• OFF
  • ON
シークレットモード

紅蓮亭の狂女 関連シリーズ一覧

17/全7

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 紅蓮亭の狂女 阿片戦争悲話 紅蓮亭の狂女 阿片戦争悲話 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    明治十八年(一八八五)、朝鮮を舞台に風雲急を告げる日本と清国。清国の対日政策の動向を探るべく、密偵の古川恒造は、光緒帝の従兄弟であるとかく噂が絶えない遊蕩児「十刹海の貝勒」こと載澂に接近した。貝...
  2. 空中楼閣 ある企業スパイ戦 空中楼閣 ある企業スパイ戦 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    本社が倒産して失業中の香港駐在員村尾俊三は戦時中には、敵方の諜報部の幹部で知れたヘンリーブランドの紹介で、東南アジア華僑の大立物李欣信の通訳に採用される。通訳として知り得た情報を秘密裏にもう一人...
  3. 七十六号の男 上海国民党特務の暗闘 七十六号の男 上海国民党特務の暗闘 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    李士群は出世欲のかたまりのような男である。『七十六号』の主任は丁黙邨で李士群はその副。丁・李の暗闘が始まる。李は女学生の鄭蘋如を使って丁を追いおとす。李の野心は汪政権を牛耳る蔭の実力者になろうと...
  4. ウルムチに消えた火 独裁者楊増新と革命 ウルムチに消えた火 独裁者楊増新と革命 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    辛亥革命(一九一一年)のあと、中国の中心部では軍閥の混戦がつづいたが、新疆はふしぎに平和であった。老荘思想の持ち主であった独裁者楊増新が新疆を支配し十七年もの間平和を保ったが、それは近代化とは遠...
  5. 鉛色の顔 ある女形と清仏戦争 鉛色の顔 ある女形と清仏戦争 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    台湾出身の女形張阿火には十四歳の初舞台から豪商や大官など一流の贔屓筋がついた。張阿火は祝儀などをよく散し、たちまち取り巻きができた。楚々たる美女に扮したが、舞台をおりると、さながらやくざの頭目だ...
  6. スマトラに沈む 詩人郁達夫の失踪 スマトラに沈む 詩人郁達夫の失踪 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    郁達夫は終戦直後スマトラで日本の憲兵に暗殺されたといわれる。郁達夫を連行して行ったのは中尉一人だけだった。ひき立てて行ったというよりは、まるでいたわりでもするように。彼ら二人が闇に消えてから三十...
  7. 角笛を吹けど 密告者に復讐 角笛を吹けど 密告者に復讐 小説・文芸 > 歴史・時代小説
    330(税込)

    作品内容

    香港の出版社大啓書局に奇妙な依頼と原稿が届いた。原稿は戦争末期の上海での地下工作員の逮捕に関する記事で、依頼は記事のタイトルを表紙に刷り香港、台湾で広告してほしいとあり、三百香港ドルの小切手が添...