• OFF
  • ON
シークレットモード

耳袋秘帖・殺人事件シリーズ 関連シリーズ一覧

120/全21

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 耳袋秘帖 湯島金魚殺人事件 耳袋秘帖 湯島金魚殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    621(税込)

    作品内容

    「金魚釣りに引っかかっちまったよ」。陰間(男娼)の集まる湯島で、謎の言葉を残して旗本の倅が死んだ。<くじら>という異名をもつ、巨漢のおかま、松平定信の特命を受けて風紀粛正に乗り出す目付、湯島の親...
  2. 眠れない凶四郎(一) 耳袋秘帖 眠れない凶四郎(一) 耳袋秘帖 小説・文芸 > 文芸小説
    693(税込)

    作品内容

    不眠症に悩む同心が、夜の定廻りに!<br><br>同心の妻が上野の出会い茶屋で何者かに惨殺された。<br>以来土久呂凶四郎は不眠症に。みかねた奉行の根岸は彼を夜専門の同心に任命。<br><br>...
  3. 耳袋秘帖 四谷怪獣殺人事件 耳袋秘帖 四谷怪獣殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    580(税込)

    作品内容

    四谷大木戸の水門に竜が現る!?<br><br>田安徳川家の四谷の下屋敷で、奇っ怪な出来事が頻発しているという。八本足の犬から腹切り大根まで、難事件に根岸肥前守が挑む!
  4. 耳袋秘帖 小石川貧乏神殺人事件 耳袋秘帖 小石川貧乏神殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    642(税込)

    作品内容

    年明け早々、小石川で一家心中が発生したらしい。どうも江戸でもこの界隈に夜逃げや倒産などことさら不景気の風が吹いているようだ。牛天神に祀られていた貧乏神が怒っている。奉行の根岸は配下の宮尾にこの一...
  5. 耳袋秘帖 白金南蛮娘殺人事件 耳袋秘帖 白金南蛮娘殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    693(税込)

    作品内容

    渋谷の南、白金あたりで立て続けに、裕福な家の若い娘四人が行方知れずとなった。およそ半月ほど前の話だという。この一件が奉行所には届いていないことに不審を覚えた南町奉行・根岸は探索を命じた。同じ頃、...
  6. 耳袋秘帖 銀座恋一筋殺人事件 耳袋秘帖 銀座恋一筋殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    600(税込)

    作品内容

    岡っ引きの辰五郎が銀座の駕籠屋に聞いた奇ッ怪な話。人を半分にして運べる駕籠の注文があったという。一方で紀伊国橋と鉄砲洲には謎の怪物「いくじ」が現れた。正体不明の悪党・暁星右衛門と豪商・淀屋月右衛...
  7. 耳袋秘帖 馬喰町妖獣殺人事件 耳袋秘帖 馬喰町妖獣殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    580(税込)

    作品内容

    訴訟でやってくる者たちが泊まる<公事宿>のひしめく日本橋馬喰町。お裁きがまさに始まろうとしたお白洲で、獣に食いつかれたような傷を残して公事師が突然死んだ。“マミ”と呼ばれる獣、卵を産んだ女房、三...
  8. 耳袋秘帖 目黒横恋慕殺人事件 耳袋秘帖 目黒横恋慕殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    631(税込)

    作品内容

    茶店の主人が首を吊った。南町奉行・根岸肥前守は事件のカギが目黒にありと察知、家臣である宮尾玄四郎を派遣する。不動尊の参詣客でにぎわう町で遭遇する怪事件。優れた耳を持つ岡っ引き・音無の六蔵と、松平...
  9. 眠れない凶四郎(五) 耳袋秘帖 眠れない凶四郎(五) 耳袋秘帖 小説・文芸 > 文芸小説
    710(税込)

    作品内容

    狂人が描いた絵を見る夜半過ぎ<br>不眠症が続く凶四郎の身辺に幽霊が出没する。<br><br>妻殺しの一件が解決した後も、未だ不眠症の癒えない南町の土久呂凶四郎は、<br>奉行の根岸の計らいで夜...
  10. 耳袋秘帖 神楽坂迷い道殺人事件 耳袋秘帖 神楽坂迷い道殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    660(税込)

    作品内容

    七福神めぐりが流行る神楽坂で、寿老人役の爺さんが石像に頭をつぶされて亡くなった。近所ではずいぶん嫌われ者の老人だったのだが……。一方、奉行所が10年来追い続ける大泥棒・品川左衛門が久々に姿を現す...
  11. 耳袋秘帖 日本橋時の鐘殺人事件 耳袋秘帖 日本橋時の鐘殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    628(税込)

    作品内容

    日本橋本石町にある旅籠「長崎屋」で、腹を竹槍で無残に抉られた酉右衛門の死体が見つかった。隣りには、江戸の市中に時刻を知らせる「時の鐘」があり、その鐘撞き堂で、鐘を撞いていた撞き師の孫六が死んだ酉...
  12. 耳袋秘帖 紀尾井坂版元殺人事件 耳袋秘帖 紀尾井坂版元殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    673(税込)

    作品内容

    耳袋を勝手に刊行しようとしていた版元が白昼店で殺され、版木が盗まれてしまう。月番の北町奉行は、評定所でなんと根岸が黒幕だと言い放つ。根岸の身辺に捜査の網が……。時をおかず、彫り師が刺される事件も...
  13. 耳袋秘帖 麻布暗闇坂殺人事件 耳袋秘帖 麻布暗闇坂殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    660(税込)

    作品内容

    坂の町・麻布──昼もなお暗き暗闇坂で大八車が暴走し、若い娘が亡くなった。やがて、麻布七不思議・お化け椿の下に怪しい影があらわれて……。坂の上の富豪たちを坂の下の貧しき者が見上げた時、悲しき怨嗟が...
  14. 耳袋秘帖 蔵前姑獲鳥殺人事件 耳袋秘帖 蔵前姑獲鳥殺人事件 小説・文芸 > 文芸小説
    632(税込)

    作品内容

    浅草で雷を捕まえようとする大工の若い衆。深夜に突如炎上した有名な榧の木。浅草界隈の摩訶不思議な出来事が南町奉行の根岸たちの首をひねらせる。そんな中蔵前で悪名を馳せていた札差が殺されるのだが、疑わ...
  15. 耳袋秘帖 木場豪商殺人事件 耳袋秘帖 木場豪商殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    660(税込)

    作品内容

    強引な商法で、ここ数年急激にのし上がった木場の材木問屋“日野屋”。辣腕で鳴らすこの豪商がつくった複雑怪奇な「からくり屋敷」で、人が死んだ──。美しき手妻師、負け知らずの怪力女、“蘇生した”寺侍ら...
  16. 眠れない凶四郎(四) 耳袋秘帖 眠れない凶四郎(四) 耳袋秘帖 小説・文芸 > 文芸小説
    690(税込)

    作品内容

    難事件解決後も、凶四郎はなお江戸の闇を巡り廻る<br>今度の魔物は一体何か?<br><br>妻殺しの一件はなんとか解決。<br>し かし凶四郎の不眠症は快癒しないまま、今日も暗闇の江戸の街を見回...
  17. 眠れない凶四郎(三) 耳袋秘帖 眠れない凶四郎(三) 耳袋秘帖 小説・文芸 > 文芸小説
    690(税込)

    作品内容

    私の妻はこんな事で死なねばならなかったのか!<br>妻を殺されて不眠症になった同心が、妻惨殺事件の真相に迫る!<br><br>妻を池の端の出合い茶屋で惨殺された同心・凶四郎は不眠症となり、<br...
  18. 耳袋秘帖 品川恋模様殺人事件 耳袋秘帖 品川恋模様殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    600(税込)

    作品内容

    ここは、人も猫も幽霊も恋に落ちる場所――<br><br>品川の〈恋祓い神社〉で、若い女が燃えて亡くなった。死体は十三年前に亡くなったはずの遊女!? 稀代の難事件に根岸肥前守が挑む!
  19. 耳袋秘帖 人形町夕暮殺人事件 耳袋秘帖 人形町夕暮殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    764(税込)

    作品内容

    人形屋の清兵衛が胸に杭を打ちこまれて死んでいた。現場に残されていたのは、首に赤い紐が巻かれた五寸の「ひとがた」。神社の境内で亡くなった若い娘からも奇妙な「人形」が発見されて……。殺人を暗示する人...
  20. 耳袋秘帖 新宿魔族殺人事件 耳袋秘帖 新宿魔族殺人事件 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    639(税込)

    作品内容

    宿場町の内藤新宿で、やくざが次々に殺害された。大石田一家率いるブケの千蔵と、大橋本一家の陣五郎親分の抗争のさなか浮かび上がってきた、忍びの者の影──「ふまのもの」とは、いったい何者なのか? 荒ぶ...