サブジャンルで探す

「光文社」電子書籍の検索結果

全5,398点

  1. 夫婦からくり~六尺文治捕物控~ 書籍 > 文芸 夫婦からくり~六尺文治捕物控~ 中島要 / 光文社
    648
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    三年前、同心の塚越が殺された。塚越は大店を強請って大金をせしめていたが、その事実は封印された。十手持ちの辰三が姿を消して四年。茶問屋の後家が、芝で辰三に二十両を奪われたという。十手を受け継いでい...
  2. 兄妹剣士 隠目付江戸秘帳 書籍 > 文芸 兄妹剣士 隠目付江戸秘帳 鳥羽亮 / 光文社
    594
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    駿河国江崎藩の隠目付を務める船宿の亭主、海野洋之介。いつものように釣り糸を垂れていると、眼前で斬り合いが。劣勢な少年と少女に加勢して二人を救うが、その二人は洋之介と同じ藩の勘定奉行の子供で、殺さ...
  3. 三分の理(ことわり)~ふろしき同心御用帳(五)~ 書籍 > 文芸 三分の理(ことわり)~ふろしき同心御用帳(五)~ 井川香四郎 / 光文社
    648
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    十年前、江戸市中を騒がせた“月夜小僧”。悪どい稼業に手を染める輩から金を盗み、貧しい人々に分け与えた義賊は、今でも語り草で、近藤信吾にとっても忘れ難い存在だった。ところがふたたび“彼”は現れた。...
  4. 世界を揺るがした10日間 書籍 > 政治 世界を揺るがした10日間 ジョン・リード / 伊藤真 / 光文社
    1,328
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    1917年11月。ロシア革命のさなか、アメリカの若きジャーナリスト、ジョン・リードが、革命の指導者(レーニン、トロツキーら)から兵士、農民、さらには反対派(ケレンスキー)までを取材。当時のビラや...
  5. 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~ 書籍 > 社会 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~ セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ / 酒井泰介 / 光文社
    1,512
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    人はSNSやアンケート調査には嘘をつくが、グーグルやポルノサイトなどの検索窓には本当の欲望や本心を打ち明ける。そんな膨大な「ビッグデータ」をグーグルの元データサイエンティストが分析。米国の隠れた...
  6. ブルボン小林の末端通信~Web生活を楽にする66+2のヒント【電子増補版】~ 書籍 > エッセイ ブルボン小林の末端通信~Web生活を楽にする66+2のヒント【電子増補版】~ ブルボン小林 / 光文社
    756
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    2000年当時のインターネット世界の光景を語った時評がまさかの復刊! 当時の驚きやためらい、ワクワクやモヤモヤが、“一周回って知らない”世界として新しい。連載中に著者が本名で小説家デビューし、芥...
  7. ぼくは落ち着きがない 書籍 > 文芸 ぼくは落ち着きがない 長嶋有 / 光文社
    507
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    両開きのドアを押して入るとカウンターがある。そこは西部劇の酒場……ではなく図書室だった。桜ケ丘高校の図書部員・望美は今日も朝一番に部室へ行く。そこには不機嫌な頼子、柔道部と掛け持ちの幸治など様々...
  8. 冷たい太陽 書籍 > 文芸 冷たい太陽 鯨統一郎 / 光文社
    648
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    「子供を預かった」高村家に突如もたらされた誘拐犯からの凶報。身代金は5000万。父親の謙二は、倒産の危機に瀕する自社の専務や、前妻にも頼むなど金策に奔走。警察も介入し、事態はさらなる混乱の渦に呑...
  9. 源助悪漢(わる)十手 書籍 > 文芸 源助悪漢(わる)十手 岡田秀文 / 光文社
    594
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    弱みを握られれば骨までしゃぶられ、些細な借りを作ればいつまでもたかられ――。浅草西仲町の御用聞き、源助の巨体を目にするや、町中の人が逃げ隠れする毎日だ。ところが、ひとたび十手を握ると、謎に満ちた...
  10. 風の轍 書籍 > 文芸 風の轍 岡田秀文 / 光文社
    1,188
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    織田信長が台頭しようとする戦国の世。越前随一の商家「鍋谷」の娘・志乃は、何不自由ない暮らしを送っていた。しかし、父の抜け荷の罪が発覚し、苛烈な裁きが下る。両親は自害し、間一髪で逃げのびた志乃にも...
  11. 海妖丸事件 書籍 > 文芸 海妖丸事件 岡田秀文 / 光文社
    756
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    杉山潤之助の上海出張に、新婚旅行へ出向くという旧知の探偵・月輪龍太郎が同道することになった。彼らの乗る豪華客船・海妖丸が出発する直前の横浜港で、船客の政商らに宛てて奇妙な予告状が届く。絢爛な船旅...
  12. ふたりのノア 書籍 > 文芸 ふたりのノア 新井政彦 / 光文社
    810
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    心理学者の立原健人は、自らの心の内に巣くう「モンスター」の欲望が命ずるまま、次々と若い女性を殺していく。周到に計算された「完全犯罪」――。だが、警察の捜査が彼のもとへと迫り来る。逮捕に怯える理性...
  13. 硝子(ガラス)の記憶 書籍 > 文芸 硝子(ガラス)の記憶 新井政彦 / 光文社
    810
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    夫・徹夫の元から逃げ出した実優は、2年たった今でも、暴力の悪夢を見る。徹夫からの追及を恐れていたが、ついに居所を突き止められてしまう。離婚を主張する実優に、夫の代理人である弁護士は、暴力などなか...
  14. 女奴隷の烙印(らくいん) 書籍 > 文芸 女奴隷の烙印(らくいん) 大石圭 / 光文社
    702
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    沙織は絶望のどん底にいた。恋人から手酷く捨てられ、仕事を失い、愛する姪は難病で莫大な治療費が必要だった。自らを売って姪を救おうと決心した彼女の前に現れた、完璧な美貌を持つ奴隷商人・サラサ。彼女に...
  15. 乱十郎、疾走(はし)る 書籍 > 文芸 乱十郎、疾走(はし)る 浅田靖丸 / 光文社
    864
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    秩父・大嶽村に暮らす乱十郎。村の若い者を集め「乱鬼党」を作り、日々剣の稽古や畑仕事にいそしんでいた。あるとき、仲間だった由利ノ丞が、乱十郎の態度に腹を立て、党を飛び出した。導かれるように、運命が...
  16. 古田織部(おりべ)~戦国数奇大名の生涯~ 書籍 > 文芸 古田織部(おりべ)~戦国数奇大名の生涯~ 高橋和島 / 光文社
    810
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    風雲急を告げる戦国の世、山深い美濃に生まれた左介(織部)は、幼少より織田信長に仕え、若き秀吉に引き立てられて出世の道を歩んだ。千利休や陶工達との邂逅が彼を茶の道へ誘い、ついには徳川家の指南役に上...
  17. ロンドン狂瀾(上) 書籍 > 文芸 ロンドン狂瀾(上) 中路啓太 / 光文社
    756
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    1930年1月、日米英など五大海軍国によるロンドン海軍軍縮会議が始まろうとしている。随員を命じられた外務省情報部長・雑賀潤は、首席全権の若槻礼次郎らと日本を旅立った。だが、各国の利害が対立する外...
  18. ロンドン狂瀾(下) 書籍 > 文芸 ロンドン狂瀾(下) 中路啓太 / 光文社
    648
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    ロンドンでの難交渉を終え、全権団は帰国した。しかし、条約の内容を受け入れられない軍令部は、統帥権の独立を楯に批准に反抗。輿論は二分し、議会での論戦も混迷の一途を辿るばかり。土壇場での条約破棄を阻...
  19. 星宿る虫 書籍 > 文芸 星宿る虫 嶺里俊介 / 光文社
    756
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    大学生の天崎悟は、家出した妹の帰りを待っている。ある日、家に見知らぬ老婆がやってきた。何を聞いても判然としなかった。その後、妹が見つかる。虫に食い殺され、血が黄色くなった異様な遺体となっていた。...
  20. 米軍の北朝鮮爆撃は6月!~米、中が金正恩体制破壊を決行する日~ 書籍 > 政治 米軍の北朝鮮爆撃は6月!~米、中が金正恩体制破壊を決行する日~ 副島隆彦 / 光文社
    1,188
    • NEW
    0
    (0)
    0件
    トランプの勝利を予言し的中させた評論家の次なる予言は「北朝鮮Xデー」。「米軍はパールハーバーのように、北朝鮮に先に撃たせるよう仕組む。それを合図に核施設への一斉爆撃を敢行する。それは6月だ」と予...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ


GW一気読み!まとめ買い 進撃の巨人最新25巻ポイント最大99倍