• OFF
  • ON
シークレットモード

都合のいい結婚 関連シリーズ一覧

112/全12

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 虹色のクリスマス 虹色のクリスマス 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    十二月、一カ月後に出産を控えたヘイリーの前に、思いがけない人物が現れた。半年以上前に別れた恋人、マーカスだ。マーカスはヘイリーの大きなおなかを見て、それが自分の子供だと悟り、責任感から結婚しよう...
  2. 初恋の忘れ物 初恋の忘れ物 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    ミッチ・ヴァレンタイン――高校を出て路上生活を送り、初めて作ったビデオゲームが大ヒット。やがてソフトウェアの開発に乗り出し、出版の分野にも進出。二十八歳にしてふたつの会社を所有する……。ケリーは...
  3. 雪のなかの恋人たち 雪のなかの恋人たち 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    864(税込)

    作品内容

    男性誌『アルファ』の編集者B・Jは立て続けに災難に見舞われた。まず、自分の担当する特集記事が突然、、ぼつになり、彼女のプライバシーを暴露する記事がライバル誌に掲載された。さらに昔の恋人と再会し、...
  4. 一夜だけの秘密 一夜だけの秘密 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    ひさしぶりに故郷に戻ったローリは、声をかけてきた男性を見て息をのんだ。タッカー・ブラボー!今も私が愛するただ一人の男性。十一年前タッカーは、ローリの双子の妹リーナの恋人だった。だが彼との別離を決...
  5. YESまでの四週間 YESまでの四週間 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    クリスタルとタナーは、正反対のカップルだった。カップルといっても、家族ぐるみの夕食会で知り合った二人は、誰にも内緒で、夜こっそり互いの家を行き来するだけだ。一目で激しく惹かれ合った二人の相性は抜...
  6. 九カ月の約束 九カ月の約束 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    わたし、妊娠してる!大学で会計学を学ぶアビーにとって、計算はお手のもののはずが、計算外のことに、彼女の頭は大混乱。しかし心のなかでは、すでにひとつの答えが出されていた。なにがあろうと、この子を産...
  7. 永遠はお嫌い? 永遠はお嫌い? 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    形だけの結婚でもいい。ただひとり愛した彼となら。■ロサンゼルスのホテルのロビーで、メギーは生涯でただひとり愛した男性を待っていた。ネイト・ブラボー。幼なじみで、今はロスの私立探偵。少年と少女だっ...
  8. ラスベガスの熱い夜 ラスベガスの熱い夜 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    540(税込)

    作品内容

    クレオは、母親と同じような生き方だけはしたくなかった。ダンサーだった母はカジノに集まる大物たちとの恋を繰り返し、奔放な一生を送った。だけど、私は母とはちがうわ……。平凡で真面目な男性との未来を描...
  9. ドクターの贈り物 ドクターの贈り物 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    赤ちゃんの父親は彼だけれど、ぜったい結婚するわけにはいかない。■レイシーは婚約者に逃げられたローガンを慰めようと彼の家を訪ねたところ、思いがけず結ばれてしまった。ほどなく妊娠していることに気づい...
  10. 夫は億万長者? 夫は億万長者? 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    648(税込)

    作品内容

    億万長者の夫が提示した離婚の条件に、彼女は茫然とするだけだった。■ジェナには、しなければならないことがあった。別れて数年になる夫、マックと正式に離婚することだ。苦労して消息を突き止め、連絡をとっ...
  11. 都合のいい結婚 IV 都合のいい結婚 IV 小説・文芸 > ロマンス
    864(税込)

    作品内容

    『十年目のプロポーズ』―「トリー、久しぶりだね」突然現れたマーシュを前に、トリーは立ちすくんだ。すべてをかけて愛したマーシュに捨てられたのは十年前。その後生まれた彼の娘を育てながら、これまで必死...
  12. 恋の冷めない距離 恋の冷めない距離 都合のいい結婚 小説・文芸 > ロマンス
    540(税込)

    作品内容

    真面目で、平凡。間違っても大声で怒鳴ったりしない男性。それがアンジーの理想とする夫だ。都会の生活で傷つき、数年ぶりに地元に戻ったアンジーは、意外なところで夫候補を見つけた――幼なじみのブレットだ...