• OFF
  • ON
シークレットモード

田岡一雄自伝 関連シリーズ一覧

13/全3

表示切替 :

表示大 詳 細

表示点数:

  1. 田岡一雄自伝《迅雷篇》(電子復刻版) 田岡一雄自伝《迅雷篇》(電子復刻版) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    昭和二十三年、山口組二代目の七回忌追善として広沢虎造らの興行をうつが、この頃から田岡の周囲には一流芸能人が集まるようになる。そんな折、山口組の四人が鶴田浩二を襲撃、田岡もまた全国指名手配された。...
  2. 田岡一雄自伝《仁義篇》(電子復刻版) 田岡一雄自伝《仁義篇》(電子復刻版) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    昭和三十八年、“広島代理戦争”は敵味方のデマが乱れ、まさに“仁義なき戦い”であった。終結する昭和四十二年までに中国地方五県警が扱った検挙者数3,625人、5,173件。その間の昭和四十年、田岡は...
  3. 田岡一雄自伝《電撃篇》(電子復刻版) 田岡一雄自伝《電撃篇》(電子復刻版) 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
    550(税込)

    作品内容

    大正2年、田岡一雄が徳島の寒村で生まれたとき、父はすでに病没していた。極貧の中、過労のため母をも失った少年は神戸の叔父にひきとられ、孤独の癖にひきこもるが、同時に喧嘩も強くなった。小学校卒業と同...