• OFF
  • ON
シークレットモード

赤かぶ検事 関連シリーズ一覧

120/全74

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 蛇姫荘(へびひめそう)殺人事件 蛇姫荘(へびひめそう)殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    京都・太秦(うずまさ)の古風な洋館『蛇姫荘』に滞在していた美人女優の妻と会社経営者の夫。じつはこの二人、互いの殺人計画を立てていた(!)……。予告どおり、夫が毒殺され、妻は拳銃で撃たれて発見され...
  2. 赤かぶ検事奮戦記 京都人形寺の惨劇 赤かぶ検事奮戦記 京都人形寺の惨劇 小説・文芸 > ミステリー
    495(税込)

    作品内容

    草木も眠る丑三つ時、雅な古都の尼寺に絶叫が上がり、縄でくびれた賊が揺れていた。国宝級の人形をあまた有する名刹に続発する怪奇。夜な夜なさまよい歩くという人形の呪いなのか? ご存じ名古屋弁検事が挑む...
  3. 倉敷殺人案内 倉敷殺人案内 小説・文芸 > 文芸小説
    550(税込)

    作品内容

    国際的にも有名な画家・遠山三彩(とおやまさんさい)の絵「向日葵(ひまわり)」が贋作(がんさく)と鑑定された。売り主である倉敷の画廊に内偵に入った赤かぶ検事は、思いがけない事件に出くわした。展示中...
  4. 京都冬の旅殺人事件 京都冬の旅殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    660(税込)

    作品内容

    ゆ、幽霊!?――雪景色が幻想的な京都・嵐山の旅館で、柊春子と行天燎子は戦慄した。調べると、古井戸から女性の絞殺死体が! 犯人は、数日前に被害者と投宿した高級コールガールの総元締め・中西美希子? ...
  5. 日本三大水仙郷殺人ライン 日本三大水仙郷殺人ライン 小説・文芸 > ミステリー
    660(税込)

    作品内容

    東京見物中の赤かぶ検事夫妻。かみさんはビデオ、赤かぶはカメラを片手に楽しんでいた。奇怪な事件は、かみさんが暴漢に襲われてから始まった。伊豆の爪木崎水仙郷で、一人の男が転落死したのだ! 彼は、赤か...
  6. 二度殺された三人の女 二度殺された三人の女 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    白昼、高級レストラン『モンブラン』で殺人が起きた! 夫と口論をしている最中、須川織枝が青酸カリを盛られたのだ。当然、夫の佑次に嫌疑がかかったが……。『モンブラン』経営者・青山星江のもとに、自称『...
  7. 赤かぶ検事奮戦記 牡丹屋敷の殺人(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 牡丹屋敷の殺人(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    京都上賀茂に通称”牡丹屋敷”と呼ばれる大邸宅がある。約八十種、三千株の牡丹がいたるところに植えられ、清冽にして気品のある色とりどりの花を咲かせる。所有者は韮崎宗太郎、大阪の町工場から身を起こし、...
  8. 八月十五夜の殺人 八月十五夜の殺人 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    美しい杉苔で有名な尼寺月心庵で、異様な死体が発見された! 毎年八月十五夜に群れをなして現われるという巨大なナメクジが体を覆い、窒息死させていたのだ。男か女か判別できないほどの酷さであった。事故か...
  9. 赤かぶ検事奮戦記 鴨川をどり殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 鴨川をどり殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    「大変だ。あれは芝居ではにやぁでよぉ!」京都先斗町名物の鴨川をどり。鍋島の化け猫騒動を見物中の赤かぶ検事の眼前で、美人芸妓が殺害。しかも、その血を愛猫が啜っていた! さらに被害者の妹芸妓も喉笛を...
  10. 被告人、名無しの権兵衛 被告人、名無しの権兵衛 小説・文芸 > ミステリー
    770(税込)

    作品内容

    春の飛騨高山。置き引きの現行犯で逮捕された中年男がいた。男は犯行は認めたものの、氏名や本籍を頑として黙秘する。が、余罪ありと睨んだ赤かぶ検事は、「本籍、不詳。住居、不定。職業、不詳。氏名、不詳…...
  11. 赤かぶ検事奮戦記 琵琶湖慕情殺しの旅路(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 琵琶湖慕情殺しの旅路(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    605(税込)

    作品内容

    滋賀県警の行天珍男子巡査部長から、“赤かぶ検事”柊茂検事のもとへ相談が持ち込まれた。琵琶湖の北、余呉湖畔にある玉林寺の住職が脅された。所蔵する国宝級の十一面観音を売らねば災難が降りかかるというの...
  12. 赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人 赤かぶ検事奮戦記 蝋人形館の殺人 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    「この人、痴漢です!」車内の携帯電話を注意された腹いせに訴えた夕季子の、それが死への第一歩だった。勾留に耐え容疑を晴らした男は、名前さえ明かさずに去っていった。夕季子の血まみれの生首が発見された...
  13. 赤かぶ検事奮戦記 濡れ髪明神殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 濡れ髪明神殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    その死体には黒々と蟻が群れていた。縁結び信仰の京都濡れ髪明神で発見された画商の絞殺体。府警に事件を予告してきた女は何者なのか? 捜査陣を翻弄するように、次いで貿易商の射殺体が、縁切り祈願の瑞光寺...
  14. 赤かぶ検事奮戦記 五芒星桔梗の寺殺人事件(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 五芒星桔梗の寺殺人事件(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    老舗「櫟本呉服店」の御曹司・櫟本宗太郎の変死体が一条戻橋で発見された。右手には一輪の桔梗の花がしっかりと握られ、内ポケットには「晴明桔梗」の紋をあしらった護符が入っていた。しかし、宗太郎の葬儀の...
  15. 赤かぶ検事奮戦記 密室の毒薬(電子復刻版) 赤かぶ検事奮戦記 密室の毒薬(電子復刻版) 小説・文芸 > ミステリー
    550(税込)

    作品内容

    ローン殺人事件の証拠整理を手伝ってもらっていた赤かぶ検事は、行天警部補からパーティーの誘いを受ける。青山でブティックを開いている警部補の姉のお得意さんの招待だった。主催者は藤沢冴子という資産家で...
  16. 赤かぶ検事奮戦記 修善寺能面殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 修善寺能面殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    495(税込)

    作品内容

    京の豪邸で、赤かぶ検事が主と能面を鑑賞していた時である。土蔵で執事が刺殺され、能面七点が消え失せた。だが、土蔵は常に検事の視野にあったのだ。犯人なき殺人!? 混乱する捜査陣を翻弄するように、さら...
  17. あやつり法廷 あやつり法廷 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    京都・嵐山の「もみじ祭り」で、血染めの舞扇が大堰川(おおいがわ)に流されているのが発見された。それを拾った赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎしげる)の妻・春子は、証人として法廷に立つ羽目になる……。血...
  18. 飛騨白川郷 メルヘン街道殺人事件 飛騨白川郷 メルヘン街道殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    飛騨白川村に銃声が! 映画ロケ中の女優・新居三千絵が殺害されたのだ。奇妙なことに、俳優夫婦・酒匂竜太と瀬戸山江津子は、互いに相手が犯人だと主張する。どちらかが嘘を……? しかも事件担当の平尾検事...
  19. 二度死ぬ奴は、三度死ぬ 二度死ぬ奴は、三度死ぬ 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    事故が多発し、幽霊が出るという噂のある〃魔の街道〃。大晦日の夜、そこで人を轢いたらしいという中年男が出頭してきた。榊田警部補が現場に行ったが、何もない。――ところが、である。1時間半後、同じ場所...
  20. 赤かぶ検事奮戦記 越中おわら風の盆殺人事件 赤かぶ検事奮戦記 越中おわら風の盆殺人事件 小説・文芸 > ミステリー
    440(税込)

    作品内容

    すすり泣く胡弓の音に、踊り子の編笠が揺れる。越中八尾、観光客溢れる初秋の祭り「風の盆」に、狂気の強姦殺人犯と復讐鬼と化した被害者の恋人が紛れ込んだ。さらに二人を追う赤かぶ検事も駆けつける中、事件...