>秋川藩勘定役の父から家督を継ぐ寸前、その父が無実の罪で切腹を命じられた。さらに己の身にも刺客が迫り、母の命も……。矢野...
  2. 剣客大名 柳生俊平 剣客大名 柳生俊平 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    久松松平家の十一男が将軍家剣術指南役・柳生家第六代藩主に!<br>実在の大名の痛快な物語、新シリーズ第1弾!<br><br>伊予小松藩主の一柳頼邦、筑後三池藩主の立花貫長と一万石大名の契りを結ん...
  3. 北町影同心 北町影同心 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    江戸広しといえども、これ程の女はおるまい。<br>北町奉行が唸る「才女」<br><br>旗本の娘音乃は夫も驚く、機知にも優れた剣の達人。<br>知り合いの娘の「相対死」に、凄腕同心の夫とともに、...
  4. 口入れ屋 人道楽帖 口入れ屋 人道楽帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    「わしはもう江戸を生きるしかね。剣術以外の稼ぎがあるとは思いもしなかった。やってみるべと思う。」──金を掏られて行き倒れた羽州浪人・永井新兵衛を、口入れ屋の庄三郎が救った。口入れ稼業の要諦は、人...
  5. かぶき平八郎荒事始 かぶき平八郎荒事始 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    時代小説に新風!<br>元幕臣の豊島平八郎、溝口派一刀流の凄腕で市川團十郎の殺陣師に。<br><br>新御番役勤め二百石の幕臣・豊島平八郎は、大奥大年寄の姉絵島が巻きこまれた「絵島生島事件」によ...
  6. 浮世小路 父娘捕物帖 浮世小路 父娘捕物帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    半村良が密かに育てた期待の女流新人! 大江戸人情ミステリー<br><br>味で評判の小体な料理屋。美人の看板娘お麻の父は、八丁堀同心の手先、治助。似た者どうしの父娘に、今日も事件が舞いこんで…<...
  7. 草笛が啼く 居眠り同心影御用 草笛が啼く 居眠り同心影御用5 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    北町奉行所の凄腕同心・蔵間源之助は故あって「居眠り番」と蔑まれる閑職に左遷された。そんな源之助に北町奉行永田備後守正道が直々に極秘の「影御用」を命じた。両替商摂津屋と老中上村肥前守盛次の裏を探れ...
  8. 幻惑の旗 無茶の勘兵衛日月録13 幻惑の旗 無茶の勘兵衛日月録13 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    故郷で祝言を挙げ、新妻園枝を伴い江戸へ戻った落合勘兵衛の束の間の平穏は、密偵次郎吉の一報で急変した。情報は、越前大野藩五万石の次期藩主・松平直明(なおあきら)を廃嫡せんとする越後高田藩の不審な動...
  9. 妻敵の槍 無茶の勘兵衛日月録15 妻敵の槍 無茶の勘兵衛日月録15 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    越前大野藩の次期後継松平直明廃嫡を目論む幕府大老酒井忠清と、その走狗越後高田藩小栗美作による執拗な工作は、大野城下に暗殺団を潜らせるに至った。御耳役落合勘兵衛と影目付らの活躍で彼らを一掃すること...
  10. 夜逃げ若殿 捕物噺 夜逃げ若殿 捕物噺 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    下総三万五千石稲月藩の若君・千太郎は御三卿・田安家ゆかりの由布姫との祝言までの日々を気ままに楽しむべく、江戸下屋敷から夜逃げした。その夜、浅草奥山で知り合った骨董商・片倉屋の離れに居候することに...
  11. 御庭番の二代目 御庭番の二代目 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    世継ぎの家重を護れ!<br><br>宮地家二代目「加門」に将軍吉宗から直命下る。<br>側室が懐妊したばかりの、家重の病は果たして偶然か。<br>加門の幼馴染み、十八歳の田沼意次は、家重の小姓。...
  12. 八丁堀 裏十手 八丁堀 裏十手 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    悪党どもに「北町の虎」と恐れられた廻方同心の嵐田左門は還暦を機に息子に家督を譲った。だが息子は同心株を売って謎の出奔。やむなく左門は昨日までの己の屋敷の離れに間借りする羽目に。同心株を買い戻すべ...
  13. 五城組裏三家秘帖 五城組裏三家秘帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    元禄九年師走の早朝。実高百万石と噂される仙台藩江戸屋敷門前に死体が……。そして斬死体も……。いったいなぜ? 誰が? 藩奉行探索方で影山流抜刀術の名手・望月彦四郎に真相解明の命が下った。手掛かりは...
  14. 箱館奉行所始末 異人館の犯罪 箱館奉行所始末 異人館の犯罪 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    元治元年(一八六四)、支倉幸四郎は箱館奉行所調役として五稜郭へ赴任した。だが異国情緒溢れる街は、犯罪の巣でもあった……。<br><br>洋学者武田斐三郎による七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五...
  15. 忘れ草秘剣帖 忘れ草秘剣帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    安政二年(一八五五)五月、開港前夜の横浜村近くの浜に、瀕死の若侍を乗せた小舟が打ち上げられた。回船問屋宮田屋に運ばれたが、頭に銃創、袈裟懸けの一刀は肌着の上の鎖帷子まで切断していた。宮田屋の娘お...
  16. 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 評定所留役 秘録 父鷹子鷹 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    天下の法に横槍入れる徳川ゆかりの大身旗本。<br>評定所の父子鷹が闘う。<br><br>幕府の最高裁判所、評定所。<br>鷹と謳われた父の後を継ぐ若き正義の士、結城新之助。<br>将軍家斉にも恐...
  17. 父子の剣 目安番こって牛征史郎5 父子の剣 目安番こって牛征史郎5 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    長寿庵の蕎麦大食い大会に出場した初老の武士が口から血をあふれさせて事切れた。御公儀御小納戸頭取・近藤英之進であった。女中の目撃証言から幇間の久蔵が毒殺犯とされ、征史郎にまで嫌疑がかけられる。目安...
  18. 冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4 冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    越前大野藩の無茶勘こと落合勘兵衛は嵯峨野典膳との死闘に勝つも深傷を負い床に臥した。一方、彼の親友で小姓組頭の伊波利三は、若殿松平直明の不行跡を諫言し、その激怒から職を解かれ謹慎処分を受ける身とな...
  19. 報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7 報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    大野藩次期後継直明の不行跡に端を発する陰謀は、着々と進行しつつあった。その中心に幕府大老酒井忠清があり、越後高田、越前福井の両藩が実行役として牙を剥き始めた……。一方、耳役として江戸在勤の落合勘...
  20. 日本橋物語 日本橋物語 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    770(税込)

    作品内容

    『遠い所に行く、当分は戻れない』それが十五両の大金で、帯と反物を買った貧しい身形(みなり)の職人の言葉だった。土一升金一升と言われる日本橋で染色工芸店の蜻蛉屋こと人呼んでとんぼ屋を営むお瑛は、商...