• OFF
  • ON
シークレットモード

コスミック時代文庫 一覧

120/全162

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 手ほどき冬馬事件帖 手ほどき冬馬事件帖 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    真夏の江戸。大川が江戸湾に流れ込む鉄砲州で、日がな釣りを楽しむ四十なかばの武士──もと火盗改め同心、矢沢冬馬である。武芸百般、悪党に恐れられた凄腕の剣士であったが、大捕物の最中のある出来事により...
  2. 同心 亀無剣之介 同心 亀無剣之介 小説・文芸 > 文芸小説
    517 ~ 550(税込)

    作品内容

    風采があがらず、しょぼくれて冴えない侍――亀無剣之介は、毛羽だったちぢれ毛の髷と、名前の一文字から、ちぢれすっぽんと呼ばれる北町奉行所の名物同心。その風貌と、おどおどした言動は、奉行所のみならず...
  3. 流れ星 魔性剣 流れ星 魔性剣 小説・文芸 > 文芸小説
    462(税込)

    作品内容

    一の身寄りだった刀鍛冶の祖父を亡くし、天涯孤独の身となった流一朗太。彼は祖父の死の間際に一振りの脇差を渡された。流星刀と呼ばれるそれは、彼が生まれた晩に天から降ってきた隕石で作られたもので、不思...
  4. 流れ星 外道剣 流れ星 外道剣 小説・文芸 > 文芸小説
    473(税込)

    作品内容

    内藤新宿界隈で大店の娘ばかりが通り魔に犯される事件が続けざまに起こった。しかもその手口は、娘らを凌辱するのみならず、刃物で下腹に何人目であるかを示す数字を刻むという残酷なものだった。 九人目の被...
  5. 流れ星 斬妖剣 流れ星 斬妖剣 小説・文芸 > 文芸小説
    484(税込)

    作品内容

    持ち主を自ら選び、唯一認めた主人にのみ無敵の業をもたらす流星刀。天から降ってきた隕石で作られ、男女の和合をも掌るその刀を手にした者は、どんな女性とも情交できる力を持つという。 刀匠の修業のため美...
  6. あやかし あやかし 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    鬼塚弥四郎は常陸吉住藩見廻り役の四男坊。梅雨明けのある日、弥四郎は村の視察中、家宝の名刀をうっかり谷底に落としてしまった。途方に暮れるそんな彼の前に現われたのは十七歳の美少女・千夜。ところがこの...
  7. かげろう蜜書 かげろう蜜書 摩利支天あやし剣 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    北関東五万石の皆川藩で、膳奉行を務める大門重郎は十八歳。先ごろ父親から役目を継いだばかりの若輩だ。ある日、主君の鷹狩りの最中に事は起こった。昼餉に用意した重箱の蓋が突然のつむじ風に飛ばされ、崖下...
  8. 浪人若さま新見左近 浪人若さま新見左近 小説・文芸 > 文芸小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    谷中のぼろ屋敷に住む新見左近は、決まった仕事もせず、江戸市中をふらりと遊び暮らす気楽な浪人。浅草の小間物屋・お琴の店に入りびたり、日々の暮らしにもけっして困っていない様子。だがこの左近、じつは第...
  9. うっかり同心蕪十内 うっかり同心蕪十内 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    506 ~ 572(税込)

    作品内容

    ふとしたことから、浅草広小路で評判の娘水売り・おえんの縁談の口利きをするはめになった十内。だが相手の幸助は大店の跡取りで、二人の身分の差は乗り越えるにはあまりに大きな障害だった。すでに幸助の子を...
  10. ぶらり平蔵 ぶらり平蔵 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    539 ~ 594(税込)

    作品内容

    「ぶらり平蔵」こと神谷平蔵。風の吹くまま気の向くまま、ぶらりどろんと行方をくらます。長屋住まいの町医者だが、じつは鐘捲流免許皆伝の剣客。病いも治すが人も斬る。悪には強いがなさけにもろい。磐根藩乗...
  11. はぐれ隠密始末帖 はぐれ隠密始末帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    528 ~ 583(税込)

    作品内容

    文政十二年、秋──江戸にふらりと現れた、矢車真之介と名乗る謎の浪人……とぼけた風貌と人を食った言動の不思議な侍であるが、実はこの真之介、凄腕で知られる仙台藩の元隠密であった。暗殺、裏切りも辞さぬ...
  12. 辰之介虎殺剣 辰之介虎殺剣 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    484(税込)

    作品内容

    不忍池の出会い茶屋に入りびたる自堕落な侍──祝辰之介は、遊び人風の見かけとはことなり、隠密組織「十二支組」の一員である。十二支組は、将軍・吉宗直々の命によって動き、属する隠密たちには、ひとりひと...
  13. 殿さま浪人 幸四郎 殿さま浪人 幸四郎 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    浅草の雑踏のなか、女掏摸のおりんと手下の六助は、高級そうな着物を身につけ、ぼんやりと物珍しそうに町並みを眺めている侍に目をつけた。さっそく懐を狙ったおりんたちであったが、じつはこの侍にはとんでも...
  14. 見習い同心如月右京 見習い同心如月右京 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    文政五年、師走の江戸。如月家の次男、如月右京は、南町奉行所への初出仕の朝を迎えていた。二十六歳という見習い同心として遅すぎる始まりだが、それには、ある事情があった──。右京の兄、右門は、優秀な奉...
  15. よわむし同心信長 よわむし同心信長 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    572(税込)

    作品内容

    南町奉行所に勤める信藤長次郎は、自他ともに認める根っからの小心者。仕事も剣も、はたまた恋も、持ち前の気弱さが邪魔をしてなかなかうまくはいかない。織田信長の史書を読むことを唯一の楽しみとしていたが...
  16. さすらい同心 坂東一徹 さすらい同心 坂東一徹 仇討ち日光 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    583(税込)

    作品内容

    いかつい顔にげじげじ眉の南町奉行所同心、坂東一徹は、自他ともに認める頑固者で、悪や不正を許さぬまっすぐな男。事件解明のためならば、上司にさえも噛みつく仕事の鬼だが、その性格と容貌がわざわいし、女...
  17. 公家さま同心飛鳥業平 公家さま同心飛鳥業平 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    市井の町家に暮らす飛鳥業平は、中納言という雲上人にありながら、事件の謎解きがなによりも好きな変わり者。頭脳明晰、鞍馬流剣法の達人という文武両道のお公家さまだが、その唯我独尊のわがままな振る舞いに...
  18. かげろう夢幻 摩利支天あやし剣 かげろう夢幻 摩利支天あやし剣 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    539(税込)

    作品内容

    上野の国の山奥から江戸に向かう途上、いかなる因果か男装の女剣士に情交を迫られたあげく、刀で胸を刺し貫かれてしまった矢田二郎。死を覚悟した二郎だが、そこへ現れたのは摩利と名乗る天女のごとき美少女だ...
  19. かげろう淫花 摩利支天あやし剣 かげろう淫花 摩利支天あやし剣 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    539(税込)

    作品内容

    明暦三年一月、本郷の本妙寺より出火した火事はまたたく間に燃え広がり、江戸中を焼き尽くした。世に言う振袖火事である。上野で小間物屋を営む大店・辰巳屋の奉公人・雪彦は、湯島の芝居小屋で火事に巻き込ま...
  20. かげろう秘苑 摩利支天あやし剣 かげろう秘苑 摩利支天あやし剣 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    539(税込)

    作品内容

    今村喜十郎は下野国白沢藩の下級武士。江戸で生まれ、十八になるこの歳まで江戸を出たことがなかったが、父の死をきっかけに、国許で然るべき役職に就くよう江戸家老に命じられた。<br> 道中、小山宿の手...