• OFF
  • ON
シークレットモード

コスミック時代文庫 一覧

120/全175

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. ぶらり平蔵 ぶらり平蔵 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    539 ~ 594(税込)

    作品内容

    「ぶらり平蔵」こと神谷平蔵。風の吹くまま気の向くまま、ぶらりどろんと行方をくらます。長屋住まいの町医者だが、じつは鐘捲流免許皆伝の剣客。病いも治すが人も斬る。悪には強いがなさけにもろい。磐根藩乗...
  2. 浪人若さま新見左近 浪人若さま新見左近 小説・文芸 > 文芸小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    谷中のぼろ屋敷に住む新見左近は、決まった仕事もせず、江戸市中をふらりと遊び暮らす気楽な浪人。浅草の小間物屋・お琴の店に入りびたり、日々の暮らしにもけっして困っていない様子。だがこの左近、じつは第...
  3. 殿さま浪人 幸四郎 殿さま浪人 幸四郎 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    浅草の雑踏のなか、女掏摸のおりんと手下の六助は、高級そうな着物を身につけ、ぼんやりと物珍しそうに町並みを眺めている侍に目をつけた。さっそく懐を狙ったおりんたちであったが、じつはこの侍にはとんでも...
  4. 公家さま同心飛鳥業平 公家さま同心飛鳥業平 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    市井の町家に暮らす飛鳥業平は、中納言という雲上人にありながら、事件の謎解きがなによりも好きな変わり者。頭脳明晰、鞍馬流剣法の達人という文武両道のお公家さまだが、その唯我独尊のわがままな振る舞いに...
  5. 無敵の殿様 無敵の殿様 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 715(税込)

    作品内容

    わずか五千石の禄高でありながら、足利将軍家の血を引き継ぎ、参勤交代を免除された特殊な大名――喜連川家。その前当主・喜連川恵氏は、いまだ壮年ながらもはやばやと隠居し、「大御所」として気ままな江戸暮...
  6. ぼんくら同心と徳川の姫 ぼんくら同心と徳川の姫 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    北町奉行所の同心・末広喜十郎は、例繰方に勤める人嫌いの偏屈な男。妻に先立たれ、娘とふたり、ひっそりと暮らしている。そんな喜十郎のいきつけの一膳飯屋『ひさご』で、ある日、若い美貌の女中・お松が働き...
  7. 若殿はつらいよ 若殿はつらいよ 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 693(税込)

    作品内容

    遠州鳳藩十八万石の跡取りである松平竜之介は、「清く正しく逞しく」を信念に育った純粋培養の若殿だった。ところが突然、将軍・徳川家斎の息女・桜姫が花嫁としてやってくる。そこでにわか仕込みの性知識で、...
  8. やさぐれ大納言 徳川宗睦 やさぐれ大納言 徳川宗睦 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    「おれはやさぐれ者だ。惚れれば身をもち崩す」──深川の場末の居酒屋を切り盛りするお駒に頬を寄せられ、そう囁くのは黒羽二重を着流し、徳田宗之助と名乗る浪人者。ところがその正体たるや、御三家筆頭、尾...
  9. 大目付光三郎 殿様召捕り候 大目付光三郎 殿様召捕り候 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    572 ~ 583(税込)

    作品内容

    老中から町奉行所の同心まで、江戸幕府の職制には数あれど、一番怖い権力を持つもの──それが高級旗本「大目付」であった。なにしろ、自分より禄高が上の大名を監察するだけでなく、その気になれば、将軍直訴...
  10. 落ちぶれ同心と将軍さま 落ちぶれ同心と将軍さま 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    572(税込)

    作品内容

    北町奉行所の橋廻り同心・服部半四郎は、お役目にも熱心にならず、酒と遊びが大好きという、まっこと不真面目な男。しかも、怪しげな魚売り・磯八を手下に使い、「素っ破抜き」などという、弱みをネタにした強...
  11. 隠れ医明庵 隠れ医明庵 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    440 ~ 528(税込)

    作品内容

    下総国中河藩の小役人の嫡男として生まれついた九十九幹之介。幼少より医術や本草に興味があった幹之介は、家督を継いだ後も勤めのかたわら能を磨き、近隣の者たちの病を診るまでの腕になっていた。だがある日...
  12. ひと夜千両 ひと夜千両 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550(税込)

    作品内容

    ここは大奥か、吉原か──。水野忠邦が政道改革を進めた天保の世、雑司ヶ谷の感応寺に、“それ”は忽然と現れる。緊縮政策の一環であったが、実に突飛な発想であった。なんと忠邦は、将軍代替わりに乗じ、先代...
  13. 同心 亀無剣之介 同心 亀無剣之介 小説・文芸 > 文芸小説
    517 ~ 682(税込)

    作品内容

    風采があがらず、しょぼくれて冴えない侍――亀無剣之介は、毛羽だったちぢれ毛の髷と、名前の一文字から、ちぢれすっぽんと呼ばれる北町奉行所の名物同心。その風貌と、おどおどした言動は、奉行所のみならず...
  14. 剣豪殿様 堀田左京亮 剣豪殿様 堀田左京亮 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550(税込)

    作品内容

    「そちだけが頼りじゃ」──先の将軍にして、未だ大御所として幕政の実権を握る徳川家斉に、こう言われて信頼されているのは、若年寄を務める堀田左京亮正衡であった。だが、幕閣の中枢にありながら、左京亮の...
  15. 美女斬り御免! 美女斬り御免! 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 572(税込)

    作品内容

    愛嬌のある風貌で、ずんぐりむっくりとした巨漢の素浪人、その名も「だるまの旦那」こと、樽間大吾郎──。ふだんは浅草寺の奥山で大道芸人をしているが、裏ではよろず揉め事解決の「お助け屋」を営んでいる。...
  16. 艶お庭番 尾張の蜜謀 艶お庭番 尾張の蜜謀 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    715(税込)

    作品内容

    徳川吉宗治世の江戸、市中では火事が頻発していた。しかもそれは、ほとんどが火付によるものと思われた。そんな折、町火消の梅次は炎の中に裸で飛び込み、逃げ遅れた幼女を助けだした謎の女と出会う。女は幕府...
  17. あやかし淫秘帖 あやかし淫秘帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    550 ~ 682(税込)

    作品内容

    部屋住みの四男坊から五百石の納戸頭の家に養子に入った皆月小四郎。我が家となった屋敷を見て回り、土蔵に入った小四郎は、そこで絶世の美少女が描かれた掛け軸を見つけた。絵姿の少女にそそられ、思わず手す...
  18. 若さま双剣裁き 若さま双剣裁き 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    572(税込)

    作品内容

    湯島の裏長屋に住まう貧乏侍・及川余一郎。その男ぶりと剣の腕から、仲間うちで『若さま』などと呼ばれているものの、その実態は、ただの遊び人。女だてらに火消しの頭領をはる母の巴に叱られ、しかたなしに日...
  19. あやかし あやかし 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    鬼塚弥四郎は常陸吉住藩見廻り役の四男坊。梅雨明けのある日、弥四郎は村の視察中、家宝の名刀をうっかり谷底に落としてしまった。途方に暮れるそんな彼の前に現われたのは十七歳の美少女・千夜。ところがこの...
  20. はぐれ隠密始末帖 はぐれ隠密始末帖 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    528 ~ 583(税込)

    作品内容

    文政十二年、秋──江戸にふらりと現れた、矢車真之介と名乗る謎の浪人……とぼけた風貌と人を食った言動の不思議な侍であるが、実はこの真之介、凄腕で知られる仙台藩の元隠密であった。暗殺、裏切りも辞さぬ...