• OFF
  • ON
シークレットモード

ベスト新書 一覧

120/全119

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. インフルエンザ なぜ毎年流行するのか インフルエンザ なぜ毎年流行するのか ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    902(税込)

    作品内容

    集団接種の限界か、生活環境の変化ゆえか――。 <br>インフルエンザをはじめ、医療が発達しても<br>感染症のパンデミックから逃れられないのはナゼなのか。<br>世間では意外と知られていない感染...
  2. あなたは“うつ”ではありません あなたは“うつ”ではありません 小説・文芸 > 文芸小説
    896(税込)

    作品内容

    ◆現代精神医療の不都合な真実<br>◆誰もがうつ病になってしまうDSMの恐怖<br>◆現在の精神科の診断基準では「人生の悩み」と「本当の病気」をわからない!<br>◆「うつ病かな?」と思ったら試...
  3. 社会という荒野を生きる。 社会という荒野を生きる。 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    946(税込)

    作品内容

    ・内容紹介<br>「いま私たちはどんな時代を生きているのか」「これからの時代で何を大切にして生きていくべきなのか」。<br>社会学者・宮台真司が日々のニュースや事件、社会現象をネタに、<br>「...
  4. 嫌韓道 嫌韓道 小説・文芸 > 文芸小説
    668(税込)

    作品内容

    “なぜ日本人は「嫌韓への道」を選んだのか?”<br>100万部以上を売り上げた漫画『嫌韓流シリーズ』の山野車輪、初の書き下ろし書籍!!<br>一億総嫌韓時代の新しい「嫌韓道」とは……<br><b...
  5. 日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか 日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか 小説・文芸 > 文芸小説
    896(税込)

    作品内容

    大嘗祭、大相撲、歌舞伎、アニメ、経営学、量子論、リベラル思想―<br>その根源には「神道」の精神がある!<br><br>近年、日本の文化や習慣に興味を持つ外国人が急増しています。<br>また、神...
  6. 若者が社会を動かすために 若者が社会を動かすために 小説・文芸 > 文芸小説
    660(税込)

    作品内容

    彼らはいかにして、動かないものを動かしたのか?<br>映像授業によって途上国に教育革命を起こした26歳と、8人の挑戦者たちが“動かない社会”への答えを導き出す。<br><br>バングラデシュ、ル...
  7. アドラー心理学入門 アドラー心理学入門 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    566(税込)

    作品内容

    日本ではフロイトやユングの名前はよく知られていますが、同じ時代に生きたオーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラーの名前はあまり知られていません。<br> 本書ではアドラー心理学の見地から...
  8. 殺人に至る「病」 殺人に至る「病」 小説・文芸 > 文芸小説
    880(税込)

    作品内容

    「殺人犯の素顔は普通の人」。<br>精神鑑定で素顔を知る著者は、そう話す。<br><br>では、人を殺す「心の引き金」とは何なのか?<br>一見普通の人が残酷な事件を起こす不気味さに迫る。<br...
  9. テレビの金持ち目線 ―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か テレビの金持ち目線 ―「生活保護」を叩いて得をするのは誰か 小説・文芸 > 文芸小説
    687(税込)

    作品内容

    ほかの先進国と比べて、「生活保護を受けている人の数」も、<br>「GDPに対する生活保護費の支給額」も圧倒的に少ない“日本の現状”を伝えないテレビ。<br>それに便乗し、人気取りと財界からの票田...
  10. 悪いのは私じゃない症候群 悪いのは私じゃない症候群 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    602(税込)

    作品内容

    メディアでは、何か事件が起きるたび、誰が悪かったのかと犯人探しが始まる。メディアだけではなく、社会のあちこちで「悪いのは××だ!」という声が以前にも増して聞こえてくる世の中になった。そして、誰も...
  11. 仏教の冷たさ キリスト教の危うさ 仏教の冷たさ キリスト教の危うさ ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    704(税込)

    作品内容

    一神教はなぜ争うのか?<br>「悟り」「執着」とは何か?<br>ドイツ人禅僧が教える、日本人のための宗教原論。<br><br>「家族を捨て、悟りを開いたブッダは、実は冷たい人だったのではないか?...
  12. 「昔はワルだった」と自慢するバカ 「昔はワルだった」と自慢するバカ ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    660(税込)

    作品内容

    「ワルい男」「昔はワルかった」といいたがる男、この元祖はどこなのであろうか。<br> 聖アウグスティヌスの自伝的著作『告白』は、はるかのち、18世紀のルソーの『告白』の先駆的なもので、自己の過去...
  13. ‐放射線医が語る‐ 被ばくと発がんの真実 ‐放射線医が語る‐ 被ばくと発がんの真実 ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    665(税込)

    作品内容

    福島第一原発事故後の2011年12月、政府は冷温停止状態に入ったとの発表を行いましたが、地元の住民の方々の帰宅問題やホットスポット、食べ物の汚染など問題は山積しており、私たちの不安はまだまだ解消...
  14. 他人の支配から逃げられない人 他人の支配から逃げられない人 小説・文芸 > 文芸小説
    704(税込)

    作品内容

    不当な攻撃を繰り返す理不尽な上司、面倒なママ友、モラハラ夫……。こんな人とは縁を切りたいと思いながら、そう簡単にはいかない現実。<br> 会社を辞めれば、今の収入は得られない。ママ友を避ければ、...
  15. 「悟り」は開けない 「悟り」は開けない ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    896(税込)

    作品内容

    「坐禅」をする本当の意味とは?<br>“ブッダの教え”― その本質がわかる! <br>曹洞宗の僧侶で、現在「恐山」院代を務める著者が、<br>「悟りとは何か」「涅槃とは何か」「私とは何か」につい...
  16. どうしても「許せない」人 どうしても「許せない」人 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    610(税込)

    作品内容

    無理な要求をするトラブルメーカー、平気で人を騙す人…<br> あなたの周りの「ひどい人」で消耗しないために!<br> この世の中には、ズーズーしい人、他人を騙す人など、どうしても「許せない」人が...
  17. 「生産的」いい人と「非生産的」いい人 「生産的」いい人と「非生産的」いい人 ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    704 ~ 717(税込)

    作品内容

    「いい人」には2種類ある。<br>単に人から嫌われたくないために「いい人」を演じる人は、ノイローゼ・うつ病などの心の病気にかかる。<br>この種の人は、一言でいえば「自分が折れて(我慢して、譲っ...
  18. 病気は自分で見つけ、自分で治す! 病気は自分で見つけ、自分で治す! ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
    632(税込)

    作品内容

    どんな病気も自分で治せる!<br> 耳たぶのシワ(→狭心症)、耳の下の腫れ(→糖尿病)、足腰の筋肉の衰え(→高血圧)、角膜の白い輪(→動脈硬化)、低体温(→ガン)…など、それぞれの病気に特有のサ...
  19. 謎の蝶 アサギマダラはなぜ海を渡るのか? 謎の蝶 アサギマダラはなぜ海を渡るのか? 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    924(税込)

    作品内容

    ・内容紹介<br>世界でも類を見ない何千キロという海を渡る“謎の蝶”として生態観察が盛んな「アサギマダラ」。<br>その謎に満ちた行動を記録したドキュメント。<br>著者は数学と脳開発の研究でも...
  20. 日本人に「宗教」は要らない 日本人に「宗教」は要らない ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
    721(税込)

    作品内容

    キリスト教には、明確なドグマ(教義)がある。<br>イエス・キリストというはっきりとした象徴がある。<br>三位一体(父なる神、子なるイエス、聖霊)がある。<br>それがキリスト教を信仰している...