• OFF
  • ON
シークレットモード

連合艦隊 新・太平洋戦記 関連シリーズ一覧

111/全11

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 連合艦隊 大危機~新・太平洋戦記8~ 連合艦隊 大危機~新・太平洋戦記8~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    幽鬼のような日本兵たちは、銃剣をつけた小銃や刀だけで、重器と迫撃砲が並ぶ米軍陣地へ突撃していった。地獄の阿鼻叫喚のうちに、タラワ戦は終わった。かくして敵は、マリアナへと歩を進める。時を同じくして...
  2. 連合艦隊 大散華~新・太平洋戦記10~ 連合艦隊 大散華~新・太平洋戦記10~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    サイパン島では、米軍の豊富な砲弾の前に、日本兵たちの無残な屍が重ねられていた。時を同じくして、連合艦隊では、だれに命令されることもなく、自ら敵艦隊に突撃する戦闘機が続出した。この自殺攻撃機(クレ...
  3. 連合艦隊 大進撃~新・太平洋戦記2~ 連合艦隊 大進撃~新・太平洋戦記2~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    日本軍は勝利の美酒に酔いすぎていた。猛将・フレッチャー少将の米機動部隊は深い手傷を負いながらも猛反撃し、サンゴ海海戦は壮絶なる相打ちで終わった。ついでミッドウェイ決戦では山本五十六長官座乗の大和...
  4. 連合艦隊 大攻略~新・太平洋戦記6~ 連合艦隊 大攻略~新・太平洋戦記6~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    日米凄絶戦の末、ガ島には日本の軍旗が翻った。米軍はガ島を迂回しながらミッドウェイを奪回し、中部ソロモンへ進攻を計画。一方日本軍は、ニューギニアのポートモレスビーとラビを奪取する計画を立て、大和、...
  5. 連合艦隊 大奇襲~新・太平洋戦記1~ 連合艦隊 大奇襲~新・太平洋戦記1~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    昭和16年12月8日、太平洋戦争の幕は開いた。猛将ハルゼー中将の米機動部隊は、小沢治三郎中将指揮の第一航空艦隊に挑む。だが、零戦を先兵とする帝国連合艦隊の前に、米艦船は海の藻屑と消えた。山本五十...
  6. 連合艦隊 大挽歌~新・太平洋戦記11~ 連合艦隊 大挽歌~新・太平洋戦記11~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    武蔵、瑞鶴は、容赦ない敵の砲弾、魚雷を受け、すでにその姿を海中に消していた。そしてついに、連合艦隊の象徴と謳われた大和が、フィリピン海溝にゆっくりと沈んでいった。ここに、77年の歴史を誇る連合艦...
  7. 連合艦隊 大血戦~新・太平洋戦記9~ 連合艦隊 大血戦~新・太平洋戦記9~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    昭和19年3月に始まった、日本陸軍のインパール作戦は、飢餓地獄のなか、敵軍の猛反撃に遭い、悲惨をきわめていた。一方、海軍は、マリアナ沖海戦に最後の望みを託す。圧倒的に数で勝るF6Fに、新型戦闘機...
  8. 連合艦隊 大反攻~新・太平洋戦記3~ 連合艦隊 大反攻~新・太平洋戦記3~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    山本五十六長官は、「加賀」「飛龍」「蒼龍」を率いて大反攻に出た。総力を挙げた日・米両国兵士の激闘の末、ミッドウェイはついに日本軍の手に落ちた。二カ月後、アメリカ軍は大艦隊を組んでガダルカナル、ツ...
  9. 連合艦隊 大死闘~新・太平洋戦記7~ 連合艦隊 大死闘~新・太平洋戦記7~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    大和、武蔵ともに深傷を負い連合艦隊の行く手に暗雲が立ち込める。そんなとき、思わぬ獲物が向こうから飛び込んできた。暗号解読のミスから、マッカーサー大将の乗機B‐117が、零戦隊の真っ只中に迷い込ん...
  10. 連合艦隊 大奮闘~新・太平洋戦記5~ 連合艦隊 大奮闘~新・太平洋戦記5~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    太平洋戦争におけるまさに天王山である、ガダルカナルの戦いは続いた。日本軍はこの地獄のジャングルで、敵の牙城である飛行場を目指し、マラリアに冒されながらも黙々と進んだ。だが、遅れる陸軍の進攻は、海...
  11. 連合艦隊大激闘~新・太平洋戦記4~ 連合艦隊大激闘~新・太平洋戦記4~ 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    「餓島」と呼ばれたガダルカナル島の争奪戦が始まった。日本軍の総攻撃に対し、米海兵隊はあらゆる兵器を使って応戦。日本兵は戦友の屍を乗り越え、鬼神の如く突撃。その、人とは思えぬ形相に、米海兵隊員たち...