• OFF
  • ON
シークレットモード

闇の使徒たち 関連シリーズ一覧

113/全13

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 虹に焦がれて 虹に焦がれて 闇の使徒たち X 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    マギーは図書館司書として働いている。すでに両親はなく、一人っ子で引っ込み思案の彼女は、五年前の失恋以来、大人の男性に恐怖を感じるようになった。マギーが唯一心を開けるのは、図書館にやってくる子供た...
  2. エデンに背いて エデンに背いて 闇の使徒たち XI 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    ウエイトレスとして働くブルックはある雪の夜、店の外に突然現れた黒ずくめの男性にどきりとした。もう閉店間際で店には誰もいない。不安を感じたブルックはドアの鍵をかけようとしたが、ガラス越しに男性と目...
  3. 幕引きは華やかに 幕引きは華やかに 闇の使徒たち XII 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    洗脳を得意とする精神科医ドクター・ブルックス。それが、FBI捜査官マライアの仮の姿だ。彼女は〈連合〉組織の内部に潜入し、極秘に活動を続けてきた。今回の任務はとくに慎重に進めなくてはならない。ジェ...
  4. レディ・ドラゴン レディ・ドラゴン 闇の使徒たち−序章 I 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    CIAの機密情報局〈アリエス〉のエージェント補佐ケリーは、局長のハッチに呼び出された。行方不明になったエージェントの捜索を命じられたのだ。この任務に成功すれば正式なエージェントに昇格できる。彼女...
  5. 別れのキスをもう一度 別れのキスをもう一度 闇の使徒たち VI 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    「きみは親友だから」憧れの先輩エリックとの夢のような一夜を過ごした翌朝、リーはその残酷な言葉に凍りつき、現実を知った。やがて時は無情にも流れ、無垢な女学生は冷静沈着な大人の女性に成長した。もう2...
  6. 炎のドクター 炎のドクター 闇の使徒たち VIII 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    ウイルスの研究者として活躍するフェイスはその業績とはうらはらに地味で控えめな性格だ。情熱的な恋愛にあこがれた時期もあったが、この平凡な容姿では叶わぬこととあきらめていた。ある日、彼女は謎の伝染病...
  7. 導きの指輪 闇の使徒たち 導きの指輪 IV 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    夢破れて故郷に戻ったスザンナは義母バイオレットの事故死を知り、悲しみに暮れた。行くあてもなく、遺された牧場で生きていくほかない。そう覚悟を決めたスザンナだが、義母の遺言に驚愕する。隣人のトラビス...
  8. 美しき暗殺者 闇の使徒たち 美しき暗殺者 V 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    愛する人も友人もいない孤独な生活を振り返り、サマンサはリムジンの後部座席でため息をついた。外交官としての重責に今や押しつぶされそうだ。そのうえ、何者かに命を狙われているらしい。彼女は車を運転する...
  9. バイオレットの封印 バイオレットの封印 闇の使徒たち I 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    医師メイジーは見知らぬ老婦人から甥の治療を頼まれ、荒れはてた屋敷を訪れた。ぎこちなく笑う老婦人の夫。急にいばりちらす老婦人。二人の息子だというが、武器を手放さない若者。どこか不自然で芝居めいた一...
  10. 愛したのはボス 愛したのはボス 闇の使徒たち III 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    早く月曜日にならないかしら。秘書のキャリーにとって、ボスに会えない週末はいつも憂鬱だ。大統領補佐官マット・タイナンは有名なプレイボーイ。わたしみたいな田舎娘を相手にするわけがない。そうはわかって...
  11. 虚飾のピラミッド 虚飾のピラミッド 闇の使徒たち II 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    言語学者のグレッチェンには恋愛経験がない。内気な性格と目立たない外見に加え、ひたすら学問に打ちこんできたからだ。でも最近、彼女は切実に孤独を感じていた。研究のために訪れているここエジプトの熱気の...
  12. 呪われた貴公子 呪われた貴公子 闇の使徒たち−序章 III 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    レベリアの独裁者にとらわれた地質学者アレックスは薄れゆく意識のかなたで夢を見ていた。琥珀色の瞳を持つたくましい男性に抱かれている夢を。だが肩をつかむ温かいてのひらの感触に、我に返る。これは夢じゃ...
  13. 死線のマドンナ 死線のマドンナ 闇の使徒たち−序章 II 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    内戦の続くレベリアで活動するジャーナリストのリリーは、絶望に打ちのめされながら一人の男性と対峙していた。「僕と一緒に来てほしい」医師である最愛の恋人ロバートの表情は真剣そのものだ。戦闘の勃発で、...