• OFF
  • ON
シークレットモード

赤かぶ検事 関連シリーズ一覧

120/全74

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 赤かぶ検事奮戦記 琵琶湖慕情殺しの旅路(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 琵琶湖慕情殺しの旅路(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    605(税込)

    作品内容

    滋賀県警の行天珍男子巡査部長から、“赤かぶ検事”柊茂検事のもとへ相談が持ち込まれた。琵琶湖の北、余呉湖畔にある玉林寺の住職が脅された。所蔵する国宝級の十一面観音を売らねば災難が降りかかるというの...
  2. 赤かぶ検事奮戦記 密室の毒薬(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 密室の毒薬(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    ローン殺人事件の証拠整理を手伝ってもらっていた赤かぶ検事は、行天警部補からパーティーの誘いを受ける。青山でブティックを開いている警部補の姉のお得意さんの招待だった。主催者は藤沢冴子という資産家で...
  3. 赤かぶ検事奮闘記 ラスベガスから来たジゴロ 赤かぶ検事奮闘記 ラスベガスから来たジゴロ 小説・文芸 > ミステリー
    495(税込)

    作品内容

    赤かぶ検事が追及するのは、夫殺しの嫌疑をかけられた資産家夫人とその愛人、決定的な証拠も揃い、普通ならば単純な裁判になるはずだったのだが…。立ちはだかったのが、新しく導入された〈裁判員制度〉と、や...
  4. 紅葉の下に猫がいる 紅葉の下に猫がいる 小説・文芸 > ミステリー
    660(税込)

    作品内容

    飛騨・白川村の廃寺『照恋寺』に住みつき、多数の女性信者をもつ僧侶・恋風が、突如、失踪した。庫裡などの建築代金、九千六百万円の借金を残して――。手形の裏書きに「浪江仏具店」の銀行印を捺していた女事...
  5. 赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人 赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    「この人、痴漢です!」車内の携帯電話を注意された腹いせに訴えた夕季子の、それが死への第一歩だった。勾留に耐え容疑を晴らした男は、名前さえ明かさずに去っていった。夕季子の血まみれの生首が発見された...
  6. 赤かぶ検事奮戦記 水琴(すいきん)の宿殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 水琴(すいきん)の宿殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    殺害時刻は水琴だけが知っている? 京の名門ホテルで若い女の絞殺体発見! 庭園では、したたる水滴が時を刻む水琴窟が、風雅な音色を奏でていた。単純な痴情のもつれと見られた事件はしかし、銀行汚職を巡る...
  7. 被告人、名無しの権兵衛 被告人、名無しの権兵衛 小説・文芸 > ミステリー
    770(税込)

    作品内容

    春の飛騨高山。置き引きの現行犯で逮捕された中年男がいた。男は犯行は認めたものの、氏名や本籍を頑として黙秘する。が、余罪ありと睨んだ赤かぶ検事は、「本籍、不詳。住居、不定。職業、不詳。氏名、不詳…...
  8. 二度死ぬ奴は、三度死ぬ 二度死ぬ奴は、三度死ぬ 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    事故が多発し、幽霊が出るという噂のある〃魔の街道〃。大晦日の夜、そこで人を轢いたらしいという中年男が出頭してきた。榊田警部補が現場に行ったが、何もない。――ところが、である。1時間半後、同じ場所...
  9. 飛騨白川郷 メルヘン街道殺人事件 飛騨白川郷 メルヘン街道殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    飛騨白川村に銃声が! 映画ロケ中の女優・新居三千絵が殺害されたのだ。奇妙なことに、俳優夫婦・酒匂竜太と瀬戸山江津子は、互いに相手が犯人だと主張する。どちらかが嘘を……? しかも事件担当の平尾検事...
  10. 赤かぶ検事、辞表の行方 赤かぶ検事、辞表の行方 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    《ただ目撃しただけなのに!?》秋の京都を観光中、殺人現場に遭遇した藤原浜江。法廷で証言する直前、彼女はなぜか脅迫や解雇通告を受け、さらに一人息子を誘拐される!――総会屋に対する多額不正供与の隠蔽...
  11. ひまわり時計の殺人 ひまわり時計の殺人 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    恋多き妻に捨てられた石川泰生は、魅力的で聡明な美女・三浦希美子と恋に落ちる。ところが、彼女を部屋に招き、到着を待ちわびていたところへ、別れた妻が突然舞い戻ってきた……。三日後、元妻は滝壺から遺体...
  12. 南紀白浜 安珍清姫(あんちんきよひめ)殺人事件 南紀白浜 安珍清姫(あんちんきよひめ)殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    美貌の僧・安珍を追うため、清姫は蛇に化したというが――清姫ゆかりの熊野路で、同じような事件が起きた! 愛人と旅行中だった京都府警の梶山警部補が、川べりで蝮(まむし)に咬(か)まれて死んだのだ。銃...
  13. 赤かぶ検事奮戦記 修善寺能面殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 修善寺能面殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    495(税込)

    作品内容

    京の豪邸で、赤かぶ検事が主と能面を鑑賞していた時である。土蔵で執事が刺殺され、能面七点が消え失せた。だが、土蔵は常に検事の視野にあったのだ。犯人なき殺人!? 混乱する捜査陣を翻弄するように、さら...
  14. 京人形の館殺人事件 京人形の館殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    京都・壱姫神社の雛祭りは、壇上に人形ではなく男女が並ぶ「生雛祭り」だ。その生雛祭りが今年も盛大に行なわれていたが……。赤かぶ検事ら大勢の観光客が見守るなか、お雛さまに扮した人形作家・高倉香織が、...
  15. 疑わしきは罰せよ 疑わしきは罰せよ 小説・文芸 > ミステリー
    770(税込)

    作品内容

    絶大な人気を誇る「赤かぶ検事シリーズ」。なぜ、柊茂(ひいらぎしげる)は赤かぶ検事と呼ばれるようになったのか? 名シリーズの記念碑といえる第一作。 椎茸栽培用のビニールハウスで、農婦が一酸化炭素中...
  16. 黒ゆりは殺しのメッセージ 黒ゆりは殺しのメッセージ 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    三日月の夜のこと。赤かぶ検事の官舎に泥棒が入った。被害は、かみさんのバーゲン品の指輪だけ――と、ここまではいいのだが、奇妙なことに現場には黒ゆりが!? 恨みつらみの象徴(シンボル)〃黒ゆり〃が、...
  17. あやつり法廷 あやつり法廷 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    京都・嵐山の「もみじ祭り」で、血染めの舞扇が大堰川(おおいがわ)に流されているのが発見された。それを拾った赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎしげる)の妻・春子は、証人として法廷に立つ羽目になる……。血...
  18. 夜泣峠 雪女の柩 夜泣峠 雪女の柩 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    子連れの雪女に襲われて一人が死亡、一人が意識不明に!? 現場の夜泣峠周辺を調べる京都府警は、資産家・波多野家の悲劇に辿りついた。当主とその娘・耿子(あきこ)の相次ぐ事故死──? 噂では、雪女の正...
  19. シュリーマンの財宝 シュリーマンの財宝 小説・文芸 > ミステリー
    660(税込)

    作品内容

    飛騨高山のホテルで、美術商・八島恭三が変死体となって発見された! 八島は、シュリーマンがトロヤ遺跡から発掘した幻のプリアモスの財宝を売ろうとしていたらしい。事件の背後に、この莫大な秘宝の謎が……...
  20. 赤かぶ検事奮戦記 五芒星桔梗の寺殺人事件(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 五芒星桔梗の寺殺人事件(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    老舗「櫟本呉服店」の御曹司・櫟本宗太郎の変死体が一条戻橋で発見された。右手には一輪の桔梗の花がしっかりと握られ、内ポケットには「晴明桔梗」の紋をあしらった護符が入っていた。しかし、宗太郎の葬儀の...